« 春よ来い! | トップページ | 根雪の有効活用!? »

2012/02/12

路肩の雪

 過日、車中での雑談の中で、除雪した雪の山の使い道が話題になった。
 と言うか、話の徒然に小生が切り出したのだが。
 先般の猛烈な寒波も一段落し、昨日の土曜日にしても、朝方までは十センチほどの積雪があったが、予報はもっと凄い降雪に警戒を、なんて予報士が深刻そうに話していたので、拍子抜けする程度の雪に過ぎなかった。
 ましてや、日中は晴れ、青空にさえ恵まれ、みんなしてもっと融けろ、などと日に希ったり。

 融雪装置の設置された道路はもちろん、街道なのに設置されていない道路さえ、路面の雪は綺麗に融け去ってくれた。
 さすがに、裏道や日陰の道路は固かった雪が融けはしないものの、やや軟弱になり、グジャグジャになって、車は右往左往するようにして走る。

 路面の雪は日中、ほぼ消え去ったものの、問題は歩道の雪、更に障害になっているのは路肩の雪の山、除雪された雪の塊である。
 除雪車で除雪された雪が、持って行き場もなくて、あるいは片づけ作業など到底追いつかなくて、路肩にそして歩道の両脇に堆くなっている。

 歩道は昨日の日中の日差しにもかかわらず、歩道の路面が見えない場所が圧倒的だ。
 人が通り過ぎるだけの狭い、まさに雪の歩道が続く。

 路肩や歩道の雪の山は延々とつづいている。
 高さは、低いところでも腰より高い。積み上げられた箇所は目線よりあるし、中には二メートルを超えていたり。
 脇道から表の道にでる際は、右左の安全を確かめようにも、視界が完全に遮られている。
 当面、除雪した雪は積み上げておくしかないとしても、せめて、曲がり角だけは、車からの視界が確保されるようであってほしいと願われてならない。

|

« 春よ来い! | トップページ | 根雪の有効活用!? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/53965340

この記事へのトラックバック一覧です: 路肩の雪:

« 春よ来い! | トップページ | 根雪の有効活用!? »