« 神の目を憶する | トップページ | 原初の記憶それとも奥津城 »

2012/06/18

梅の実がタップリと

 今年は我が家の木々の当たり年のようだ。
 ミカンの花が例年になく咲き誇ったし…これは、数年ぶりのミカンの実の豊作を予感させる…

Img_20120618_1727301

→ 脚立に登って、二時間ほど費やして梅の実を収穫。この数年でも最高の収穫。梅酒、今年はいつもの倍、作ることになりそう。

 薔薇の木も、帰郷して初めて、赤紫の花々が一斉に咲いてくれて、車道沿いの道を歩いて、あるいは車で通ると、生け垣の緑一色の中、赤紫の花たちが目立つこと。

 車道沿いの花壇では、残念ながら朝顔やゴーヤなどは、この数年になく育ちが悪い。
 ゴーヤなど、とっくに腰の辺りくらいまでは、育っているはずなのに、やっと膝の高さを越えたかどうか。
 収穫は危ういか…

 今日、畑の草むしりを開始。一週間で一回りできるかどうか。
 作業の最中、ナスが立派に生っているのを発見。ほんの数日、目を離した隙に!
 小さなうちに収穫して浅漬けにするのが楽しみだったのに、ちょっと大きめに。
 キュウリも、ほんの数日前の可憐な趣はどこへやら、でっかく太く育っていた。
 これも浅漬けには適さない。
 なので、今年の初収穫であるナスやキュウリは、近所の方にあげた。

 野菜嫌いな小生、漬け物以外では、どんな調理であっても受け付けないのだ。
 ケチな小生が、気前よくあげる気になったのも、梅の実が大収穫だったからだ。

Img_20120618_1715121

← いよいよ梅雨入り。梅雨の晴れ間に恵まれたので、本日、摘果作業。梅の木は、幹にコケがビッシリ。老梅なのか。でも、実をタップリ、恵んでくれた。

 帰郷して五年目となる、つまり、五どめの収穫なのだが、これほどの収穫に恵まれるとは。
 というのも、一昨年、昨年と、悲惨なほどの生りようで、我が家のシンボルとも云える梅の木も、とうとう寿命が尽きたのか、あるいは、小生の世話が拙かったのかと、落胆続きだったのである。

|

« 神の目を憶する | トップページ | 原初の記憶それとも奥津城 »

写真日記」カテゴリの記事

コメント

ああ、我が家の庭、そろそろ植木屋にきてもらって、手入れしないと。
草ぼうぼうです。
でもって今日の台風みたいに雨が降ると、草はよく育つから。
台風のときって、タクシーはどうでしたか?
皆早く帰るから儲からない?それとも交通麻痺で儲かる?
何しろちょっと買い物行っただけでびしょびしょ。
たまりませんよ、早く寝よう。

投稿: oki | 2012/06/19 22:28

okiさん

さすが、okiさんのところは、庭師、呼ぶんですね。
我が家は無理。
自分でコツコツ。
雨後の筍じゃないけど、雑草はうんざりするほど育つ。
庭もだけど畑は悲惨な状態。

台風4号騒ぎに振り回された1日でした。
散々、脅され、早めに帰宅した人が多かったようです。
でも、夕方過ぎ、夜には富山など日本海側にはほとんど影響がないという見通しが。
時すでに遅しで、富山市の街は閑散。
雨だって、午後の四時過ぎにはあがっていたのに。

小生は、朝のうちに(出かける前に)、今日19日は早めに仕事を切り上げ帰宅すると決めていました。
仕事になりそうもなかったので。

東京など太平洋側は大変だったようですね。
で、今日は猛暑。熱中症騒ぎも。
今年は例年以上に、天候の変化の在り方、激しいようです。

投稿: やいっち | 2012/06/20 21:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/54996212

この記事へのトラックバック一覧です: 梅の実がタップリと:

« 神の目を憶する | トップページ | 原初の記憶それとも奥津城 »