« 連休はへっぴり腰で(前編) | トップページ | ニューヨークの振動(前編) »

2011/10/29

連休はへっぴり腰で(後編)

 持ち家率の項目では常連だが、富山県は今年も、で全国でトップで、81.5%!
(土地統計調査では、08年に、富山県は持ち家率トップの座から滑り落ちている。)

Ratisfence2_031

→ 今日(28日)、ラティスを一枚、追加して設置。画像を見れば分かるように、ラティスの前に生垣が一本、出しゃばっている。前に迫り出しているので、仕方なく、ラティスを後ろに置いたのである。

 なのに…。
 富山県の人口は減少傾向にあり、とうとう110万人を切ってしまった。
 また、30~34歳の未婚率は男性が46.8%、女性が31.1%と、晩婚化が進んでいる。

Ratisfence2_028

← ラティスを4枚半、設置した全体像。ラティスを垣根代わりに使うってのも、珍しい…というか、変? いつか、竹垣を巡らしたい。まだ何十年も前に設置して、既にすっかり朽ち果てている竹垣が数箇所、残っている。追々、やっていくつもり。


 ちょっとだけ驚いたのは、富山県の在住外国人が1万1002人もいるという事実。
 中国人が4503人。ブラジル人がグッと減って、1955人。ロシア人がもっと多いのかと思い込んでいたけど、ロシアの経済情勢がよくなり、且つ、日本からの中古車の輸出(ロシアにとっては輸入)が減ったことの裏返しなのだろうか。

Ratisfence2_015

→ 月に二度ある連休。その連休を畑の草むしりとラティス設置、そしてドブ浚いに費やした。花壇の土が零れて、側溝の底などに溜まってしまう。側溝の壁面などは、苔がびっしり。毎年、溝(ドブ)というか側溝の底くらいは、浚(さら)ったりはするのだが、今年は徹底的にやった。園芸用の小さなシャベルを使って、苔を削り落とし、底面のヘドロ(?)もろとも、掬い上げ、鍋に受ける。鍋に一杯、溜まったら、我が家の庭に放る。そんな単調な作業を延々と。腰を落とし、あるいは側溝を覗き込むような態勢でやったので、延べ二日間に渡っての作業となった。足腰が痛い。作業を終えたら、前日の畑の草むしり作業と相俟って、腰が伸びなくて、へっぴり腰になっていた。

 何年か前までは、バイパスなど街道沿いの道を行くと、しばしばロシア人とすれ違ったものだった。
 でも、近年は、ロシア人の姿は滅多に見かけなくなった。

Ratisfence2_016

← ここは、ゴーヤや朝顔、マンデビラなどを植え育てた車道沿いの花壇。我が家で一番、日当たりのいい場所であり、車道沿いということで、車を含め人の通りが一番、多い。画像では分かりづらいが、土がコンクリートの壁面よりやや盛り上がっている。なので、雨が降るたび、土が雨に溶け、泥水となって側溝へと流れていく。したがって、側溝の壁面はほぼ常に滋養分を含んだ泥水の恩恵(?)を被っている。側溝の底面に泥が溜まるのは当然だし、苔が蔓延るはずである。恐らくは、毎年のように、野菜作りのための土壌を、継ぎ足していったから、土壌が豊かになったと同時に、土の嵩が増えていったものと推測される。土を多少、減らせばそれで済むのだろう。あるいは、玉龍草(ギョクリュウソウあるいはタマリュウ)龍の髭(リュウノヒゲ)を花壇の隅っこに植えるか。

 それにしても、中国人はともかく、なぜ、ブラジル人が多いのか。
 明治時代末以来の、富山県からの南米への移民の歴史の結果なのだろうか:
富山県 南米協会

|

« 連休はへっぴり腰で(前編) | トップページ | ニューヨークの振動(前編) »

写真日記」カテゴリの記事

富山情報」カテゴリの記事

富山散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/53105189

この記事へのトラックバック一覧です: 連休はへっぴり腰で(後編):

« 連休はへっぴり腰で(前編) | トップページ | ニューヨークの振動(前編) »