« 2011年6月12日 - 2011年6月18日 | トップページ | 2011年6月26日 - 2011年7月2日 »

2011/06/25

トカゲは我が庭の守り神(前編)

 過日より、折々、ニホントカゲのことを話題の遡上に載せている。
 小生、ヘビもだが、(ニホン)トカゲなど、爬虫類の類は、あまり好きじゃない。
 ただ、我が家の庭に出没するとなると、それはそれで別の感情も湧いてくる。

11042717

← 四月末、我が家の庭で初めて見かけたトカゲ。

 悲しいかな、小生が子供のころ、我が家の庭や軒先、軒下などでトカゲを見かけたのかどうか、ほとんど…いや、全く、記憶にない。
 ヘビについては、幾つか思い出というか、今もややトラウマになっているようなエピソードがあったりするのだが。

続きを読む "トカゲは我が庭の守り神(前編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/24

戦災も天災も忘れちゃならない(後編)

 東日本大震災で被災された方たちが、「今回の震災で、電気や水道、生活上の利便性など、当たり前に享受していたものが、決して当たり前じゃなかったと気づかされたとか、家族や友人・知人、近所とのつながりや絆の大切さを再認識させてもらったとかいった話」をするのは、厳しい避難生活などの生活からの実感だろうから、ただ聞き入るばかりである。

2011_0622071003tonai0017

→ 3本、植えたマンデビラのうちの1本に、蕾! ツルもかなり伸びている。

 しかし、直接の被害を受けていない人たちが、節電の要の高まりなどを受けて、あるいは大震災の光景を見て、まるで未曾有の大震災であるかのように語られるのは、繰り返しになるが、違和感…というより、反感をすら覚える。

続きを読む "戦災も天災も忘れちゃならない(後編)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/06/23

戦災も天災も忘れちゃならない(前編)

 日本は今、戦後、類を見ない震災に見舞われた。
 戦後に限らず、日本の近代以降の歴史の中でも指折りの事件の渦中にあると言えるだろう。
 
2011_0622071003tonai0006

→ 我が家の裏庭にある納屋の前から、夕景を撮ってみた。眼下には、水田があり畑がある。

 東日本大震災が、それほどに未曾有のものであることは否定のしようがない。
 しかし、テレビなどで、被災民じゃない人たちが(インタビューに答える形で)、今回の震災で、電気や水道、生活上の利便性など、当たり前に享受していたものが、決して当たり前じゃなかったと気づかされたとか、家族や友人・知人、近所とのつながりや絆の大切さを再認識させてもらったとかいった話を聞いたりすると、やや違和感を覚える。

続きを読む "戦災も天災も忘れちゃならない(前編)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/06/22

終わりよければ ま、いっか(後編)

 思うに、その病院は、表の週日の玄関口と、裏の救急や通用口の並ぶ一角とを分ける、建物の角のあたりに、土日・夜間の出入り口はこちらですという、看板を立てかけておくべきなのだ。

08062821

← 08年当時、同じ紫陽花の開花の光景。今年は紫陽花の花が咲かなかったので、例年のように綴る紫陽花絡みのエッセイも書く気になれない。

 知らない人が、わざわざ表へ向かわずとも、その看板表示を読んで、裏の通用口へ向かえるようにすれば、戸惑う方の数もグンと減るだろうに。

 いずれにしろ、その病院での待機は空振りに終わった。

続きを読む "終わりよければ ま、いっか(後編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/21

終わりよければ ま、いっか(前編)

 過日のとある土曜日のこと。
 その日は営業の日。
 なので、朝早くに出勤し、七時半には仕事のスタンバイOKに。
 とりあえず、八時頃には無線で最初の仕事が入った。

2011_0619071003tonai0070

← 畑に(勝手に)育ってきたヒマワリ。そのうちの3本を南側の道路沿いの花壇に移植。結構、育っている。開花の予感はまだだけど、咲くのが楽しみである。

 土曜日は、営業所にいても、無線などの仕事は少ない。
 その営業所に数人が待機しているわけで、少ない仕事を順番に割り当てられるので、一層、仕事にありつけるチャンスが少なくなる。

続きを読む "終わりよければ ま、いっか(前編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/20

富山市の市街地随感(後編)

 そもそも富山市は、空襲で市街地の大半を全焼させられてしまった。
 なので、富山市の中心部の歴史的遺産は、壊滅的被害を受けてしまった。
 同じ富山県の中でも、富山市は、富山市に並ぶ中心市である高岡市に比べても、歴史的な厚み、文化の厚み、その象徴としての建造物や遺跡などは、かなり見劣りする。

2011_0619071003tonai0058

→ 我が家の勝手口から表の庭に続く小道から表の庭の一部を撮ってみた。背後の瀟洒な邸宅は隣家です。
 
 それだけじゃなく、たとえば、繁華街などの町並み。
 当然ながら富山市にも繁華街がある。


続きを読む "富山市の市街地随感(後編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/19

富山市の市街地随感(前編)

 富山県は、今、大きく変貌を遂げつつある。
 その目玉は、あるいは変化の起爆剤となる(かもしれない)のが、北陸新幹線の延伸である。
北陸新幹線は、上信越・北陸地方を経由して東京都と大阪市とを結ぶ計画の整備新幹線である」。

1b_2

↑ 先ごろ決定した新しい富山駅のデザイン。北陸新幹線の延伸にあわせ、デザインが決められた。「静謐な雪にたたずむ木立の駅」だって! 確かに清潔感が漂うが、地味で印象が薄そう。新幹線の窓から眺めるにはいいが…。駅の直下をライトレールが通過する。今は駅の北側、南側それぞれにあるのを接続する。小生など、むしろ、ライトレールの延伸に期待している!

続きを読む "富山市の市街地随感(前編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月12日 - 2011年6月18日 | トップページ | 2011年6月26日 - 2011年7月2日 »