« 坪内稔典著『俳句のユーモア』をめぐって | トップページ | 野口久光の世界(その2) »

2011/11/12

野口久光の世界(その1)

 12日、土曜日、仕事の明けの日で、遅い昼食をとった。
 何かテレビを見ようと、チャンネルをひねったら、「なんでも鑑定団」をやっていた。
 すると、いきなり、何やら素敵な絵が目に飛び込んできた。

20

→ 「『ブリジット・バルドー生誕祭』期間限定 名画ポスター展」に出品された野口久光の手になるポスター。 (画像は、「7月 « 2010 « ミニパラ 映画ニュース」より)

 急いで、名前だけは確認。
野口久光」!
 その名前だけ、とりあえず記憶。

Takaeda_096

← 富山駅北口方面では、十一月から早くもイルミネーションが始まっている。夕方五時過ぎの光景。クリスマス、冬、そして雪…。

なんでも鑑定団」は、担当するタレントが例の事件で変更になってからは、まるで見なくなった。
 前のタレント、話術の才能だけは豊かだったのに。惜しいね。
 あれだけ毒のある話術となると、危ない世界と背中合わせの危険性が常にあるということか。
 北野武はどうなんだろう?

Noguti2

野口久光 - Wikipedia」によると、「野口 久光(1909年8月9日 - 1994年6月13日)は、日本の映画、ジャズ、ミュージカル評論家。画家、グラフィックデザイナー。翻訳家。生涯に1000点を超える映画ポスターを描いたと言われる」とか。
 
 正直、彼の映画ポスターは、しばしば目にしていたのに、ポスターの絵の作者は誰かなど、敢えて確かめようとはしなかった。
 絵に魅力は感じていたのに、芸術性がないからとか思ったのか、それとも、あまりに当たり前に目にして、ただ流していただけなのか。

Noguti3

 彼が「欧州映画の輸入配給会社の東和商事合資会社映画部・図案部に入社」した1930年代は、「欧州映画、時にフランス映画の黄金時代にあたり、4大巨匠と呼ばれるルネ・クレール、ジャック・フェーデ、ジュリアン・デュヴィヴィエ、ジャン・ルノワールを中心に矢継ぎ早に名作、傑作を送り出していた」時代でもあった。
脚本、作品重視のフランス映画はその作品にあったデザイン、レイアウトが求められ、特に東和商事は広告宣伝にもお金は掛けるがデザイナーに任せるという社風だったので、その意味でも久光にとっては幸運であった」とか。

Noguti4

1951年、新たに発足した東和映画株式会社宣伝部に入社。『天井桟敷の人々』『第三の男』『禁じられた遊び』『大人は判ってくれない』など戦後の欧州映画の傑作映画ポスターを数多く描」き、「特に1960年の日本公開の際描かれた『大人は判ってくれない』のポスターは監督のフランソワ・トリュフォーが絶賛し、久光に「素晴しいポスターを描いてくれてありがとう!」とお礼を寄せ、感謝の意を伝えた」という。
 その際のエピソードも、「野口久光 - Wikipedia」には書いてある。

|

« 坪内稔典著『俳句のユーモア』をめぐって | トップページ | 野口久光の世界(その2) »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

近代・現代史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/53227116

この記事へのトラックバック一覧です: 野口久光の世界(その1):

« 坪内稔典著『俳句のユーモア』をめぐって | トップページ | 野口久光の世界(その2) »