« 立山連邦を眺めると | トップページ | 晴耕雨読…未満 »

2012/03/29

富山ブラックのサイダー 来月1日発売 !

 27日夕、仕事中、待機の暇の徒然にテレビ(ワンセグ)を見ていたら、ちょっと面白い(?)ニュースに遭遇した。

P_toyamablackcider_b_2

富山ブラックのサイダー 来月1日発売 」(北國・富山新聞ホームページ - 北陸の経済ニュース)
 一部、転記させてもらう:

トンボ飲料(富山市)は27日、ご当地ラーメンの富山ブラックの風味を再現した炭酸 飲料 「富山ブラックサイダー」を発表した。4月1日、北陸自動車道のサービスエリアや 県内の スーパー、飲食店、全国の量販店などで発売する。
しょうゆの風味に黒コショウや唐辛子をきかせ、後味に爽やかな甘みが広がる仕上がり にし た。全国のサイダーフェアなどで、ご当地ドリンク「地サイダー」として発信する。
「良い意味で予想を裏切るおいしさ」(広報室)で、焼酎と合わせるとスパイシーな酎 ハイ を楽しめる。


 やはりここはメーカー自身の宣伝を参照するのが筋だろう。

富山ブラックサイダー|商品情報|トンボ飲料 」によると:

濃い醤油・胡椒多め・黒スープが特徴の、富山県のご当地ラーメン「富山 ブラック」のやみつき感をイメージして作ったサイダーです。 醤油・胡椒風味。【2012/4/1 新発売】

 うーむ、試飲してみたい。
 ここだけの話だが、週に四日は在宅する小生、夕食後の一服にワイン(赤)を少々(グラスに三分の一ほど)飲むのが習慣になっている。
 例年にない寒さとなった今冬、寝る前に体を暖める目的でのこと。
 その際、ワインを飲む前にファンタをグラスに一杯、飲む。
 ワイン少々では物足りないから…でもあるが、ラムネやサイダー系の飲み物(の喉越し感)が好きだからである。

 せっかく地元のメーカーが発売するという飲み物なのだ、富山県人としては応援したい。
 試飲して好みに合えば、ワインの前の一杯は、富山ブラックサイダーに変えよう!


参考にならない参照記事:
トンボのこと: 壺中山紫庵

|

« 立山連邦を眺めると | トップページ | 晴耕雨読…未満 »

富山情報」カテゴリの記事

コメント

やいっちさん

こんばんは。

黒サイダーなら、
迷わずコカコーラ(味)をイメージしますが
醤油?故障風味?!唐辛子をピリリ?
しかし後味爽やか甘めサイダ〜とは
なんとも刺激的ですね!(笑)
(※某地方お土産屋さんで
緑茶サイダーをみた事は有りましたが)

ちょっと恐ろしいけれど
試してみたいな。

やいっちさんの「ワイン前にいただく炭酸飲料」のくだりが面白くってわらってしまいました。
・・すいません。


投稿: のえるん | 2012/03/29 20:22

のえるんさん

富山ブラックサイダー、テレビで特集されてました。
発売前にテレビなどマスコミの取材が入り、羨ましいことに試飲も。

若い人たちが試飲してましたが、サイダー特有の甘みがあって、安心して(?)飲めるとか。
飲んだあとから、ピリッとという感じが来るとも。

ワインの前のファンタ。
寝る前は貴重な読書タイムなので、酔うわけにいかない。
なのでお酒はもちろん、ビールもダメ。
サイダーかラムネで喉越しの刺激を楽しむ。
あとは少々の読書で本に酔う(?)わけです。

投稿: やいっち | 2012/03/29 20:58

やいっちさん

こんばんは。

富山ブラックサイダー、
想像よりも遥かに飲みやすそうですね。
前情報をいただけたおかげで、安心して試せそうだ!


やいっちさんの何気なく過ごされる
普段のお姿がちょっと垣間見れる時、
何だかとても嬉しく・楽しくなってしまいます。
ワイン前のファンタ、などなど(笑)

今宵も読書に
酔いしれておられるのかなあ・・。


投稿: のえるん | 2012/03/30 22:09

のえるんさん

就寝前のワインの前のファンタは、グラスに一杯。
喉越しを楽しめれば、それでいい。
まあ、これから暖かくなったら、飲む量も増えていくかな。

就寝前の読書は、長年の慣習。
時にほんの数頁しか読めないこともありますが、ある意味、睡眠薬の代わり、睡眠導入剤みたいなものです。
車中でも、一冊は本を置いておきたいんです。

投稿: やいっち | 2012/03/31 21:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/54332743

この記事へのトラックバック一覧です: 富山ブラックのサイダー 来月1日発売 !:

« 立山連邦を眺めると | トップページ | 晴耕雨読…未満 »