« 風邪を引きました(前編) | トップページ | 献体 遺体(遺骨)なき葬儀 »

2012/01/27

風邪を引きました(後編)

 茶の間や(就寝の際には)寝室などを暖めるが、それ以外の、座敷や仏間や廊下や玄関や脱衣場や台所などは、寒い。多少は、茶の間の暖気が流れ漏れこむのだろうが、吐く息が白い!
 なので、家の中であってさえ、油断がならないのである。

Bukka_018_2

→ 玄関の花もちょっと模様替え。庭で取れた寒菊に南天に、今日(26日)買ってきた、バラを加えて。竜の置物が奥に見える。

 なのに、つい、油断した。
 マスクはしないといけないなと思いつつ、除雪や雪下ろしなどの作業をした。
 山茶花の花が路上に零れて汚らしいので、せっせと掃き清めた
 近所の買い物も、雪が少ないうちは自転車を利用する。

 

自分の甘いところなのだが、外での作業は、ちょっとだけのつもりなのである。
 ほんの二三十分ほどもあったら、片付く、そんな算段が玄関を出た瞬間にはあるのだ。
 何しろ、茶の間の暖房もつけっぱなしだし、テレビもつけっ放し。
 すぐに家の中に戻るつもりでいるからこそ、そう。

 が、いざ、外で作業をし始めると、三十分じゃ済まない。
 気がつくと、一時間になり二時間となり、冬といっても汗だくになってしまっている。
 一月の半ば頃から、喉が痛いな、気管支が痛いなと感じ始めていたのに、ずっとマスクは着用しない。
 いい加減、油断、中途半端な性格。

 とうとう、23日(月)の午後には、喉や気管支が痛み始め、翌24日は、肺までが傷む。
 下手すると、肺炎である。
 とうとう25日は仕事を休んで、終日、休養、安静。
 といいつつ、予約していた本が届いたということで、つい、外出した。マスクもせずに。

Bukka_020

← 仏花が賑やかな仏壇。いつものように、住職と二人きり。住職の読経に聞き入る。

 マスクを使い始めたのは、昨日25日からようやくである。
 ついでに、マフラーも。
 首元、喉元が少し、楽になった気がする。

 山茶花の花びらが路面に散在して見苦しいので、掃き清める作業をする、その際に、マスクを使った。
 その日は、外での作業は30分だけ。
 今日は、昨日からの雪が40センチ以上も降り積もったので、玄関先の除雪。
 それと、車を雪から掘り出す作業。
 これらに、2時間を要した。汗だく。

 しかも、折悪しく、灯油の在庫が切れたので、20リットルの灯油ポリタンクを3個と10リットルのタンクを車に積んで、灯油の買出し。
 これが重い。
 体力が風邪で一層、衰えているので、20リットルのポリタンクを積みおろしすると、体がふらふらである。
 
 そうそう、今日26日は母の月命日。
 なので、スーパーへ買い物へも行って、仏花を入手。
 玄関にも、花を生ける(誰も見ないけれど)。
 体が参っているので、月命日の準備だけはしたが、住職を呼ぶかどうか、迷っていた。
 座敷は、部屋の構造からして、ちょっとくらい石油ファンヒーターで暖めても、焼け石に水ならぬ、冷気に蝋燭である。
 そんな中、三十分ほどのお勤めができるものか…。

Bukka_012

→ 「由紀さおり」さん アメリカ(ニューヨーク)での公演が成功だったとか。「Pink Martini & Saori Yuki/1969」が、「米、カナダで次々1位と世界的ヒットの快挙」とか。「由紀さおり」さんの「夜明けのスキャット」は、小生にとって、思い出の曲。69年から70年にかけての思い出が蘇る。

 すると、住職から電話があった。
 住職も風邪を引いているとかで、声が苦しそうだった。
 いつもは、お勤めが終わったあと、雑談に興じるのだが、今日は(ほとんど)なし。
 そうそう、お勤めの際も、マフラーにマスクを着用したままだった!

|

« 風邪を引きました(前編) | トップページ | 献体 遺体(遺骨)なき葬儀 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/53830419

この記事へのトラックバック一覧です: 風邪を引きました(後編):

« 風邪を引きました(前編) | トップページ | 献体 遺体(遺骨)なき葬儀 »