« 2011年4月17日 - 2011年4月23日 | トップページ | 2011年5月1日 - 2011年5月7日 »

2011/04/30

久しぶりに楽しく営業したよ(後編)

 滅多にない繁忙なので、前稿続いて、その報告である。

2011_0429071003tonai0032

→ 草むしりや庭掃除をしていたら、意外な樹木に花を見つけた。ツツジだろうか。小花が一杯、咲いている。

 小生は飲み屋街へは、お客さんを求めてであっても、あまり向かわない。
 自分が飲めないこともあって、飲兵衛さんの相手が苦手なのである。

 酒飲みの気持ちが分からないのだ(これが小生の営業上の致命的な欠点の一つだと認識している)。


続きを読む "久しぶりに楽しく営業したよ(後編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/29

久しぶりに楽しく営業したよ(前編)

 昨日(木曜日)は、久しぶりにタクシーの営業で(特に夜に)とても忙しい時間帯を過ごした。
 28日の木曜日は、翌日の金曜日が祭日であり、その後も、土曜日を挟んで休日が続く。

2011_0429071003tonai0016

→ 山茶花じゃなく、ボタン? とにかく、豪奢な花びらだ。

 給料日の直後の日でもある。
 忙しくなる条件は整っていた。
 しかし、一昨年来の不況がなかなか回復しないなか、この震災での相変わらずの自粛ムードである。

続きを読む "久しぶりに楽しく営業したよ(前編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/28

朋あり遠方より来る(後編)

 庭掃除や草むしりをしていたら、近所の方が通りかかった。
 我が家とは親戚関係にある。
 その方と、四方山話に花が咲いた。
 我が家もだが、その方のお母様も昨年、亡くなられた。

2011_0427071003tonai0030

← 雨の中、車道沿いの垣根の様子を見て回った。雨に濡れて、薔薇の木も、元気に。

 小生が、仕事柄、夜、父や母が入院し、あるいは亡くなった病院の傍を通りかかることがある。
 夜だから、当然のこと、窓の明かりは漏れるはずもない。
 真っ暗な部屋。

続きを読む "朋あり遠方より来る(後編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/27

朋あり遠方より来る(前編)

 昨日は日中、晴れてはいたが、ややひんやりした空気。
 それが、夜の九時ごろ、不意に暖かな風が吹き始めた。

2011_0427071003tonai0029

← ナナカマドに咲く小花たち。可憐だ。雨に降られて、一層、風情が感じられる。

 仕事の最中で市街地にいたが(お客様の待機中)、同僚が南風が吹いてきたんですかね、なんて言っていた。
 そうか、南風が吹き出して、富山の空気も一気に入れ替わったのだ。

 夜中過ぎに帰宅して、空腹を卵豆腐で軽く満たし、お茶を喫しながら、パソコンに向かう。
 いつものパターンである。

続きを読む "朋あり遠方より来る(前編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/26

一人暮らしの地震対策(後編)

 では、ラップが何故、意外にも役に立ったというのか。

Dscf3583

→ 内庭のカエデ。ついこの間まで枯れ木のようだったのが、若葉が一斉に育って、毎朝、玄関の戸を開けるのが、あるいは帰宅の際に内庭を覗くのが楽しみである。

 それは水に関係する。
 地震が生じた時、絶たれるのは電気でありガスであり情報の伝達手段であるが、最も困るのは水である。最悪の場合、給水が可能になるまで三十日の断水が考えられるという。

続きを読む "一人暮らしの地震対策(後編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/25

一人暮らしの地震対策(前編)

 先の、というべきか、福島原発の事故もあり、行方不明者も一万人以上だし、被災者の避難所生活もまだ当分、続きそうなこと、何にもまして余震が続いていることを鑑みると、現在進行形の東北地方太平洋沖地震がもたらした「東日本大震災」。

Dscf3592

← 今日(25日)、雨上がりの晴れ間に自転車で買い物へ。その帰り、近所の大きな公園の脇を通った。綺麗に整備された公園。樹木もよく手入れされている。我が家の庭も、かくありたいのだが…。

 そう、やはり、今も東日本大震災の只中にいるし、東北や関東地方だけじゃなく、日本の広い地域の人々が東北地方太平洋沖地震の余波そのものに怯えている。

続きを読む "一人暮らしの地震対策(前編)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/04/24

田中好子さんの死と『黒い雨』と(後編)

 彼女の突然の訃報にも驚いたが、もっと驚いたのは、以下の事実だった:

死去直後の記者会見において、結婚翌年の1992年(平成4年)に乳がんが見つかり、幾度か再発を繰り返したが、いずれも早期発見で治療を続けながら芸能活動を続けていたことなどが夫の小達一雄によって初めて公式に明らかにされた。闘病の事実はごく一部の親しい関係者にのみ伝えられ、共演者には一切明かされていなかったという

2011_0421071003tonai0023

→ 同じく、裏の畑の隅っこの花壇に咲き誇る水仙たち。他の場所の水仙たちは、既に萎れかけているが、こちらはまだまだ元気だ。

 ところで、スーちゃんの訃報を報じるなかで、彼女が「1989年(平成元年)に公開された『黒い雨』で、主役・「高丸矢須子」役を演じ、日本アカデミー賞・ブルーリボン賞・キネマ旬報賞・毎日映画コンクール・報知映画賞などで主演女優賞を受賞」していたことを思い出させてくれた。

続きを読む "田中好子さんの死と『黒い雨』と(後編)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年4月17日 - 2011年4月23日 | トップページ | 2011年5月1日 - 2011年5月7日 »