« 「バレーボールVチャレンジリーグ女子」観戦! | トップページ | 【吉本隆明氏死去】 吉本氏の思い出 »

2012/03/16

バレーボールVチャレンジリーグ女子」観戦!(続)

 富山の人間としては、 KUROBEアクアフェアリーズ を応援するしかない。
KUROBEアクアフェアリーズ」 というチーム名の由来は、「 名水の里「黒部」で生まれた 水の妖精たち」だとか。

Img_20120310_1524321_2

→ 試合の前、先ずは選手入場。各選手が一人一人名前を読み上げられ、コートへと、コートの周りの観客席の前へと、巡りつつ、健闘を誓い応援を請う。選手は、サイン入りのボールを数個、観客席のあちこちへと投げ込む。立って手を挙げ、声援をあげている人がいたら、その人を目掛けて投げることも。

 二階席なので間近とは言い難いが、確かに妖精と思える選手が何人も。
 一年の締め括りの戦いであり、区切りの時期なので、本大会で引退する選手もいるらしい。

 バレーチャレンジLは、Vプ レミアリーグという日本の女子バレートップリーグにチャレンジ(入れ替え)する資格を目指して戦っている。
 テレビで見る、 Vプ レミアリーグの、しかも国際試合だと、その中から選抜された選手たちの闘いには
かなわないかもしれない。

 でも、間近で見る試合はさすがに迫力があった。

 サーブの際の、サーバーのみならず、敵味方全選手の集中力の高まりが会場内の空気を張り詰めさせる。
 選手等にいろんな作戦や思惑が駆け巡っているらしいことが、試合には門外漢の小生にも、選手の表情やセッターが背中に回した手の平か指で合図を出していることなどで察せられる。

Img_20120310_14065111

← 小生が観戦したのは土曜日。土日と KUROBEアクアフェアリーズの根拠地である 「黒部総合体育センター」で試合が行われた。本黒部大会が最終戦で、この土日の結果で順位も決まった。「 KUROBEアクアフェアリーズ」は、三位! 結果の詳細は、「 中日新聞:3位入賞 来季に期待 女子バレーチャレンジL KUROBEが報告:富山(CHUNICHI Web) 」を参照のこと。

 ところで、黒部大会で 「 KUROBEアクアフェアリーズ」が戦った相手チームは、 「 宮城県初のVリーグ女子バレーボールチーム 」である「 仙台ベルフィーユ 」である。

Img_20120310_1526371

→ サーブをする瞬間の集中力と緊張感と。

 前夜の仕事を終え、一眠りした朝、何気なくテレビ( 3月15日 NHK総合 「おはよう日本」 )を見たら、 「 仙台ベルフィーユ 」を特集していた。
 被災地仙台のチームを応援する意味もあったのだろう。
 しかし、それ以上に「 アトランタ五輪で全日本女子バレーチームを率い、実業団「日立ベルフィーユ」最後の監督、現在は「仙台ベルフィーユ」総監督の、米田一典氏が昨日逝去され 」たこともあっての特集だったようだ:
「 【バレーボール】元バレー女子日本代表監督 米田一典さん死去 : スポーツ - 47NEWS(よんななニュース) 」:
「 バレーボール女子、チャレンジリーグに所属する仙 台ベルフィーユの総監督で、元日本女子代表wkw監督の米 田一典氏が26日午後1時42分、肺がんのため仙台 市青葉区の東北労災病院で死去した。61歳 」

Img_20120310_1527441

← サーブする瞬間、会場内は静まり返る。美しい!

 2月26日に仙台にて亡くなられた。
 
 2月26日は小生の誕生日。
 仙台は小生が学生時代を過ごした、思い出の地、青葉茂れる地である。
 そんな小生が偶然とはいえ、 米 田一典氏が率いるチームとの試合を観ることが出来たのは、これも何かの縁と思うしかない。

|

« 「バレーボールVチャレンジリーグ女子」観戦! | トップページ | 【吉本隆明氏死去】 吉本氏の思い出 »

写真日記」カテゴリの記事

コメント

やいっちさん

こんばんは。

試合会場でのスポーツ観戦って、
とても熱くなってしまいますよね。
テレビでは伝わらない緊張感や迫力、
会場の雰囲気が私は好きです。
と、言いましてもなかなか
チケット買って
足を運ぶ事は稀なのですが・・
好きな方は遠方・たとえば海外試合でも
追い掛けて観戦されますし。
それほど、スポーツは
人を魅力するものなのですね。
また、美しいフォームにも
注目してしまいます。
それにしても、
元日本代表監督が亡くなられた日と
お誕生日が同じだなんて。
何だか不思議な運命を感じます。


投稿: のえるん | 2012/03/16 20:41

のえるんさん

スポーツ観戦は、好きなサッカーですら、行ったことがありません。
東京在住時代、一回だけJリーグの試合を観たことがあるけど、それは、我がサンバチームのダンサーが試合の合間の応援パフォーマンスをするから。

富山ではサンバもベリーダンスも観られない。
かくなる上は、女子スポーツ!?
あるいは富山で活躍する歌手とか。
誰かしらファンになって楽しみたいんだよね。

もっと端的には好きな人が欲しいってことかもしれない。

投稿: やいっち | 2012/03/16 21:58

やいっちさん

こんばんは。

サンバチームでのパフォーマンス、
応援参加もまた、
特別な経験で楽しそうですね。
仲間の皆さんが沢山いらっしゃると、
さらに凄く盛り上がりそう!
一生の想い出に、なりそうですね。


何か懸命に取り組まれている方って、
とても魅力的。
ファンの一人として存在したい。
また、何かしら応援!?参加?したい。

こんな気持ちは正に、
愛情や恋愛に近しいのかな・・


投稿: のえるん | 2012/03/18 01:24

のえるんさん

ダンスでも歌でもスポーツでも、誰かしらファンになり追っ掛けしたい……

これは恋したいという思いの現れでしょうね。

小説などの創作をしたい、というのが小生の思いです。

振り返っても、誰かに(つらい、報われない)恋をしている最中が一番、創作意欲が沸々と沸き起こったものでしたし。

東京では(一方的、片想いだったけど)、そんな相手がいました。

富山では忙しさと怠惰さのゆえにか、恋する相手に出会えていません

要するに淋しいんです。
ちょっと、正直過ぎるかな。

投稿: やいっち | 2012/03/18 21:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/54229496

この記事へのトラックバック一覧です: バレーボールVチャレンジリーグ女子」観戦!(続):

« 「バレーボールVチャレンジリーグ女子」観戦! | トップページ | 【吉本隆明氏死去】 吉本氏の思い出 »