« 神通川から立山連峰を望む | トップページ | 「日本画壇の風雲児 中村正義 新たなる全貌」展!(後編) »

2011/11/28

「日本画壇の風雲児 中村正義 新たなる全貌」展!(前編)

 ラジオで名前を仄聞したのか、それとも、車中で新聞を読んでいて、その名を目にしたのか。
 中村正義という名の画家の存在を知った。
 名前を何処かで聞いたような気もしないではないが、小生には、ほとんど初耳の画家だと思う。

Main

→ 「日本画壇の風雲児 中村正義 新たなる全貌」(2011年11月1日(火)~2011年12月25日(日)) おお、今、開催中なのだ。この絵だけを見ると、何処となく「いわさきちひろ」風に見えたりするが、いろいろ作品を拝見すると、かなり違った世界を切り拓いた画家のようだ。 (画像は、「日本画壇の風雲児 中村正義 新たなる全貌|名古屋市美術館」より)

 とりあえず、名前だけ、手帳にメモ。
 帰宅したら、必ず、調べる。
 言えることは、(これまた恐らくは、だが)現物の作品を見たことはないだろう、ということ。

Bosatu2_xl_2

← 中村正義 「菩薩」 (画像は、「中村正義 菩薩 | 銀座画廊おいだ美術 絵画販売・絵画買取」より)

 例によって、「中村正義 (日本画家) - Wikipedia」を覗いてみても、年賦(1924年 - 1977年4月16日)などが書いてあるだけ。
 ただ、テレビでも特集が組まれてきたし、展覧会も何度となく、催されてきたことは分かる。

1271_xl

→ 中村正義 「菩薩」 (画像は、「中村正義 菩薩 | 銀座画廊おいだ美術 絵画販売・絵画買取」より)

 好きな美術館で、小生自身、何度となく足を運んだ神奈川県立近代美術館でも、「反骨・奔走の偉材 中村正義」展が開催されていたのだから、チェックしていてもいいはずなのだが。

10226_xl

← 中村正義 「樹木」 ビュッフェが風景画を描いたら、こんな風かなとも思わせるタッチ。孤独の輪郭を厳しく刻んでいて、印象的。(画像は、「中村正義 樹木 | 銀座画廊おいだ美術 絵画販売・絵画買取」より)

日本画壇の風雲児 中村正義 新たなる全貌|名古屋市美術館」によると、「戦後、「日本画滅亡論」まで登場した日本画壇において、新しい時代の新しい日本画の創造を目指して活躍した中村正義。若くして日展の頂点に登り詰めながら、生来の批判精神と日本画壇の因襲への反発心から日展を脱退して、画題的にも画材的にも、日本画の既成概念を遥かに超越した多様多彩な絵画を描いて、「日本画壇の風雲児」と呼ばれました」などとある。
 以下、説明が施されていて、この頁を覗くと、大よそのプロフィールが分かる

|

« 神通川から立山連峰を望む | トップページ | 「日本画壇の風雲児 中村正義 新たなる全貌」展!(後編) »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

美術エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/53349463

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本画壇の風雲児 中村正義 新たなる全貌」展!(前編):

« 神通川から立山連峰を望む | トップページ | 「日本画壇の風雲児 中村正義 新たなる全貌」展!(後編) »