« 富山市街地には坂がない | トップページ | ドクダミの野にコスモスが(後編) »

2011/06/28

ドクダミの野にコスモスが(前編)

 畑に種を蒔いた、野菜や花々は、ほぼ全滅に近い状態。枝豆、一株、鳳仙花、一輪だけ、辛うじて育った。


2011_0628071003tonai0005

→ 五月の始め頃だったろうか、ビニールの鉢に入ったちっちゃな苗で買ったゴーヤ、今月の半ばには開花し、背丈も人の腰の高さにまで育ってくれた。

 そんな中、嬉しいことがあった。

 昔、我が家の田圃だったが、稲作ができなくなって、人の手に渡った土地。

2011_0628071003tonai0021

← 今までは折れないように、そして、ゴーヤのツルが巻き付けるように、つっかえ棒を添えておくだけだったが、今日、ネットを張った。いよいよ緑のカーテンへ第一歩である。このネットも、早晩、もっと高いものに張り替えないといけないに違いない…期待を込めて、そう思う。

 その元は田圃だった土地は、今は、管理をかねて、近所の方たち数人が分け合って、それぞれに好きな作物を育てる畑にしている。


2011_0628071003tonai0023

→ 三株のゴーヤの列に向かって左側には、マンデビラが三輪、育っている。これも背丈が大きく伸びると聞いて、朝顔などと一緒に買ってきて育ててきた。その朝顔は、育ちが今ひとつ。一昨年も朝顔は、店側が言うほどには元気良くそだってくれない。

 我が家の分も割り当てがある。
 割り当てをした頃、母は入院していた。

 
2011_0628071003tonai0015

← そのマンデビラも、一輪だけ開花していた。今朝、この細長い花壇に水遣りに行って、開花に気づいたのだ。昨日は咲いていなかったのが、一気に大輪の花を咲かせるなんて、ドラマチックだ。

 でも、退院したら、母が畑を遣るから、数メートル四方の一角だけ、残されていた。

2011_0628071003tonai0020

→ 他のマンデビラも、開花は間近の予感。もう、今にもはち切れそうだ。ちょっと優しくこすったら、いっちゃうかもしれない ? !

 けれど、母は退院したものの、車椅子生活。とてもじゃないけど、畑作などできない。

2011_0628071003tonai0012

← 一昨年の台風の強風に懲りて(十メートルほどの高さの杉の木が幹の中途で折れてしまった、しかも、隣家の茶の間の窓に倒れ掛かったりして…)、上のほうを伐採し、高さを半分にした松。この松は、今やカラスの恰好の止まり木になっている。

 父は、昔から畑だった十メートル四方の土地で畑作をやってきていて、それで手一杯。

2011_0628071003tonai0013

→ 番(つがい)なのだろうか、この二羽のカラスは、我が家のこの松をしばしば止まり木にする。枝葉を刈り込んでしまったので、鳥たちの隠れ家にはなりそうにないけど、休憩所にはなっているようだ。

|

« 富山市街地には坂がない | トップページ | ドクダミの野にコスモスが(後編) »

写真日記」カテゴリの記事

恋愛・心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

駄洒落・戯文・駄文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/52068683

この記事へのトラックバック一覧です: ドクダミの野にコスモスが(前編):

« 富山市街地には坂がない | トップページ | ドクダミの野にコスモスが(後編) »