« ウルフ『灯台へ』の周りをふらふらと(後編) | トップページ | 富山市豊田そして「豊(とよ)」のこと(後編) »

2011/12/18

富山市豊田そして「豊(とよ)」のこと(前編)

 過日、富山市内の地名に「アラ」が付いている事例が多く、ちょっと話題にしてみた
 ある程度は、想定内だった。
 間違っても、富山の地に「アラ」が多いわけじゃない。 

Bamboo_029

← 富山市某公園で見かけた石の庭。決して、我が家の庭じゃない。枯山水? 夏場など、雨の多いときは、渓流となる? 

 あくまで(県内を流れる常願寺川など、何本もの暴れ川の氾濫などによる)荒れた地が多かった、それを開墾して住地(畑や田圃など)として整えられていったということのようだ。

 富山市内で気になる地名は、ほかにもある。
 それは、「豊田町」である。

 一般に(日本においては)、「トヨタ」というと、愛知県の豊田市だろう。
 愛知県には、「豊」の字の冠せられた市が幾つもある。
 どうやら、「豊田市」以外は、「豊川」が関わっているようである。

 地名に「トヨ」が付く市や町名が多いのは、北海道だとか。
 そこには、アイヌとの関わりが窺われるという。

 一説には、「アイヌ語で、トプヨコロ(無人地)が由来してる。つまり、豊がつく地名は、辺鄙な場所だった可能性が高い。 また、開拓民の願望で豊かな場所への思いが込められている場合もある」とか。

 でも、この「トヨ」アイヌ語源説は、富山に通じると考えていい根拠は見出せない。

Bamboo_036

→ 東屋から眺めると、岩の築山風だと分かる。やはり、滝をイメージしている?

 さて、富山市にも、「トヨ」絡みの地名が集まっている地区がある。
 そこの辺りには、「豊田 豊城 豊丘 豊若 豊島」の各町が隣接している。
 我が家の本家が豊田町にあることもあって、気になる。

 というか、小生は豊田町しか知らなかったのだが、職業柄、富山市内を車でうろうろするようになって、豊田町の周辺には、「豊(トヨ)」絡みの町名が複数あることに気づいたのである。
 どう見ても、「トヨ(豊)」が地名の原点にあると考えざるを得ない。

 そもそも「豊」を「とよ」と読ませること自体が、疑問である。
 字面からすると、「豊」を「とよ」と読むのは、すぐには難しいはず。
 たまたま、戦後、プロレスがテレビの人気番組だった頃、「豊登」という力士上がりのプロレスラーが居て、「豊」を「とよ」と読めることを、漢字に(も)弱い小生にも、読める次第なのである。

Samba_051

← 久しぶりにサンバを見た。演奏とダンスの競演に感激。但し、テレビの「Rの法則 学校自慢スペシャル R’s学園祭~魅せる編~」で。 

「豊(とよ)む」という言葉がある(ことは知らないではなかった)。
 意味は、「正の方向に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」などとか。
 表記の上では、「響動む」もある。

|

« ウルフ『灯台へ』の周りをふらふらと(後編) | トップページ | 富山市豊田そして「豊(とよ)」のこと(後編) »

サンバレポート・エッセイ」カテゴリの記事

写真日記」カテゴリの記事

富山散歩」カテゴリの記事

駄洒落・戯文・駄文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/53505535

この記事へのトラックバック一覧です: 富山市豊田そして「豊(とよ)」のこと(前編):

« ウルフ『灯台へ』の周りをふらふらと(後編) | トップページ | 富山市豊田そして「豊(とよ)」のこと(後編) »