« 2011年4月24日 - 2011年4月30日 | トップページ | 2011年5月8日 - 2011年5月14日 »

2011/05/07

第42回日展(富山展)より(後編)

 今は石楠花やジャーマンアイリスが咲き始め、ツツジも日当たりのいい場所のものは、開花してくれている(日当たりなのか、土壌の良し悪しの違いなのか、人の目が届くかどうかに左右されているのか、昨年晩秋の剪定の仕方の上手下手が影響しているのか、実際のところは分からない)。

42yuyamatoshihisa

← 湯山俊久 「L’allure (ラ リュール) 」

 家の外のことばかりをしていると、中のことが疎かになる。
 恥ずかしながら、家の中の一部屋(寝室)と玄関などを今日、久しぶりに掃除機で綺麗にした。
 これは二週間ぶりどころじゃないかもしれない。

続きを読む "第42回日展(富山展)より(後編)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/05/06

第42回日展(富山展)より(前編)

第42回日展 富山展」を観てきた。
 美術展を観に行ったのは、久しぶりである。
 東京在住時代も、最後の数年は、足が遠ざかっていたし(美術展へ行くと、ついカタログを買いたくなる。それが負担になっていた)、富山に帰郷した3年前からは、家のことがあって、気が休まらず、美術展どころか映画館さえ、全く足を運んでいない。

42endohgenzoh_2

→ 遠藤原三 「埋み火」

 ん? 昨年、ネット上の知り合いの方の作品が展示されているということもあり、国際会議場内で行われた美術展に足を運んだことがあったし、「富山ゆかりの画人岸駒-岸家伝来の絵画資料をまじえて- - 富山県富山市の展覧会」にも足を運んだから、全くというのは、間違いか。

続きを読む "第42回日展(富山展)より(前編)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/05/05

富山ライトレール開業5周年!

 富山ライトレール株式会社は、開業五周年を迎え、その記念の式典も先月、行われた:
中日新聞ライトレール5周年 記念車両お目見え富山
富山ライトレール - Wikipedia

2011_0505071003tonai0027

← 5月4日、富山駅北口にて撮影。4月27日に5周年記念式典がこの場で行われた。

 4月28日、富山駅の北口で待機していたら、真夜中近くになって、ライトレールのポートラムの駅の近くに、何やら作業員風の男たち二人がやってきた。
 二人は、何かアルミか何かの骨組み3個を運んでくる。

続きを読む "富山ライトレール開業5周年!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/05/04

まだまだ芽吹きの春(後編)

 昨日から、営業の車中での待機中に、デイヴィド・マクラガン著の『アウトサイダー・アート』(翻訳:松田和也 青土社)を読み始めた。

2011_0501071003tonai0034

→ この日曜日に撮影したばかりなのに、どの木の若葉だったのか、分からなくなった。春芽。若葉。

 アウトサイダーアートへの関心は、二十年来のもの。

 実際、本書の冒頭に数多く載せられている画像(作品)の多くは、小生には馴染み。

続きを読む "まだまだ芽吹きの春(後編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/03

まだまだ芽吹きの春(前編)

 一昨日、昨日と、「芽吹きの春を実感する(前編)」「芽吹きの春を実感する(後編)」と書いてきた。
 しかし、やや藪っぽい我が家の庭だけに、まだまだ芽吹きの現場に遭遇する。

2011_0501071003tonai0019

→ ジャーマンアイリスだろうか? 一昨年までは、我が家の庭や畑の隅っこに咲いていた。それが、昨年、全く姿を見せなかった。昨年は、庭も畑も夏ごろまで(父母が亡くなるまで)、全く手付かずだったから、荒れ放題だった。夫婦のキウイも昨年、とうとう枯れてしまった。一昨年まで、あれほど勢いの良かったキウイは、どうして枯れたんだ?ジャーマンアイリスなのだとしたら、庭のあちこちに育ち花が咲きそうなのは、なぜなのか。土を移動した際に、球根も伴ったのか。それにしても、どの花に勢いがない。土日の風雨にめげた? 土壌の貧困さのせい?


続きを読む "まだまだ芽吹きの春(前編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/02

芽吹きの春を実感する(後編)

 前稿に続き、我が家の庭での、芽吹きの春の様子を見てもらう。
 父母が健在だった頃の庭には遠く及ばないけど、植物たちの逞しさは、小生の手腕の未熟さを補ってあまりある。


2011_0429071003tonai0051

← 冬の間どころか、つい先月の上旬くらいまでは、枯れ木のようだったこの樹木も(名称不詳)、この一週間余りの間に、一気に青々としてきた。どこにそんな生命力が潜んでいたんだろう。やはり、裸木より、緑の葉っぱに覆われてこその樹木だ。

続きを読む "芽吹きの春を実感する(後編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/01

芽吹きの春を実感する(前編)

 昨日今日と、富山では(も)、強風が吹き荒れていた。夕方になって雨が降り出したが、夜になって気がついてみると、風は止んでいた。

2011_0429071003tonai0058

← 4月29日の日記で紹介した、ボタン? 違う。これ、チューリップ。29日に撮影したもの。思いっきり花開いている。砺波では、今、チューリップフェアの真っ最中である:「チューリップ四季彩館 TONAMI TULIP GALLERY」 しかも、今年は、チューリップフェア60周年。

 昨日は、雨、風(突風)、雷と、昨年の快晴続きの連休とは大違いな天候だった。地震が東北や関東で、そして中部地方でも発生していて、どうしても、不穏なものを感じてしまう。
 
 それでも、我が家の庭にも新緑の季節、芽吹きの春を迎えている。
 植物たちの逞しく強かな生き様を、二回に分けてみてもらうつもり。

続きを読む "芽吹きの春を実感する(前編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月24日 - 2011年4月30日 | トップページ | 2011年5月8日 - 2011年5月14日 »