« 2011年6月26日 - 2011年7月2日 | トップページ | 2011年7月10日 - 2011年7月16日 »

2011/07/09

「小竹貝塚」追加情報…梅雨明けに紅白の花

 一昨日、昨日と、「小竹貝塚」で発見され、研究されつつある71体の人骨の話題を取り上げた

2011_0709071003tonai0032

→ マンデビラは、3つの苗を植えた。そのうちの2つは、早くにツルが伸び、開花も見られていたが、残りの1つは、ツルも伸びなければ、花も蕾のままだった。それが、今朝、覗きに行ったら、ツルこそ伸びていないけれど、一気に開花していた。これでようやく3つのマンデビラの花が揃い踏みである。

 そうしたところ、昨日の北日本新聞に、(小生にとっては非常にタイムリーなことに)「小竹貝塚」の人骨に関連する話題が一面に載った。

 かいつまんで関連サイトから新規の情報などをメモしておきたい。


続きを読む "「小竹貝塚」追加情報…梅雨明けに紅白の花"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/07/08

縄文遺跡の紅白な話(後編)

「小竹貝塚」は、呉羽町北にある
 JR呉羽駅から歩いても行ける場所だ。
 呉羽駅近辺なら、仕事で何度か通っている。
 そんな間近に(呉羽山へは、我が家から自転車でも向かえる)驚くべき遺跡があったとは。

2011_0707071003tonai0015

← ドクダミの野に突如、出現したコスモスの列。紅白の花が咲き始めた。狂い咲きなのか。

 ちなみに、この小竹貝塚から「東へ800メートル行った場所に同じ放生津潟にあった蜆ヶ森貝塚、更に東へ進むと北代縄文遺跡があり、更に東へ進むと富山県内において第2位の規模を持つ百塚古墳群がある」。

 縄文遺跡銀座のような土地柄なのである(「常なる忠誠 小竹貝塚」を参照のこと)。

続きを読む "縄文遺跡の紅白な話(後編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/07

縄文遺跡の紅白な話(前編)

 富山県富山市には、「福井県鳥浜貝塚と並ぶ日本海側最大級の貝塚」である「小竹貝塚」がある。
縄文海進の際広がった旧放生津潟べりに縄文時代前期中葉から後葉(5000年前)頃、貝塚が形成されたものと考えられ」ている。

2011_0707071003tonai0011

→ 最近、気づいたのだが、マンデビラの花は、咲きっ放しではなく、咲いては散り、咲いては散るを繰り返している。数日も咲くと、あっさりと落花する。

 貝塚だけあって、貝層の広がりも「東西50m南北150mの弧状」と大きいが、「他に魚類24種類、両生類・爬虫類5種、鳥類・哺乳類18種が確認されています。特に犬は3個体があること、ニホンシカ・イノシシに解体痕が認められたことが注目され」るという。


続きを読む "縄文遺跡の紅白な話(前編)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011/07/06

ドクダミの原をコスモスの野に

 我が家の割り当てになっている畑。
 今では見るも無残な状態になっている。
 お袋が退院してきたら、畑をさせたいからと、父が数メートル区画を遺しておいてもらったのだ。
(そのあたりの事情は、数日前のブログで書いた。)

2011_0705071003tonai0038

← 小生の剪定の仕方が悪かったのか、我が家の紫陽花は、開花したのは、僅かに二輪だけ。そのうちの一輪。ちょっと光景がわびしいのは、雨のせいばかりではない。

 お袋は、退院は果たしたものの、とてもじゃないが、畑も何も、歩くことすら侭ならない体で、この狭い一角は、荒れ放題となり、数年前からはドクダミの野に成り果てていた。
 
 その畑(のはずの土地)の再生に昨年の秋から、小生が乗り出した。

続きを読む "ドクダミの原をコスモスの野に"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/05

噴水の水を止めるのは、節電対策になるのか?

 本夕、風呂上りにテレビを見ていたら、おやっと感じるニュースが。
 それは、(NHKテレビの報道によると)、節電のため、富山県庁前にある公園(県庁公園)の噴水を夏の間、日中、一定時間、止める、というもの。

2011_0705071003tonai0025

→ 昨日の豪雨、台所の窓をちょっと開けて、畑のほうを覗いてみた。作業小屋のトタン屋根越しに畑、その端っこのヒマワリの列が見える。先月初めには、畑の草むしりが一通り、終わっていたのだが、もう、雑草に覆われて、畑の体(てい)を成していない! ちなみに、トタン屋根の端に見えるのは、一昨年の台風で折れた杉の大木。幹の中途をチェーンソーで切った。

 富山県庁のホームページを覗いて、情報を確認してみた。
 すると、「公園施設における節電の実施について」として、以下の情報が載っていた:

続きを読む "噴水の水を止めるのは、節電対策になるのか?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/07/04

富山と「南京玉すだれ」追加情報

 もう、9年以上も以前のことになるが、「富山が南京玉すだれの発祥の地だって」と題した一文を書いたことがある。

Katsumi_asaba_doing_nankin_tamasuda

← 「南京玉すだれ」 「日本の大道芸の一つ。歴史のある芸で伝統芸能であるとも言える」。「発祥は富山県で、同県の民謡こきりこ節に用いられるささらが原型と言われ」、「玉すだれを使った「南京玉すだれ」という大道芸が現れたのは江戸期になってから」だという。(情報や画像は、「南京玉すだれ - Wikipedia」より)

 こんな旧聞を持ち出すのは、関連する記事が北日本新聞に載っていたからである。
 せっかくなので、追加の情報としてメモしておきたい。
 まずは、旧稿を載せておく。
 その上で、追加の情報をメモする。


続きを読む "富山と「南京玉すだれ」追加情報"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/03

富山(我が家)の水道事情(後編)

 驚くべきことに、「富山市や高岡市の水道水はペットボトルに入れて一般のミネラルウォーター同様に販売もされているほどである」!
 缶入りもある。
 今更、驚いているのは、小生が我が郷里・富山の水事情をあまり知らなかったからだ。

2011_0702071003tonai0016

→ ゴーヤも順調に育っている。日々、黄色い小花が幾つも咲いては、午後には散ってしまう。

 ところで、我が家の水道水は、さらに美味しい。
 なぜか。
 何年か前に、我が家の水道に、何処かのメーカーの特殊な浄水器(設備)を付けたからだ。


続きを読む "富山(我が家)の水道事情(後編)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年6月26日 - 2011年7月2日 | トップページ | 2011年7月10日 - 2011年7月16日 »