« 砂時計の不思議 | トップページ | 融雪装置の威力 »

2012/02/06

帰宅して待っていたのは

 今日こそは、除雪しなくてすむ、そういう期待を抱いていた吾が輩が愚かだった。
 昨日は、日中の気温が数度、根雪が一気に融けるってことはなかったが、夜中、融雪装置もない、住宅街の日当たりの悪い裏道を走っても、路面の圧雪が気持ち柔らかく、タイヤを、ハンドルを奪われることも少なかった。
 今日は、気温が更に上がり、富山市でも10℃近くに達するという予報。
 しかも雨!
 これなら屋根の根雪も融けようし、日陰の根雪もかなり融けてくれるはず…だった。

 甘かった。
 日中、相当程度に融けてくれたのは、予報(期待)通りだった。
 が、曲者が潜んでいた。 
 予想外の事態が小生を待っていた。

 予想外…しかし、考えてみるまでもなく予測してもよかった事態といえた。
 日曜日の営業を早めに終え、帰宅したのは、丁度、丑三つ時の頃、そう、真夜中過ぎの2時過ぎ。
 日曜日は仕事が比較的暇なので、営業は早めに切り上げることにしている。
 何時もより、2時間、帰宅が早いだけで、何だか得をした気分になる。
 実際には、仕事が暇ってことは、売り上げも悪いってことだが、それは折り込み済み、それよりは家でゆっくりのんびりしたほうがまし、というわけである。

 何しろ日曜から月曜にかけて、気温もあがる、ことによると、月曜日は終日、一切、雪がらみの作業をしなくてすむかも、なんて淡い期待もあったのだ。

 あわよくばの期待は、帰宅直後、あっさり潰え去った。
 庭が、車を停める場所も含め、雪に埋まっている。

 何のことはない、蔵の根雪が、ドッと庭に滑り落ちてきていたわけである。
 気温が低いと、土蔵の屋根の雪は降り積もるばかりで、これはこれで困る、危惧すべき事態なのだが、逆に気温が上がると、今度は瓦に接する雪(すでにザラメ状態になっている)が融けて、堆積していた雪が一気に軒下に、庭に滑り落ちてしまうわけである。
 
 お陰で、帰宅直後に早速、除雪作業とあいなったのだった。

|

« 砂時計の不思議 | トップページ | 融雪装置の威力 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/53918396

この記事へのトラックバック一覧です: 帰宅して待っていたのは:

« 砂時計の不思議 | トップページ | 融雪装置の威力 »