« 「安室奈美恵」さんに絡んでみました!(番外篇) | トップページ | なぜか、「ぜんざい」の話(後編) »

2011/05/23

なぜか、「ぜんざい」の話(前編)

 過日、NHK-BSで、石野真子、浅香唯、石川ひとみら、往年のアイドル歌手の特集をやっていた。

Shirukozenzai

→ 「ぜんざい(汁粉)」 (画像は、「ぜんざい - Wikipedia」より)

 みんなそれぞれに大人になっている。
 ああ、彼女らが全盛だったころが、小生もある意味のピークだったのかな、なんて感懐に耽っていた。


 しかし、その感懐も、石野真子さんの変身ぶりに吹き飛ばされた。
 大人の色気がたっぷりと。
 
 すっかり大人の女性となった石野真子さんが歌う際の、ちょっとした仕草の一つ一つに女を感じさせる。

 彼女の歌う姿が脳裏に焼きついていて、ああ、録画しておいてよかった、なんて思っていた。

 すると、今日の昼、食事中、NHKの昼の番組を見ていたら、なんと、ゲストが石野真子さん。
 おお、これは我輩への天の恵みだと、番組の内容など一切、関係なく、石野真子さんに見蕩れていた。

 見蕩れるのはいいが、録画するのを忘れちゃ、あかん!

2011_0520071003tonai0023

← 開花直前のジャーマンアイリス。撮影日は、5月20日。実際、23日の朝には開花していた。

 ところで、その縁結び(といっても、小生と石野真子さんとの、ではない!)がテーマの番組の中で、「ぜんざい」が話題の一つになっていた。

 出雲大社へ続く沿道は、大社の前の巨大な鳥居と、駅近くの巨大な鳥居との間の五百メートルで、「神道」と称しているらしい。
 その沿道に縁結びにちなんだ各種の店が出ている。
 その中に、「ぜんざい」の店も出店している。


 番組によると、松江というか、出雲(大社町 佐太神社)は「ぜんざい」の発祥の地(社)なのだとか。
 
 まあ、地元ならではの話なので、学問的にどうなのか、という杓子定規なことは脇においておく。
 しかしながら、地元では、「ぜんざい学会」なるものもあるというのだ。

 調べてみたら、ホームページが見つかった:
日本ぜんざい学会」(10月31日は出雲ぜんざいの日です)

2011_0520071003tonai0037

→ 仕事で、富山県の立山町へ足を伸ばした。さすがに田園風景が広がる。屋敷林というと、富山県では、砺波平野の「垣入(かいにょ)」が有名だが、屋敷林そのものは、富山の郊外の地へ行くと、方々で見ることができる。我が家だって、見方によれば、屋敷林の端くれなのだ(← 成れの果てだ、という声もあるが)!

 地元、出雲市大社町では、「ぜんざい」は当町が発祥の地であるという歴史資料(伝承)の発見を契機に、「ぜんざい」を町おこしの具にしている。

Mako7_5

← 「石野 真子

日本ぜんざい学会」にも、「日本ぜんざい学会」発足の目的を、以下のように高邁に掲げている:

本会は、「ぜんざい(神在)」発祥の地は出雲にあるという伝承に基づき、その真実をさらに探究するとともに、世界に誇れる和の食文化「ぜんざい」の歴史と味覚を世界に情報発信し、あわせて「神話の夢舞台出雲」の魅力を広く伝えることを目的とする。

「ぜんざい」に絡む文献の発見を、町おこしの千載一遇のチャンスと捉えているわけである!

|

« 「安室奈美恵」さんに絡んでみました!(番外篇) | トップページ | なぜか、「ぜんざい」の話(後編) »

テレビ情報」カテゴリの記事

写真日記」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/51748188

この記事へのトラックバック一覧です: なぜか、「ぜんざい」の話(前編):

« 「安室奈美恵」さんに絡んでみました!(番外篇) | トップページ | なぜか、「ぜんざい」の話(後編) »