« 2011年7月3日 - 2011年7月9日 | トップページ | 2011年7月17日 - 2011年7月23日 »

2011/07/16

放射能も吸収するヒマワリの生命力(後編)

 今日、ヒマワリに関するエッセイを書こうと、何か関連する参考になるような情報がないかと、「ヒマワリ」でネット検索してみた。
 すると、面白い(かもしれない)話題がネット検索の上位に浮上してきた。

2011_0715071003tonai0049

← ヒマワリの群生の脇の小道。小道の手前、用水路に沿って、花壇がある。3年前、一昨年と、この花壇に種を蒔き育てていたのだ。本来は、この花壇にあってこそ、ヒマワリは目立つのだが。

 そのサイトなどを覗いてみて、そういえばそんな話題が一時、あったなと思い出した。
 というのは、東日本大震災の際、東電の福島第一原発の事故が発生した。

続きを読む "放射能も吸収するヒマワリの生命力(後編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/15

放射能も吸収するヒマワリの生命力(前編)

 ひょんなことから、そのつもりもなかったのに、庭や畑でヒマワリを育てることになった。
 帰郷した3年前、ヒマワリの種を蒔き、思いがけずに育ったのに味を占め、一昨年もヒマワリの種を蒔いてみたところ、想像以上に立派に育ってくれた。

2011_0715071003tonai0063

→ 畑の隅っこのヒマワリたちも、ついに今日、一斉に開花。

 帰郷した年は、某掃除用具の宅配業者がサービスにヒマワリの種を置いていったのを、捨てるのも放置したままにしておくのも意味がないしと、種を畑の隅っこに蒔いたら、梅雨の終わりから夏にかけて大輪の花を咲かせ、秋口に至るまで、ちょっとさびしい庭や畑をにぎわせてくれていた。

続きを読む "放射能も吸収するヒマワリの生命力(前編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/14

セミ時雨の夏はいつ?(後編)

 蝶々も昨年、見かけたのと同じ模様の、つまりは同じ種類のが、庭のアガパンサスや梅の木の枝葉などの周りをヒラヒラ舞っている

2011_0709071003tonai0037

← 裏の他家の畑に面する畑の隅っこに、純白の花が咲き始めている。立派な葉っぱが折り重なるように育っていたが、数日前、真っ白な花が縦に3輪、一つの葉っぱ(茎)についている。今朝、他の葉群にも白い花が咲いていた。

 気のせいか、見かける数が少なくなったと感じるのは、鳥類や猫の数である。
 暑すぎて、地上にしろ、空にしろ、徘徊するのが億劫だから、なのだろうか。

続きを読む "セミ時雨の夏はいつ?(後編)"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/07/13

セミ時雨の夏はいつ?(前編)

 今年、最初にその声を聞いたのは、六月の終わり頃、それとも七月の初め頃だったろうか。
 車を郊外へ向けて走らせていたら、ふと、おやと思わせる音。
 もしや、セミ?
 もう、鳴いてる?

2011_0712071003tonai0045

← ゴーヤやマンデビラと共に緑のカーテン作りの一環として植えた朝顔が、数日前、とうとう開花。やったー、である。午後には萎んだけど。
 
 そのときは、仕事中ということもあり、セミの鳴き声を聞いたとは断言できずにいた。
 でも、数日後、誰かとのお喋りの中で、セミが鳴いてるねって、言われ、思わず、そうだね、なんて安直に頷いてしまった。

続きを読む "セミ時雨の夏はいつ?(前編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/12

読書に暑さ忘れる ? !

 一昨日、読了したサイモン・シャーマ著の『風景の記憶』(高山 宏/栂 正行【訳】 河出書房新社)に続き(あとがきなどは、今朝未明)、今日からはポール・オースター著の『オラクル・ナイト』を読み始めた。

2011_0712071003tonai0049

→ ゴーヤが結構、育ってきたので、今朝、ネットをダブルにした。これでゴーヤ(や朝顔やマンデビラ)がどんなに育っても大丈夫?

 サイモン・シャーマ著の『風景の記憶』は、実は、再読である。数年前に刊行直後に既に図書館で借り出して読んでいる。
 浩瀚な本だが、中身はもっと濃い。

続きを読む "読書に暑さ忘れる ? !"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/07/11

一周忌の夏(後編)

 畑にヒマワリの群生する一角があったので、そのうちから3本だけ、引っこ抜いて、ゴーヤや朝顔、マンデビラなどを育てている細長い花壇の一角に移植したのだった。
 その3本も、そこまで育たなくてもいいんじゃないかと言うくらいに背が伸びてしまった。

2011_0710071003tonai0033

← 畑の草むしりが終わったあとで、畑の隅に群生するヒマワリたちを撮影。向かって左端のヒマワリが開花しているのが、見えるはず。

 近所のヒマワリは、七月の初めには開花し始めているのに、我が家のヒマワリは一向に咲く気配を見せなかったが、つい先日、畑に群生するヒマワリのうちの1本が開花し、梅雨明けした昨日今日などは満面の笑みといった咲き具合である。
 他のヒマワリも、黄色い花が数日以内には咲きそうな気配がプンプンする。

続きを読む "一周忌の夏(後編)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/07/10

一周忌の夏(前編)

 このところ、せっせと草むしり作業などに精を出しているのは、今月が一回忌の月だからでもある。
 そうでなくても、畑や庭には梅雨の間に嫌と言うほどに草が生い茂ってしまった。

2011_0710071003tonai0026

→ 二時間以上の草むしり作業を覚悟しているときは、この可動式の座椅子を使う。父も使っていたもの。作業が終わったら、洗い場で綺麗に。

 三月末から、在宅の日は、雨降りでない限り、ほぼ毎日、最低、一時間は草むしりや、畑の土起こし、除草剤散布、夏の緑のカーテンを目途にしての、ゴーヤや朝顔、マンデビラ育て、漬物を作りたくてのナスの苗木育て、庭木の手入れなどなど、やってきた。

続きを読む "一周忌の夏(前編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月3日 - 2011年7月9日 | トップページ | 2011年7月17日 - 2011年7月23日 »