« 『犬から見た世界』へ! | トップページ | 虹は彼方に »

2012/05/08

ルビーの涙

 どす黒い粘液が一面を覆っている。
 詰まっていて息ができない。
 吐きたい!
 でも喉は微動だにしない。

Img_20120508_1652061

 手を口に突っ込んでネバネバした何かを取らなくては。
 手は? 手は視界の彼方で棒っきれとなっている。
 手どころか、足も身体全体が身動きできない。

 ゴムのような身体。それとも蓑虫の殻の塊。肺は石臼の下。心臓は凝固した怨念。
 赤黒い闇の彼方に灯火…のような。
 燭光? 肉体に熱源? 賦活の予感?
 ムカムカする。生きている? 生きようとしている?
 このまま泥濘の下に沈み埋もれて何が悪い?
 マグマは岩塊の下で蜷局(とぐろ)を巻いている。
 溶岩が渦巻いている。
 誰の意思をも圧倒し粉砕し突破せんとしている。
 否応なく地はひび割れる。

Img_20120503_1727251

 そこに俺は居ない。
 あるのは枯れ果てた地の雄叫び、血潮の喚き、血糊という純粋結晶。
 赤い宝石。

 そうか、俺はルビーの傷なのか。
 どす黒い血糊を一気に吐いた。
 吐くものなど何もなくなるまで吐き続けた。
 そうして俺は生まれた。
 血反吐の副産物。ルビーの中の不純物。
 物心ついて間もないある日、世界は歪(ゆが)んでいることに気付かされた。
 それは、血の涙の結晶たるルビーが俺の眼球だからだと、少年となった俺は気付いた。

Img_20120508_16505611

 ああ、あなたを真っ直ぐに見たい。
 でもそのためには、目玉を抉り出さないと。
 俺にそんな勇気があるだろうか…


|

« 『犬から見た世界』へ! | トップページ | 虹は彼方に »

恋愛・心と体」カテゴリの記事

コメント

やいっちさん

こんばんは。

凄まじいマグマの活動?
エネルギーを連想してしまいました・・
そして真っ直ぐと見つめられた、
その先には?!
誰の姿が・・?

春の野花がかわいいですね。
タンポポの丸い綿毛を
つい壊したくなるのですが・・。
謎の紫色した、小花も気になります。


お話が逸れますが、
竜巻ならびに強風等被害、心配です。
やいっちさん他皆様、
大丈夫でしたでしょうか・・

投稿: のえるん | 2012/05/08 22:28

のえるんさん

ヘンテコな作品、覗いてくれてありがとう。
実際には、これはドキュメントなのですが…

家の周囲には色んな植物が育ってる。
中でもこの小さなカエデ、凄い。
昨春、コンクリートの間に発見。
今冬の積雪で死滅したと思っていたら、春になったら復活、元気な姿を見せてくれて…

投稿: やいっち | 2012/05/10 03:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/54664496

この記事へのトラックバック一覧です: ルビーの涙:

« 『犬から見た世界』へ! | トップページ | 虹は彼方に »