« 無花粉スギ 新品種の名称は「立山 森の輝き」 | トップページ | ゴーゴリ「鼻」の周辺 »

2012/03/02

チンドン屋がテーマの作品

 過日、何かの文面で永井家風や室生犀星、武田を麟太郎らにチンドン屋をテーマとした、あるいは、チンドン屋が登場する小説がある(らしい)と知った。

2008_0406071003tonai0064

 知ってからもう一月半以上は経ったような気がする。
 富山市にて1955年以降、毎年、チンドンコンクールが開催されてきたこともあって(昨年は、3・11があって、開催は見送られた)、チンドン屋に絡む話題には、やや敏感なのかもしれない。


 何とか彼らのチンドン絡みの小説を読みたい、チンドンがどのように描かれているのか確かめたいと思いつつ、徒に歳月を過ごしてしまった。

 その思いを実行に移すに当たって、些少のことは調べておきたい。

 例によって「 チンドン屋 - Wikipedia 」なる頁を覗いてみた。
 その情報の多いこと。

 歴史もあれば伝統もある!
 大凡のことだけでも、チンドン屋についてメモろうと思っていたが、ブログの域を超えそうなので、あっさり断念。
 とりあえずば、「チンドン屋」の登場する小説などの文学作品だけ、メモ。

 すると、あるはあるは、である:

「チンドン屋」が現れる文学作品

チンドン屋についての記録が少ないことから、文学作品に現れる楽隊、東西屋、広目屋、チンドン屋 の描写も資料として扱われる。代表的なものしては、創作作品として、永井荷風「燈火の巷」 (1903)、室生犀星「チンドン世界」(1934)、江戸川乱歩「陰獣」(1928)、武田鱗太郎「ひろめ 屋の道」(発表年不明)、幸田文「ちんどんや」(1954)、梅崎春生「幻化」(1965)、黒岩重 吾「朝のない夜」(発表年不明)、平岩弓枝「チンドン屋の娘」(1982)、奈良裕明『チン・ドン・ ジャン』(1990)、エッセイとして田中小実昌「あのこはチンドン屋の娘だった」(1979)、渋沢龍 彦「チンドン屋のこと」(1981)などがある。この他、 林芙美子「ちんどんやのおじさん」など、子 供向けの作品も多い。軍国美談にも「チンドン屋」が登場する作品がある。
なお、林芙美子の作品を多数映画化したことでも知られる映画監督の 成瀬巳喜男は、自身の作品で何 度もチンドン屋を登場させた。物語への介入はほとんどなく、その多くはBGMとしての扱いも兼ねて いるが、成瀬自身が強いこだわりを持って登場させていたという。


 こんなにあるとは!

 これらの中で、 江戸川乱歩の「陰獣」や梅崎春生の「幻化」など(だけ!)は読んだことがあるが、、チンドン屋が登場していたという印象(記憶)は、小生の中には皆無である。
 情けない。

 まあ、追々、ひもといていきたい。


参照サイト:
富山商工会議所/全日本チンドンコンクール
ちんどん通信社~(有)東西屋


 チンドン関連拙稿は「 「チンド ン大パレード」へ(1)」など多数ある。
09チンドン大パレードへ 」に、ほとんどの関連拙稿を羅列してある。

 尚、雛祭り → 祭囃子 → 囃子 → 鳴り物 → チンドン といった連想で本稿を綴ったわけではない!

|

« 無花粉スギ 新品種の名称は「立山 森の輝き」 | トップページ | ゴーゴリ「鼻」の周辺 »

文学散歩」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。


チンドン屋さん(らしき方々)、

今でも、たまーにみかけます。

華やかで奇抜な衣装に目を奪われつつ、
何故か寂しさが込み上げてくる音色。

そんな、記憶がありました・・

お写真の振袖、
古典な柄がかわいいですね♪

ところで江戸川区乱歩の「陰獣」と
チンドン屋さんが結びつかなくて。

んー!気になる(笑)


投稿: のえるん | 2012/03/02 20:58

のえるんさん

チンドン屋さん、東京在住時代、折々見かけました。
が、富山市では一度も見たことがありません。

チンドン屋さん、奇抜な格好が売りだし、必要。
路上のピエロのようでもあるような。

写真は、富山市でのチンドンコンクールの一場面です。

そうそう、江戸川乱歩の『陰獣』の中で、チンドン屋さんがどんな風に描かれてるのか、どんな場面に登場するのか、とても気になりますね。

投稿: やいっち | 2012/03/03 21:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/54115627

この記事へのトラックバック一覧です: チンドン屋がテーマの作品:

« 無花粉スギ 新品種の名称は「立山 森の輝き」 | トップページ | ゴーゴリ「鼻」の周辺 »