« 曜日のこと | トップページ | グッスリの語源は? »

2012/04/10

我が家の草花

 恥ずかしながら、久しぶりに掃除機で掃除した。
 普段は、雑巾(正確に言うと、穴が空いたりして使用不可になった靴下や下着…の成れの果て)やウェットティッシュで要所要所を拭き掃除するだけ。

Img_20120410_16443711

→ 黄水仙の花が近所のあちこちで咲いている。わが家でも庭や畑と、方々で。畑の隅っこの花壇に育つ水仙の群生もようやく咲き始めた。意図的に植え育てたのは、ここだけのはずなのだが。

 要所とは、部屋を移動したり、廊下を歩いたりした際、つい、目に付いた箇所を指す。
 この靴下じゃ、さすがの我が輩も気恥ずかしいと感じたとき、ただ、捨てるには勿体ないと、水に浸して真っ黒になるまで、随所を拭きまくるのである。

 なので、拭いてピカピカツヤツヤの場所と、埃っぽい箇所とが斑模様になっている!?

Img_20120410_164929111

← 表の車道沿いの細長い花壇にムスカリの花がポツポツと。ここに植えた記憶はない。四年前、帰郷した年の春先、畑に一畝、ムスカリのタネを蒔いた。タネは(予想に反して、でも期待に応えて)見事に咲いてくれた。その畑の土を少々、こちらの花壇に移した。その際、ムスカリのタネ(あるいは花粉)が紛れていたのだろう。畑には、いろんな花のタネを蒔いたが、悉く失敗している。その中で咲いてくれたのは、ムスカリだけ。しかも、土の移動に連れ立ってくれた! そういえば、ムスカリに絡む掌編を書いたっけ。

Img_20120410_1647331

→ 裏庭に至る小径の脇にひっそりと(?)育つ謎の植物。種も苗もここに植えたはずはない。毎年、一本(一群?)育ってくる。今年も。花も樹木も植えない(育てない)、通り道なので、除草剤も撒いている…はずなのだが。尤も、つい、この一角は撒くのを避けるのだが…

Img_20120410_16494411

← 開花直前のチューリップたち。毎年、時期が過ぎたら球根を保存しておく。また次の年の春先に植える。その際、店で色合いの珍しい球根も多少、買ってきて継ぎ足す。順調にいけば、毎年、数や種類が増えるはず…なのに、何故か増えない! 今年は驚きがあった。納屋の壁に、網の袋に入った球根を発見! 見覚えがないし、球根の形や大きさが揃っていることからして、父母が翌年のためにと、掘り起こして保存しておいたものに違いない。手に持ってみたら、軽い。数年は納屋に置き去りになっていたと推測される。無論、園芸用の土と併せ、表の庭に球根たちを植え込んだが、葉っぱが出てきたのは、数本だけ。その数本も、昨年、そこもチューリップ畑にしていたから、あるいは、掘り起こし忘れた球根から育ってきた分やもしれない。

|

« 曜日のこと | トップページ | グッスリの語源は? »

写真日記」カテゴリの記事

コメント

やいっちさん

こんばんは。

ムスカリの花、可愛いですね。
お恥ずかしながら、初めて知りました。
ユリ科だそうですが、香りは?
一度、実物を見てみたいー!
順調に咲いている水仙は
相変わらずとても綺麗ですし、
チューリップもまもなく開花ですね。
何色が咲くのか?楽しみ・・。
そして謎の生物が、とても気になります。


投稿: のえるん | 2012/04/10 22:32

のえるんさん

ムスカリの生命力には感激です。
種からだと、花をなかなか育てられない小生には、貴重な植物。

チューリップ、今日、ようやく一本だけ、咲き始めました!
でも、近所のチューリップは、満開。
悔しい!

投稿: やいっち | 2012/04/12 21:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/54439756

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家の草花:

« 曜日のこと | トップページ | グッスリの語源は? »