« 帰宅して待っていたのは | トップページ | 町工場界隈に住んでいたっけ »

2012/02/07

融雪装置の威力

 年初、試みの積もりで設置した融雪ホースだが、予想以上、期待以上の効果を齎してくれている。
 営業で富山の各地を車で走り回る。

Img_20120206_1142471_2

 町単位、あるいは町でも班(丁目)単位で融雪装置の有無が、つまりは道路の雪の状態がまるで違う。
 同じ道路でも、町の区切りが変わると、路面が天国から地獄へ(逆も大いに!)変化する。

 ああ、この町はリーダーとなる人がいないんだな、それとも誰か一人か二人、設置に反対の人(家)があるのかな、なんて察せられてしまう。

 まあ、地域によっては、地下水の事情(枯渇による地盤沈下の懸念)で、導入が困難、など、いろいろあるようだが。

 融雪装置の設置は、(恐らくは)地元住民の要望に基づき、且つ費用は住民負担で、のようである。
 我が町内もほぼ全面的に設置されている。
 分担される費用は、相当なものである。 
 もう、何年も前に埋設したのに、未だに毎年、集金される。
 
 もし、今、融雪措置の設置の話が持ち込まれたら、小生にその分担金を払う余力はあるだろうか、話にすんなり乗れたろうか。
 ちょっと疑問。
 いや、とてもじゃないけどそんかお金はありませんと、下手すると我が家が、否、この小生が一人、反対を余儀なくされるやもしれない。

 父が現役の頃に導入されていて、ほっとしている…。
 親には感謝の一言だ。

 我が家の庭に設置した融雪ホース、効果は絶大である。
 あるとないとの、雲泥の差を日々実感している。

 ホームセンターで買ってきた融雪ホースと、納屋にあった古いホースにキリで穴を空けただけの特製ホースをつなぎ合わせて、全体で40メートルほどの威容。
 さすがに市販のホースと自前のホースとでは、効果は随分とちがう。
 特製ホースからは、水は気まぐれにしか出てこない。

 市販のホースの効果が実証されたので、今日、追加で5メートルのものをかってきた。
 早速、継ぎ足し。
 何だか雪の降るのが待ち遠しい…なんて、ウソである。
 何より、寒波の襲来のないことを祈るばかりだ。

|

« 帰宅して待っていたのは | トップページ | 町工場界隈に住んでいたっけ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/53918624

この記事へのトラックバック一覧です: 融雪装置の威力:

« 帰宅して待っていたのは | トップページ | 町工場界隈に住んでいたっけ »