« 『 女犯―聖の性 』肉食妻帯宗 ! ? | トップページ | 独りきりの祝祭 »

2012/06/12

「僧の隠語」と人間の性

 昨日、簡単な感想を寄せた 石田 瑞麿【著】の『 女犯 聖の性』で、興味深い、でもどうでもいいのかもしれない話題に遭遇した。

587pxkamasutra_106

→ カジュラーホー寺院群のある寺院に刻まれている交合像。戒律という発想自体、窮屈なのかもしれない。
 
 本書の末尾に、「僧の隠語」という項目がわざわざ設けてあるのだ。
 本筋とは無縁(?)なような、でも、ある意味、案外とど真ん中近くを射抜いているようでもある話題である。


 

 酒   般若湯・唐茶
 鮨や鮎 剃刀
 蛸   天蓋

 以上の中で、小生が知っていたのは、般若湯だけだった。
「般若とは……インドの古い言葉サンスクリット語で 『知恵』と言う意味だそうです 寒いときに熱燗で一杯やれば 体が温まり血のめぐりが良くなって 知恵が生まれる お酒は知恵の源とでも考えたの」だろうか、という説がある。
 むしろ、そのように都合良くこじつけ命名する堕落(?)僧の知恵だろう。

 さらに、まさに、ここからが(恐らく一部の)僧侶たちの実態を覆い隠す知恵のオンパレードである。
 

少女   妙
女    花
娼婦   菩薩
男根   撞木(しゅもく)

男色   高野山
男童   おかま
自慰   大悦
情交   天悦
女陰   奥の院  舎利塔 極楽浄土 前門 薬師
肛門                 後門 地蔵


4480092455

←  石田 瑞麿【著】『 女犯 聖の性』( ちくま学芸文庫 筑摩書房)

 本書には、それぞれについての解説らしき記述は見当たらなかった。
 各々が想像(妄想)を逞しく、ということなのだろうか。

 他にも、僧の隠語はいろいろあるようだ。
 有名(?)なものに、 「御所車(ごしょぐるま)」がある。
 意味は卵。理由は中にきみ(高貴な人)がいるから、なんて、頓知風だが、生臭いものも大いに食していたってことなのか……
 食べたいものは食べたいってのが、僧の、人間の性(さが)だと、安直な締めで本稿は終えておく。

|

« 『 女犯―聖の性 』肉食妻帯宗 ! ? | トップページ | 独りきりの祝祭 »

駄洒落・戯文・駄文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/54936760

この記事へのトラックバック一覧です: 「僧の隠語」と人間の性:

« 『 女犯―聖の性 』肉食妻帯宗 ! ? | トップページ | 独りきりの祝祭 »