« トルストイ 『コサック』 『ハジ・ムラート』 | トップページ | 百鬼夜行:クラクションが発端でし た事件 »

2012/05/31

トルストイ…野アザミ…ダッタン草

 トルストイは、ハジ・ムラートの投降に関して、彼の悲劇を、ロシア側の卑劣さを目の当たりにする。
 老いたトルストイは、鋤返された畑の中に、無残に押しひしがれていた一輪の薊(あざみ)を見、ハジ・ムラートの無残な末期を思い出させ、『ハジ・ムラート』を書かせることになる。

800pxasteraceae_cirsium_aomori_hak

← 蕾状態のアザミ (画像は、「 アザミ - Wikipedia 」より)

 老トルストイは、「人間というものは、なんという残酷な生物だろう。自分の生命を維持するためには、実にいろんな生物や植物を、いくらでも滅ぼしてしまう」と書く。
 これは、以下に示すように、小説の中のハジ・ムラートの末期の姿そのものなのだ。

 小説『ハジ・ムラート』の中の印象的な一節( トルストイ 著 『コザック ハジ・ムラート』( 辻原登/山城むつみ 編 中村白葉 訳  中央公論新社)より):

「だったん草」の株は、三本の茎からできていた。一本は折りとられていて、まるで切り放された腕のように、枝の残りをにゅっと突きだしていた。あとの二本には、どちらにも一輪ずつ花をつけていた。これらの花はいつかは赤かったのだろうが、今は黒くなっていた。一本の茎は折れていて、折れた半分はさきにきたない花をつけたまま、だらりと下向きに垂れていた。他の一本は、黒土の泥にまみれていたけれど、依然として上向きに突っ立っていた。どうやらこれは、株全体が車輪の下敷きになったが、あとになって起きあがったものらしく、さてこそ横になってはいたが、とにかく立っていたのである。まさにからだの一部をむしりとられ、腸を露出し、片手をもがれ、眼をとびださせられているのであった。しかも彼は、依然として立ち、周囲の同胞をことごとく滅ぼしつくした人間に、降参しようとはしていないのであった。
《なんという精力だろう!》と私は考えた。《人間はすべてに打ち勝ち、幾百万の草を絶滅したが、これだけはついに降参しようとしないのだ》

Img_20120527_1754061

→ スクリーン(衝立それとも屏風)を玄関ホールに設置。スクリーンの奥は茶の間。玄関から茶の間が丸見え。茶の間の隣は浴室への廊下。裸で行き来することが稀でないのだ。

 余談だが、ダッタン草から、以下の有名な詩(?)をつい連想してしまったことを告白する。
 何の繋がりもない。

てふてふが1匹韃靼海峡を渡って行った  安西冬衛


参照(?)拙稿:
秋薊のこと」( 2004/11/03 )
タンブルウイード 風転草」( 2006/05/26 )

|

« トルストイ 『コサック』 『ハジ・ムラート』 | トップページ | 百鬼夜行:クラクションが発端でし た事件 »

文学散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/54830811

この記事へのトラックバック一覧です: トルストイ…野アザミ…ダッタン草:

« トルストイ 『コサック』 『ハジ・ムラート』 | トップページ | 百鬼夜行:クラクションが発端でし た事件 »