« 呉羽山断層帯 北西にずれていた!! | トップページ | 自殺者14年連続3万人 »

2012/03/08

読書拾遺…宇宙から下世話まで

 過日、待機する時間の長くなる可能性のある仕事が急に入った。
 現地までの移動、その帰路などは運転する必要があるが、往路と帰路の間の時間は基本的に待機。
 突発的に予定外の移動の必要が生じる可能性があるので、持ち場を離れるわけにいかない。

Img_20120301_09413511

← いったい、何年前の垣根なのか。とっくに耐用年数は過ぎている。どうしたものか。
 
 これは拙い。
 って、何が困るかというと、待機の間に読む本がないこと。
 先月、買い置きしてあった本はほとんど読了したし、今、自宅で読んでいるグーランの本は内容的に車中で読むには重い。

 ということで、急遽、近所の書店へ直行。
 時間的経済的余裕があれば、紀伊國屋書店など、市街地の大きな書店へ赴くのだが、今はちょっと敷居が高い。
 買うのもどうせ、文庫本。車中で気楽に読める本。

9784334036676

← 松原隆彦著 『 宇宙に外側はあるか』( 光文社新書 ) 「私たちの住んでいるこの宇宙がここに確固として存在している、つま り唯一絶対の存在である、ということは疑いようもなく当たり前のこ とだと思われるでしょうか。実は、現代の物理学の知識をもってこの 宇宙を眺めてみると、そんな基本的なことさえも疑わしくなってきま す。 (プロローグより) なぜ宇宙は存在するのか――。この宇宙は奇妙な謎に満ち溢れてい る。しかし、現在、人類の宇宙を見る目は大きく開かれつつある。い ま、宇宙の何がわかっていて、何がわかっていないのか。宇宙の全体 像とは? 宇宙の「外側」とは? 」 ダークマターやダークエネルギーなどの謎の存在は、宇宙像・物質観の大変貌を迫っている。宇宙論の転機に今、我々はさしかかっている。地上世界でも既存の秩序が崩れ、混沌を極めているが、さて新しい秩序は構築できるのか、人類は土壇場・瀬戸際に来ている。宇宙像の危機と人類の危機とが 何故か、相関しているように感じられるのは、小生だけ? (画像や情報は、「 宇宙に外側はあるか 松原隆彦 | 光文社新書 | 光文社 」より)

 あれこれ物色したが、買ったのは、バタイユの(ずっと昔、読んだ…眺めたことのある)『エロスの涙』、宇宙論の本、科学で再考する古代史の本。
 一冊でいいのだが、つい三冊、買ってしまった。
 文庫や新書版とはいえ、結構、値が嵩む。

9784480101044

← 『 ちくま文学の森 4 変身ものがたり 』(画像は、「 筑摩書房 ちくま文学の森 4 変身ものがたり ─変身ものがたり / 安野 光雅 著, 森 毅 著, 井上 ひさし 著 」より) 以下、上掲書の目次を示しておく:死なない蛸(萩原朔太郎) 風博士(坂口安吾) オノレ・シュブラックの失踪(アポリネール) 壁抜け男(エーメ) 鼻(ゴーゴリ) のっぺらぼう(子母沢寛) 夢応の鯉魚(上田秋成) 魚服記(太宰治) こうのとりになったカリフ(ハウフ) 妖精族のむすめ(ダンセイニ) 山月記(中島敦) 高野聖(泉鏡花) 死霊の恋(ゴーチエ) マルセイユのまぼろし(コクトー) 秘密(谷崎潤一郎) 人間椅子(江戸川乱歩) 化粧(川端康成) お化けの世界(坪田譲治) 猫町(萩原朔太郎) 夢十夜(夏目漱石) 東京日記 抄(内田百閒 ) なかなか楽しい読書の時を持てた。

 衝動買いというのか、レジを済ませて書店を出ようとしたら、出口付近に低廉な値段のCDコーナーがあり、「女の歌謡大全集」なる2枚組の CDを買ってしまった。
 黛ジュン、由紀さおり、小川知子、渚ゆう子、奥村チヨ、伊藤咲子、弘田三枝子、岡崎友紀、大場久美子、小林麻美、片平なぎさ、安西マリア、ザ・リリーズ、欧陽菲菲などである!

|

« 呉羽山断層帯 北西にずれていた!! | トップページ | 自殺者14年連続3万人 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

やいっちさん

こんばんは。

結局、ご購入された3冊も気になります・・
ご紹介された本「ちくま文学の森」は、
名作いっぱいで読み応え有りそう!!

余談?
ですが今日は花粉症が酷くて。

2枚組のCD!?がとっても
渋いセレクトですね(笑)


投稿: のえるん | 2012/03/09 01:48

のえるんさん

花粉症、症状がひどいそうですね。
ご自愛ください。

早めの対処(治療)が効果的だとか。

今年は花粉の飛散量は、例年より少なめ…なんて言っても、何の慰めにもならないね。

「女の歌謡大全集」、ホント、衝動買いです。
小生の高校時代から学生時代に聴き浸った曲ばかりです。
…と言いつつ、まだ封を切っていない。
勿体なくて、じゃなくて、できれば車中で聴きたいなって、思っているわけです。

投稿: やいっち | 2012/03/09 20:28

やいっちさん

お心遣い、ありがとうございます。

昨日と比べますと、今日は少し(花粉症)
症状が落ち着いております。
潜伏中か?!といった感じは否めませんが・・
昨日は、ホント辛かったです(泣)
何に反応しているのか?
憎い敵を突き止めたいところです。


お話は変わりまして。
学生時代に聞いた曲って、
どの時代の方でもそれぞれ時代の記憶と共に
一生、心に残る事が多い印象をうけます。

改めて・・
素敵な記憶と共に盛り上がりそうですね(笑)


投稿: のえるん | 2012/03/10 02:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/54164773

この記事へのトラックバック一覧です: 読書拾遺…宇宙から下世話まで:

« 呉羽山断層帯 北西にずれていた!! | トップページ | 自殺者14年連続3万人 »