« トカゲは我が庭の守り神(前編) | トップページ | 富山市街地には坂がない »

2011/06/26

トカゲは我が庭の守り神(後編)

 そのトカゲは、庭の縁石の上で、一端、動きを止めた。
 石の上が日当たりがよくて、それでつい止まった、というより、小生の巨大な影の動きを観察したものと思われる。

2011_0626071003tonai0022

→ 今朝、表の通り沿いの花壇に育つゴーヤなどの様子を見に行ったら、竹垣の藪(?)の中に何か、白っぽいものが。気になって覗き込んでみたら、花々が咲いているのだった。生い茂る葉っぱの陰で目立たなかった。何時から咲き出したのだろう。

 小生がポケットからデジカメを取り出す、その気配を感じたのか、すぐに動き出し、草むらの中へ姿を消し去った。
 その動きの早いこと。
 俊敏さに驚かされた。
 天気がよくて、体も温まっていて、俊敏さに繋がっていたのだろうか。

 俊敏だが、大概、見かける場面というと、何処かの岩(石)の壁面で日向ぼっこしている、のんびりした姿である。
 
 それからは、天気のいい日、雨の降る気配のない日には、しばしば姿を見かける(雨の日は、姿を現さないのか)。
 一匹か、居てもほんの数匹かと思っていたが、同じ日に違う場所で見かけるし、大きさもまちまちである。

 やはり、何匹かは分からないものの、ほんの数匹ではないような気がする(実際のところは分からない)。
4-5月に交尾をし、5-6月に石や倒木等の下に掘った巣穴に1回に5-16個の卵を産む」というから、どうやらやはり、五月以降は、トカゲの一番、活発に活動する時期のようである。

2011_0626071003tonai0029

← 昨日(土曜日)は、営業の日だった。表通りから一歩、脇に入った路地で待機・休憩。車窓からは富山市役所の市庁舎が望まれる。「富山市庁舎は周辺街区に高さを合わせ、西館・東館を新旧都市軸に沿った南に開いた配置になっている。この2棟の間をアトリウムとし、その中心に塔を配している。アトリウムは三角形の大屋根を持つ8層吹抜の大空間で、オープンオフィスが面し、外部環境を和らげつつ、市民の集まる場所にふさわしい解放感を作り出している」とか。この市庁舎は、日本建築学会賞などを受賞している。

「食性は動物食で、昆虫類、クモ、甲殻類、ミミズ等を食べるが、果実を食べることもある。天敵はネコ、イタチ、アナグマ、ヘビなどの肉食動物である」というから、人間が苛めたりしない限り、あるいはネコに狙われない限り、藪(?)や使われなくなった作業小屋(納屋)などがあり、昆虫はともかく、ミミズはたっぷりいる畑もあったりする我が家の庭は、トカゲの天国なのだろう。

 それにしても、ちょっと不思議である。
 小生が帰郷したのは、3年前の2月末。
 毎年(昨年の春から夏にかけては事情が違うが)、春先からは草むしり作業に追われる日々を送る。
 なので、庭や畑は、週に三日は作業するし、庭を歩くのは、雨の日も歩くから、毎日と言っていい。
 なのに、昨年まで、トカゲを見かけたかどうか…。

09062121

→ 一昨年の6月、見かけたトカゲ

 と思って調べたら、昨年の6月、「我が家の庭はトカゲの巣?」なる日記を書いていた!

 それでも、今年は異常に多い気がする。
 何かの前触れ?
 
 まあ、ヤモリが家の守り神と見做されたりするように、トカゲも我が家の、あるいは我が家の庭の守り神と思い、静かにその生活を見守ろうと思う。

|

« トカゲは我が庭の守り神(前編) | トップページ | 富山市街地には坂がない »

タクシーエッセイ」カテゴリの記事

写真日記」カテゴリの記事

富山情報」カテゴリの記事

富山散歩」カテゴリの記事

思い出話」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/52032508

この記事へのトラックバック一覧です: トカゲは我が庭の守り神(後編):

« トカゲは我が庭の守り神(前編) | トップページ | 富山市街地には坂がない »