« 晴耕雨読は夢の夢 | トップページ | 木彫りの町井波へ 「井波別院 瑞泉寺」へ! »

2012/05/17

犬にちなむ諺

 過日、 アレクサンドラ・ホロウィッツ/著『犬から見た世界 その目で耳で鼻で感じていること』 (竹内和世/訳 白揚社)を読了した。
 犬好きな者には、楽しく読める本。

Img_20120517_12550711_2

→ ジャーマンアイリス! 我が家の唯一の! 以前は、畑に数輪、咲いたものだが、今では皆無。畑を下手に弄ったばかりに。

 感じたこと、分かったことは、犬(或いは猫などのペット一般かも知れない)と生活を共にする喜び、犬を観察する楽しさ、科学することの難しさである。
 犬を友とする喜び、その挙動を観察する楽しさはともかく、犬を巡る科学的知見の少なさに驚いた(驚く小生が無知なのかも知れないが)。

 せっかく犬に関する本を読んだので、何かワンチャンに絡む話題を採り上げたい。
 例えば、昔懐かしい犬が主役のテレビドラマの数々。
「名犬ラッシー」や「名犬リンチンチン」などなど。
 数え上げると、結構ある。
「狼王ロボ」は、狼が主役だが、ガキの頃、犬の一種風に見なしていたような。

Img_20120514_1706271_2

 ついで、ふと、「犬も歩けば棒に当たる」なんて諺が浮かんできた。
 何か小生自身の生き方を連想させるようでもある。

 ここで、いっそのこと、犬にちなむ諺を数え上げてみようと思い立った。
…しかし、容易に想像がつくように、犬の諺を集めるなんて発想は、少なからずの人に浮かび、しかも見事にまとめ上げておられる。

 例えば、「 ことわざの部屋 -生物の「犬」を含む ことわざ 」など。
 覗いてみて、犬絡みの諺をリストアップするなんて無謀だと悟らせられた。
 小生は知っている諺など、ほんの数えるほど。

 以下、小生が知っている諺だけ掲げる。
 それら以外の大半については、 「 ことわざの部屋 -生物の「犬」を含む ことわざ 」なる頁を覗いてみて頂きたい。

Img_20120517_1255371_2


2. 犬が西向きゃ尾は東 ( いぬがにしむきゃおはひがし )

わかりきったこと、当たり前のことをいう場合のたとえ。 【類句】 雨の降る日は天気が悪い

3. 犬に論語 ( いぬにろんご )

ありがたみのわからないこと。 わけのわからないものにどんなよい教え、立派 な道を説いてもいっこうに感じないこと。 【類句】 馬の耳に念仏

4. 犬は三日飼えば三年恩を忘れぬ ( いぬはみっかかえばさんねんおんをわすれぬ )

犬は三日飼っただけでも、三年間その恩を忘れない。 まして人は恩知らずで あってはいけない、という意味。

6. 犬も歩けば棒に当たる ( いぬもあるけばぼうにあたる )

犬もうろつき歩くから、棒で打たれるような目に遭うことになる。 じっとして いればよいものを、出しゃばると思いがけない目に遭うという意。 後には、出歩 いているうちには、思いがけない幸運にぶつかることもある、という意味にも使わ れる。

10. 犬馬の心 ( けんばのこころ )

主君や親のために尽くす忠誠心をいう。

13. 犬馬の労 ( けんばのろう )

主君または他人のために、力を尽くして奔走すること。 他人に対して自分の労 苦をへりくだって言う言葉。 【参考】 「主人のために犬馬の労を惜しまない」と使う。

18. 飼い犬に手を噛まれる ( かいいぬにてをかまれる )

目をかけていた部下や世話をしてやった相手に裏切られ、思わぬ害を受けるこ と。 "【例】 「後継者として面倒を見ていたのにライバル会社に移籍するなんて、飼 い犬に手を噛まれるとはこのことだ」"

30. 夫婦喧嘩は犬も食わぬ ( ふうふげんかはいぬもくわぬ )

夫婦喧嘩は、内輪のつまらない争いで、すぐ仲直りするものだから、 他人がな まじ気を使って仲裁などをするほどのことはない。何でもよく食う犬でさえ、 見 向きもしないのだから放っておくほうがよい、という意味。


Img_20120517_1256371_2

← 庭の片隅の木瓜の木。花々すっかり散り果てたものと思っていたら、ほとんど地面スレスレの木陰に、一輪だけ残っていた。散り忘れ? それとも、今頃、開花した?

 ところで、 「犬も歩けば棒に当たる」の意味、知っているつもりだったが、上掲の頁を覗いてみて、実は生半可な理解だったことが知れた!

|

« 晴耕雨読は夢の夢 | トップページ | 木彫りの町井波へ 「井波別院 瑞泉寺」へ! »

駄洒落・戯文・駄文」カテゴリの記事

コメント

やいっちさん

こんばんは。

ことわざ等知っているつもりでしたが、
間違った認識で、とてもお恥ずかしいです。
名犬リンチンチン!?は、知りませんでした。
再放送とか、してましたか?
ワンちゃんは本当にいつか飼いたいです。
躾本など買っては読んだり。

アイリスがとても立派に咲いていますね。

投稿: のえるん | 2012/05/17 20:26

のえるんさん

ことわざは、知っているようで知らないものですね。
しかも、知っているはずのことわざでも、理解を誤っていたり。

ワンチャン、ホント、いつか飼いたいです。
連れ合いが居て、愛犬がいる、のんびりした暮らしが理想ですね。

ジャーマンアイリス、何とか父母が健在だった頃のように、何本も咲かせたいです。

投稿: やいっち | 2012/05/17 21:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/54717936

この記事へのトラックバック一覧です: 犬にちなむ諺:

« 晴耕雨読は夢の夢 | トップページ | 木彫りの町井波へ 「井波別院 瑞泉寺」へ! »