« ドクダミの野がコスモス畑に(前編) | トップページ | 我が町・我が家のこと(1) »

2011/10/14

ドクダミの野がコスモス畑に(後編)

 後始末に困ったヒマワリ。
 挙句、そのドクダミの野にすっかり変色したヒマワリの花(種付き!)や幹そのまま、放置してしまった。

Cosmos_027

→ 数年前までは、田圃だったのだが、こうなったら、コスモスとヒマワリの野にするしかない。台風の余波の強風などで、八月末に大半が根こそぎやられたにも関わらず、しぶとく生き延びてくれた。一瞬だが、雑草の蔓延る我が家の庭にも植えるかとも考えたが、他の植物を圧倒しそうなので、自制する。外来植物なのだし

 そのヒマワリの残骸は、翌年は、そのままだった。
 翌年、つまり、昨年は、父母らのことで手一杯で、庭も畑も、世話など論外だった。

 記憶では、当時はそこはすでにドクダミの野のままだった。
 それが、今年の春、連休前後の頃に、ヒマワリが育ち始めていたのだった。

11070530

← ドクダミを一掃して、残ったのは、コスモスたちとヒマワリたち。何年かのちには、コスモスかヒマワリの野にする!

 小生は気づかなかったが、近所の方が、ヒマワリが育っていると教えてくれて初めて分かったのである。
 そのとき、「コスモス、咲いとんがないけ」と教えられたのだった。
 言われないと、コスモスとは分からないままだったかもしれない。


Cosmos_026

→ ドクダミの圧倒的な群生の中で、よくぞコスモスたちはここまで育ってくれた。…といっても、今も野の3分の2は、ドクダミの野なのである。年々、コスモスとヒマワリたちに縄張りを広げてもらう。

 連休の前後に、ドクダミの野のドクダミなどの雑草を炎天下、退治した際に、一緒くたに毟り取ってしまっていたかもしれない(ヒマワリは、さすがにヒマワリと分かるので、温存したに違いないが)。


 まだ、緑の草に過ぎないコスモスだったが、似たような雑草も生えていたので、注意深く選り分けて、ドクダミなどの雑草は毟り取り、幾許かのコスモスとヒマワリだけの野にすべく頑張った。

11070543

← 本年七月上旬の野のようす。ドクダミ退治作戦終了後の野の様子。…無論、その後もドクダミはしぶとく生き残っている

 畑の隅っこに育ったヒマワリたちと違って、ドクダミの野のヒマワリたちは、さすがに育ちが弱弱しかった。
 根が蔓延っているドクダミに相当、栄養分が奪われ、栄養摂取競争で、押され気味だったのだろう。
 それでも、ドクダミを極力退治したお陰でか、育ちは遅かったものの、順調に育って、畑のヒマワリよりは遅めにに、背丈も立派になってくれた。


 コスモスも、六月前にはもう花を咲かせ始めた。
 夏どころか、秋の花だというのに!

Cosmos_012

→ 古くに設置されていた竹垣が、長年の風雪にすっかり腐食。強風が吹くたびに、一本、また一本と折れたり取れたりする。といって、自分で竹垣を設置する能はない。なので、実験的にラティスを設置。上手くいったら(評判がよかったら)、庭の道路沿い面に経巡らす…かも。

 そんなに早くから咲き始めたら、夏場の暑さで参っちゃうのではないか、なんて心配したりして。

 そんなコスモスたちが、九月末から育ちに勢いが出てきた。
 十月に入ってからは、我が家の茶の間から遠望する限りは、ドクダミの野が、コスモス畑にしか見えない、それほどの花々が咲き誇りだしているのだ。

Cosmos_014

← 我が家の庭にクマ、出現 ? ! 実は、ちょっとメタボ風な黒猫。何かエサを発見したようだ。我が家の庭を、白猫、白と黒のブチ猫、そしてこの黒猫の3匹が縄張りにしているらしい。

コスモス関連拙稿:
ドクダミの野にコスモスが
ドクダミの原をコスモスの野に
(「トーストとコーヒーの生活」)

|

« ドクダミの野がコスモス畑に(前編) | トップページ | 我が町・我が家のこと(1) »

写真日記」カテゴリの記事

富山散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

駄洒落・戯文・駄文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/52982909

この記事へのトラックバック一覧です: ドクダミの野がコスモス畑に(後編):

« ドクダミの野がコスモス畑に(前編) | トップページ | 我が町・我が家のこと(1) »