« まだまだ芽吹きの春(前編) | トップページ | 富山ライトレール開業5周年! »

2011/05/04

まだまだ芽吹きの春(後編)

 昨日から、営業の車中での待機中に、デイヴィド・マクラガン著の『アウトサイダー・アート』(翻訳:松田和也 青土社)を読み始めた。

2011_0501071003tonai0034

→ この日曜日に撮影したばかりなのに、どの木の若葉だったのか、分からなくなった。春芽。若葉。

 アウトサイダーアートへの関心は、二十年来のもの。

 実際、本書の冒頭に数多く載せられている画像(作品)の多くは、小生には馴染み。

 本ブログでもアウトサイダーアートやアーティストは何度も取り上げてきた。
 小生は、抽象表現主義芸術や、アール・ブリュット系統の作品(作家)、谷内六郎やアメリカンナイーブとは違う性格の、ナイーブアートに惹かれてきた。

6b469cf249f1f8f7de91ce8f654614af77c

← デイヴィド・マクラガン著『アウトサイダー・アート 芸術のはじまる場所』(翻訳:松田和也 青土社) 「芸術は境界線上で生まれ変わる。アウトサイダー・アートの作家たちの規制の枠にとらわれない表現は、今や世界中の人々を惹きつけるものとなり、そもそも彼らを外部(アウトサイド)の存在と見なす価値観自体が問い直されようとしている。数多くの魅力的な作品のなかに、これからの芸術の可能性が見えてくる」といった本。


 幼児かせいぜい小学校の一年くらいまでの子供の絵の中に、時折、びっくりするような作品に遭遇することがある。学校教育で感性が飼いならされる前の、野獣的な表現、感性の爆発。

 多分、惹かれるといった表現では済まないくらいの関心。

Kuragenazuna

→ 「クラゲ」 (by なずな) この絵に触発されて、「ディープタイム/ディープブルー」などのモノローグ風作品を書いた。

 アウトサイダーアートやアール・ブリュット関連拙稿に、以下がある:
アウトサイダーアート…あなたはもう帰れない
誰も皆アウトサイダーの行く末は…
美に焦がれ醜に嵌って足掻く日々
アウトサイダー・アートのその先に
菅原教夫著『現代アートとは何か』
バスキアの剥き出しの詩情の傷ましき
マイルス・デイヴィスの絵画へ


2011_0501071003tonai0035

← この木の若葉だったっけ。といいながら、この細長い木の名前は未だに分からないでいる。梅雨が近づくと、柿の木と同様、よく、害虫に取り憑かれる。
 小生には、アウトサイダーアートやアール・ブリュット関連拙稿は、まだまだあるよ:
アフリカの詩に育まれて:ヴィフレド・ラム
白髪一雄から遠く
三人のジャン…コンクリート壁の擦り傷
谷川晃一著『絵はだれでも描ける』
綱渡り師とオースターとクレーと
ディープスペース:ポロック!
ディープタイム/ディープブルー


2011_0501071003tonai0036

→ 数年前まで我が家の田圃で、今は人の手に渡り、近所の方たちの畑として利用されている一角。その隅っこに、コンクリートの溝に沿うように育つ謎の植物群。雑草なのか何なのか分からず、扱いに困っている。

|

« まだまだ芽吹きの春(前編) | トップページ | 富山ライトレール開業5周年! »

写真日記」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/51569743

この記事へのトラックバック一覧です: まだまだ芽吹きの春(後編):

« まだまだ芽吹きの春(前編) | トップページ | 富山ライトレール開業5周年! »