« 眼窩は奥津城を恋しがる | トップページ | 作家のさが? »

2012/06/21

文章力の秘密?

 自宅では、G・ガルシア=マルケス/著の『生き て、語り伝える』(旦敬介/訳 新潮 社)を、例によって牛歩だが、再読と言うこともあるのか、じっくりゆっくり味読している。
 題名から察せられるように、自伝。

509018

← G・ガルシア=マルケス/著『生き て、語り伝える』(旦敬介/訳 新潮 社)

 とにかく語り口が、うまい。
 と言うより、隔日に、ちびりちびりと読むのだが、ちょっとでも読み出すと、彼の世界に引き込まれてしまう。

 表現や話の持って行き方に秘密があるに違いないのだが(だからこそ語り口が上手い、などと分かったような、当てずっぽな印象を呟くしかないのだが)、小生はただ味わうしか能がない。
『百年の孤独』などの世界への鍵となる自伝、なんてこと以前に、この自伝がそれ自体で素晴らしいのだ。

 一方、車中では スティーヴンソン【作】の『 マーカイム・壜の小鬼 他五篇 』( 高松 雄一 高松 禎子【訳】 岩波文庫)を、牛歩どころかナメクジの歩みで読んでいる。
 面白い、と言う以上にやはり、作家の文章力に魅せられている。

『ジキル博士とハイド氏 』(Dr.Jekyll and Mr.Hyde)や「 『宝島』で知られる作家スティーヴンソン。詩人ヴィヨンを主人公にした最初の短篇「その夜の宿」から、「水 車屋のウィル」、そして、タヒチに伝わる摩訶不思議な話を題材にした晩年の南海物「声たちの島」まで、怪奇 物、ユーモア物、奇譚など、散文の文体を徹底的に追求したストーリー・テラーが織り成す多彩なる短篇集」という出版社の謳い文句。

4003725069

← ロバート・ルイス・バルフォア・スティーヴンソン (Robert Louis Balfour Stevenson)【作】『 マーカイム・壜の小鬼 他五篇 』( 高松 雄一 高松 禎子【訳】 岩波文庫)

 別に異論はないが、ストーリーもだが、美は細部にありじゃないが、車中でのかじり読みという、読書には相応しくない環境にあっても、ほんの一段落も読まずとも、彼の世界、表現の直中に酔わされてしまう。

『ジキル博士とハイド氏 』もだが、 『宝島』などは、小生がガキの頃、小説で、あるいは漫画で何度となく接したものである。

 今はどうなのだろう。忘れられた作家?
 忘れられてはいないとしても、 『ジキル博士とハイド氏 』や 『宝島』の作家、子供の頃に夢中になるも、大人が敢えて読む作家とは見なされていないのではないか。
 まだほんの一部を読みかじっただけだが、再認識を迫られる、読書体験になりそう。

 車中じゃなく、自宅で読むべきか。

 
 

|

« 眼窩は奥津城を恋しがる | トップページ | 作家のさが? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/55011152

この記事へのトラックバック一覧です: 文章力の秘密?:

« 眼窩は奥津城を恋しがる | トップページ | 作家のさが? »