« 三匹の仔トラの夢(後編) | トップページ | シルクの海 »

2011/09/22

ロスコの音

 オレは、薄明の夜空を眺めていた。
 月影の町が青い光の海に漂っている。

In_the_tower__mark_rothko

→ マーク・ロスコ (画像は、「マーク・ロスコ - Wikipedia」より)

 夜空は磨り減った青く透明なタイルだ。空一面の巨大なタイル。その半面は限りなく透明な青。でも、残りの半面は、オレには見えない。
 もしかしたらオレンジ色、それとも真っ赤な血の色のレンガなのかもしれない。

 不意にいつか見た、マーク・ロスコの絵を思い出した。


 展示された作品の脇には、抽象表現主義的な作品と説明されていた。オレにはそうは思えなかった。

 なんだか、やたらと神経に障るものがあった。精神の世界に沈潜している、好意的に理解すれば、そういうことになるのかもしれないけれど、オレには、ロスコが世界を拒絶しているように思えてならなかった。

 オレたちの世界を忌避して、そして彼は超越的な世界を夢見ている。

 ふん、勝手にしろ、だ。そんな夢を追っていられるなら、最初から訳の分からない世界に踏み迷うはずがなかったんだ。オレにあるのは、糞詰まりを起こした涙腺、やけに高鳴る心音、ピクピク引き攣る頬、乾いた喉、隣りからの視線、眠れない夜、そして…、やたらと甲高い金属音なのだ。

 オレの音。オレを駆り立てる音。あの音をもう一度、聞きたい!
 際限もなく縮小していく心。折り畳まれ、幾重にも重ねられ、その上を踏みつけにされ、そうしてオレは、消え入る寸前なのだった。オレとは、厚みのない箱、幅のない面、長さのない線なのだった。オレは、世界の中で芽吹くことができずに、無闇なまでに血肉が抉られてしまたのだった。世界の中で、オレは、負の世界への虚の洞窟なのだった。


路上小風景(3)」(03/11/10 作)より抜粋)

|

« 三匹の仔トラの夢(後編) | トップページ | シルクの海 »

創作・虚構・物語」カテゴリの記事

創作(オレもの)」カテゴリの記事

祈りのエッセイ」カテゴリの記事

駄洒落・戯文・駄文」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
ロスコの画は赤ですね。どうもこのあたりの画は分かりませんが、赤でも少し違う赤ですね。色だけの世界で不思議な感じがします。

投稿: シゲ | 2011/09/23 19:39

シゲさん

コメント、ありがとうございます。

マーク・ロスコの絵、確かに、不思議な雰囲気の世界です:
http://artofposter.com/myweb1_015.htm

きっと、深い内省の世界なのでしょうね。

投稿: やいっち | 2011/09/24 21:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/52802173

この記事へのトラックバック一覧です: ロスコの音:

« 三匹の仔トラの夢(後編) | トップページ | シルクの海 »