« せめて緑のカーテン の訳は?(前編) | トップページ | 我が家の庭は紫なり(前編) »

2011/05/19

せめて緑のカーテン の訳は?(後編)

 キウイ(雌雄とも)、イチゴ、トウモロコシ、ナス、ネギ、タマネギ、唐辛子、シソ、チューリップ、アガパンサス、フキ、クレオメ(西洋風蝶草)グラジオラス……。


2011_0505071003tonai0070

→ これまた名前が分からない木である。とっくに竹垣を飛び出して育ってしまっているので、放置状態である。幸か不幸か、成長が遅いので、弄らないでも大丈夫なのだ。

 上記の数々は、小生がたまたま名前を知っているものに過ぎない。
 名前の分からない花々は、リストアップのしようがない!


2011_0505071003tonai0069

← これも、名称不詳の木(?)。上掲の木同様、竹垣の下を擦り抜けて、溝越しに車道へ飛び出そうという勢い。まあ、成長は遅いので、あと数年は放っておいてもいいだろうが。

 水仙、チューリップ、ジャーマンアイリス、ムラサキツユクサなどなど、小生が庭や畑の世話を請け負うようになって、我が家の庭は随分とさびしくなった。
 とにかく、色気がない!


2011_0505071003tonai0074

→ 門前というか、家の庭の入り口附近の庭には、生垣の下に、庭を縁取るように、竜の髭などいろんな植物が繁茂している。もっともっと密生させたい。雑草の生える余地のなくなるように。ドクダミに庭が占領される前に。

 昨年はともかく、今年は、庭元年として、まずは、グリーンカーテンを再開させる
 ゴーヤ、朝顔、マンデビラなどの苗を南向きの(車道沿いの)花壇に植えた。
 一昨年のように、見事な、見事過ぎる緑のカーテン(簾)が夏までに、育つだろうか。


2011_0505071003tonai0076

← 蔵の前にある表の庭にも、各種の樹木や草が。この木々も正体が分からない。右奥の木は、このブログ日記に何度か紹介したアセビ。
 
 実を言うと、三月末に、グリーンカーテン用にと、畑に各種の花やシソなどと共に、ゴーヤの種も植えた。
 しかし、既に一ヵ月半以上を経過するのに、畑には芽が全く出てこない。
 
 全滅か?!

2011_0505071003tonai0054

→ 植物の生命力というか、成長する力はすごい。道路の舗装の亀裂部分、縁石の透き間、そして、寝室の外のコンクリートの段差の透き間を縫って、カエデ(?)がニョキニョキと。この先、育ちようがないと思うのだが…。

 今は、ムラサキツユクサとジャーマンアイリス、雑草のはずのタンポポくらいしか、花はない。
 これでは、殺風景過ぎる。
 
 なので、色とりどりの華やかな庭は無理でも、せめて緑のカーテンだけは、出来て欲しいのである。
 緑一色の庭だって、いいじゃないか!
(↑ 開き直り?)

2011_0505071003tonai0073

← これも正体の分からない草。どうやら雑草ではないようなので、竜の髭と共に、育って繁茂してくれるよう、願っている。雑草じゃないよね?

 それにしても、植物についての知識、園芸の知識がなさ過ぎる。
 
 日々、雑草の草むしりに勤しんでいるのだが、雑草と、そうじゃない(花となる)芽との区別ができない。
 車道沿いの花壇で草むしりしていて、せっせと毟っていた草が、実は朝顔の芽だった、というドジを平気でやらかす小生なのだ。

|

« せめて緑のカーテン の訳は?(前編) | トップページ | 我が家の庭は紫なり(前編) »

写真日記」カテゴリの記事

富山散歩」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

駄洒落・戯文・駄文」カテゴリの記事

コメント

こんばんは(*^-^)
木の名前ってわかりませんよね
難しいです
最後のはホタルブクロのような気がします
かなり蔓延るので引っこ抜いたつもりでも生きてますよ
ほっておいても咲いてくれるのでいいと思います!
我が家の庭 今年は何を思ったか
夫が綺麗に草取りをしてなんにも無くなってしまいました(T_T)
男の人は花芽と雑草の区別がつかないのかな?
興味の問題かな?

投稿: KIKO | 2011/05/20 00:07

ごぶさたしています。一番上の木ですが、写真からはよくわかりませんが、葉をよくみてもらえませんか。左右対称でなく少しひしゃげた?形であれば、まちがいなくアレです。
こんなところに、こんな木が?!と驚ろかれるような木ですが、案外どこにでもはえてくる木なのです。

投稿: かぐら川 | 2011/05/20 21:33

KIKOさん

こんにちは!

最後の、ホタルブクロなんですね:
http://www.hana300.com/hotaru.html

花も咲いてくれるみたいだし、この植物だったら、蔓延るように生い茂っても、ウエルカム、です。


庭の雑草退治、なかなか大変です。
小生も、昨年、かなりの失敗をしました。
言い訳をすれば、父母のことがあって、例年なら春先から行うはずの草むしりを、夏場まで全くできなくて、一応の片が付いた、八月の途中から、ようやく庭や畑に向き合えるようになったこと。
畑にしても、雑草が腰の辺りまでに伸びて生い茂ってしまっていて、もう、花も野菜もあったものじゃなく、ひたすら片っ端から雑草(かどうか)退治をやったものでした。
その際、大切な花や野菜も、相当ダメージを受けた模様。

男の人…というより、野菜や花などに関心があるかどうかで、小生のように疎いと、失敗も多いし大きいということでしょうね。

投稿: やいっち | 2011/05/20 22:14

かぐら川さん

来訪、コメント、ありがとうございます。
嬉しいです。
お元気ですか?
強力な助っ人が来てくれた感がありますよ。

葉が、「左右対称でなく少しひしゃげた?形であれば、まちがいなくアレ」ですか。
なるほど!
って、あれ?

明日、調べてみますね。
気になりますもの。

投稿: やいっち | 2011/05/20 22:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/51707171

この記事へのトラックバック一覧です: せめて緑のカーテン の訳は?(後編):

« せめて緑のカーテン の訳は?(前編) | トップページ | 我が家の庭は紫なり(前編) »