« コロンブスの赤い月(後編) | トップページ | 田中好子さんの死と『黒い雨』と(後編) »

2011/04/23

田中好子さんの死と『黒い雨』と(前編)

 昨日(22日)の朝、仕事に出かける用意や食事の準備に取り掛かる前、ニュースを見ようとテレビのスイッチを入れたら、びっくりするニュースが飛び込んできた。
 キャンディーズのメンバーの一人として活躍し、アイドル歌手であり、女優として存在感を増していた、田中好子さんが亡くなった、というのである。

2011_0421071003tonai0041

→ 裏の畑の隅っこの花壇に育つチューリップも、いよいよ見ごろに。今日の寒さや雨に耐えて、明日には満開かも。

 田中さんの突然の逝去。
 愛称はスーちゃんで親しまれていた。

 驚き。
 55歳だった。もっと若いと思っていたけれど、それにしても、若すぎる死である。
 彼女のことは、テレビに限らず、あれこれ伝えられていて、小生などが何を言うこともないだろう。

 彼女は、「1973年(昭和48年)9月1日、キャンディーズとして「あなたに夢中」で歌手デビュー」した。
 小生が大学生となり仙台で学生生活を送り始めたのは前年の四月。
 その約一年半後に彼女(ら)が一気にブレイクし活躍し始めたわけである。
 
 小生にとっては不幸なことに、当時は下宿生活を送っていて、小生の部屋にはテレビなどはなかった。
 たまに、下宿の娘さんたちがいないなど、下宿の大家さんの茶の間がさびしいとき、夕食の際、下宿の仲間が茶の間に呼ばれ、テレビを見させてもらう。
 あるいは、朝食と夕食の二食の賄い付きの下宿なので、昼食だけは外食。
 そんなときは、(自分が一人の場合だが)漫画の本(少年マガジン)とテレビのあるラーメン店に行く。

05266652

← チェット・レイモ/著『夜の魂 天文学逍遥』(山下知夫/訳 工作舎) ずっと車中での待機中に読んできたが、残り数十頁となったので、残りは自宅で。今日、読了。23年前の本だが、文章の面白みは褪せていない

 そうタイミングよくキャンディーズが出てくるわけもなく、彼女らの活躍ぶりは、冬休みや夏休みに帰省した際、テレビにかじりついて楽しんだ。
 ほぼ同年代(小生より二歳年下)の女性らの超ミニスカートでの踊りと歌に感激した。
 歌ももちろん好きだし、ほとんどの歌は口ずさめるが、若い盛りの(付いた?)小生には、彼女らの姿格好は刺激的だった。
 はずだが、上記したように、生憎、学生時代はテレビとはすれ違いの時代で(小生はテレビっ子である。事情が許されるなら一日中でもテレビを見ていたい、テレビをつけておきたい人間なのである!)、1978年(昭和53年)4月4日にキャンディーズは解散してしまうまで、彼女らの勇姿(?)を堪能することができなかった。
(そのすれ違いは、ピンク・レディー(Pink Lady)についても言えて、1976年にデビューし、1977年〜1978年の約2年間に絶頂期を迎え、1980年9月1日、ピンクレディーは二人揃って「解散宣言」し、1981年に解散するまでの時期は、やはりテレビがなくて、彼女らの超ミニスカートでの歌そして踊りをじっくり楽しむことはめったになかった。)

 あの時代にテレビがいつでも視聴できていたら、刺激をたっぷり受けて、勝手にお世話にもなれて、もっと違う世界に行けていたかもしれない、なんて思ったりする。

 彼女の訃報を特集するテレビ番組の中で、彼女についていろいろ初耳のことを知った。
「NHK「趣味悠々」出演を通じて墨彩画に出会い、俳優で墨彩画家でもある片岡鶴太郎に師事」とか、水谷豊が伊藤蘭の夫だとか、彼女は少女時代、ガキ大将だったとか、自由民主党政務調査会長の石破茂氏が長年のキャンディーズフリークだったとか…。

 まあ、彼女を巡って書き始めると、止め処なくなってしまう。
 今はただ、冥福を祈るのみである。

 合掌!

|

« コロンブスの赤い月(後編) | トップページ | 田中好子さんの死と『黒い雨』と(後編) »

写真日記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

訃報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/51471701

この記事へのトラックバック一覧です: 田中好子さんの死と『黒い雨』と(前編):

» 田中好子 [今日の旬なニュースダイジェスト]
ゆか&さちの交換日記: 田中好子さんの訃報 元キャンディーズの田中好子さんの悲しい訃報。 ドラマ『ちゅらさん』のお母さん役がとっても好きで、 だから女優としての田中好子さんには期待してた。 わーん。悲しい。残念。 『ちゅらさん』のお母さんは、 あったかくて、包容力があって、 ...(続きを読む) 田中好子の最新情報: 気分爽快 田中好子の最新情報,このブログはディープリンク対応アンカーツール【ぐるリンぱ】と付属ツールで自動投稿していますサテライトサイトの面倒で手間がかかりますぐるリンぱと付属ツールは... [続きを読む]

受信: 2011/04/24 08:22

« コロンブスの赤い月(後編) | トップページ | 田中好子さんの死と『黒い雨』と(後編) »