« 「せき」と「くしゃみ」の異同は | トップページ | 我が家は山茶花の宿? »

2012/04/16

日本もちょっとお粗末では

北朝鮮は現地時間で13日7時38分にロケット発射を行った が、その数分後地上120キロの地点で空中分解した 」(「北朝鮮ロケット発射の情報伝達に遅れ: The Voice of Russia」より)。
 国威発揚の絶好の機会だったはずが、失敗に終わったわけで、これは北朝鮮にとって、痛恨事だったろう。

Img_20120415_1650571

← 車道沿いの花壇に咲いたチューリップ。ほとんど、バラ!

 しかしながら、 「北朝鮮は現地時間で13日7時38分にロケット発射を行った」のに、日本の当局は、「 発射から40分も遅れた8時23分になってやっと田中 防衛相が記者会見を行い、ロケットは発射されたが空中分解したと いう事実を伝えた」という、お粗末。

日本(防衛省)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)のロケット発 射計画への対抗策の準備に数週間をかけたわりには、政府は国民に 対し発射の情報伝達で著しく遅れをとってしまった」。

 しかも、鳴り物入りで喧伝されていた「J-ALERT(全国瞬時警報システム)もロケット発射までに幾度 も作動テストが行われたものの、今回は機能していない」!

Img_20120415_16560311

→ 昔は田んぼだった畑に面する花壇に咲き誇るスイセン。真っ黄色!

 発射直後、アメリカから情報を得ていたものの、情報の確度を上げるため、ダブルチェックということで、自衛隊などのレーダーで日本が自ら、発射を確認しようとした。
 けれど、人工衛星と称するロケットが高度百キロあまりと、日本の想定より遥かに低い高度で落下し始めたため、日本のレーダーでは確認できなかったとか。

Img_20120415_1652111

← 畑の隅に咲くスイセン。淡い黄色。

 レーダーは真っ直ぐな電波なため、地球は丸く、地平線より低い現象は捉えられない、というのだ。
 またしても、想定外!
 しかし、これって、想定外というより、想像力の欠如、危機感や現実感覚の稀薄さ、なのではないか。
 言い訳はいろいろあっても、所詮は言い訳。

Img_20120415_1655171

→ 大きめの葉っぱに白くまだら模様。通り過ぎようとしたら、何やら紫色の小さな何か。十字架の形に小花が咲いていた。

 日本の政府も自衛隊も、いざという時、役に立たないって実態を日本に、世界中にさらけ出したってことではないか。
 政府や自衛隊は、これまで及び腰だった、自衛隊の沖縄配備を、どさくさに紛れて大々的に実施した実績に内心、ほくそ笑んでいるのかもしれない。

Img_20120415_1649431

← 庭にはピンク色や濃い桃色の山茶花が。花はボタンの花のように、そっくりそのままに落花する。そのまま朽ちさせるのもいいけど、ちょっと水に浮かべてみた。水の張る杯盤に浮かぶ花びら。スイセンの野の中の小川に横たわる美女?

Img_20120415_1652511

→ 春日麗らかな日曜日、汗だくになって耕していた荒れ地。今はツクシの野、(やがては)ドクダミ、スギナの野となる未耕地。ようやく、四分の一ほど、耕しただけ。あと二回の作業で終了といきたい!

 が、肝心の自衛隊の実践能力に大きな疑問符を付せられたという意味では、明らかに失ったもののほうが、大きいのではないか。

 お粗末すぎる!

|

« 「せき」と「くしゃみ」の異同は | トップページ | 我が家は山茶花の宿? »

写真日記」カテゴリの記事

コメント

やいっちさん

こんばんは。

富山では23度と、いうニュース!
美しい富山の桜並木が
先程、TVに映っていました。

先日には蕾だった、チューリップが
立派に咲いてるー!
ほんと、薔薇みたい。
水に浮かべた山茶花も素敵。
悔しいけれど、美女揃いー。
荒れ地の耕作は、暫く大変そうですね。

北朝鮮といえば2006年テポドン発射前、
韓国で現地の方とその話題でお話した記憶が御座います。
その際はミサイル発射に対する危機感に温度差を感じ、若干、拍子抜けしてしまいました。
その数年後に延坪島への砲撃と実際の死者が出て以来、韓国含め近隣国の意識が更に高まっている様な気が致します・・
難しい事はよくわからないけれど、
とにかくミサイルとか、ウンザリです。

投稿: のえるん | 2012/04/16 23:37

のえるんさん

富山、日曜月曜と五月を感じさせる陽気。
桜、昨日、満開宣言が出ました。
小生、生憎(?)仕事だったのですが、仕事柄、車で移動できるので、営業はそっちのけで桜の景色を追って走ってました。
写真も何枚か撮ったし。

桜並木の映像がテレビで? 全国放送で富山の光景が放送されたのでしょうか。
小生のタクシーも映ってたりして!?

今日は寒く、朝方まで雨が降っていて、花散らしの雨になるかと心配してました。
でも、風はそんなに強くなく、気温も低いのが逆に幸いして、明日も咲き誇ると桜並木を仕事しつつ、愛でられそう!

投稿: やいっち | 2012/04/17 18:57

北朝鮮のミサイル、木嶋被告の死刑判決が重なった日、東京新聞は何事もなかったように、原発の再稼働のニュースに頁を割いてました。
けどミサイルの関係か、東京上空を自衛隊の飛行機かなんかが飛んでましたよ。
ミサイルと、原発と、どちらが大事か?まあ両方大事だけど。
東京新聞も変な新聞で、社説にこんなことを書く。

今、水俣が、東北が、福島が、威儀を正して日本にとうています。私たちは、いつ、どこで、何を、どう間違えたのか。

投稿: oki | 2012/04/17 21:49

okiさん

東京新聞のことは、さておきましょうよ!
話題にするだけ、時間と手間の無駄です。

日本の産業界の大方や、読売の類い、一部のマスコミ、官僚連中などは、既存のシステムを死守しようと足掻いてます。
関西の今夏の電力は、本当に足りないのか、電力会社の言い分をそのまま受け売りしているだけじゃないのか。
政府は、官僚連中の情報、つまりは一部経済界の都合上、原発も含め、現状維持、今までの重厚長大産業路線のレールをはずしたくない、外れたくないんですね。

原発を死守したい一番の理由は、エネルギー戦略上の思惑もあるけど、それ以上に、近い(か遠からぬ)将来の核兵器保有の野心(目標)の故でしょう。
だから何が何でも原発は死守したいのだと理解しています。

投稿: やいっち | 2012/04/19 04:31

いや、因みに東京新聞は徹底した反原発の新聞ですよ。
一昔前は一番左寄りの新聞と言われていた。
水俣が出てきたのは、水俣と福島を重ねているんですね。
何故忘れられるのか?何故繰り返されるのか?
別に東京新聞を擁護するわけじゃないですが。
ところで父の代から持っていた東電の株売っちゃいました。
もう配当なんて出ないですし。
資産株といわれ、バブルのときは8000円くらいしましたが、無常ですね。

投稿: oki | 2012/04/19 22:12

okiさん

東京新聞、おみそれしました、です。
東京に住み始めた最初の三年、フリーターだったので、全国紙が手が出ず、東京新聞を取ってました。
結構、面白かったという記憶が。
でも、左がかっているとは気付かなかった。
確かに、北のミサイルや木島被告の死刑判決より、原発の再稼働問題のほうが、日本の今、そして今後のためにも、全国民で真剣に討議すべき事柄ですね。

東電の株、手放しましたか。
安くなったとはいえ、少しはお小遣いになった?
我が家には株はなし。

父は昔、北電や北銀の株を少々持っていたようです。
でも、病気で倒れる前に、全て売り払ったらしい。

投稿: やいっち | 2012/04/21 05:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/54478853

この記事へのトラックバック一覧です: 日本もちょっとお粗末では:

« 「せき」と「くしゃみ」の異同は | トップページ | 我が家は山茶花の宿? »