« 2007年つながり、という話 | トップページ | 福島原発の事故を日本のエネルギー政策の転換の契機に »

2011/03/11

国内史上最大級M8.8の地震が発生した!

 今日午後、震度7を記録した地震が発生した。震源地は三陸沖で、震源の深さは約10キロ。マグニチュード(M)は8・8。関東大震災のM7・9を上回り、気象庁によると国内観測史上最大級
 地震の震源は牡鹿半島の東南東130キロ付近だという。
気象庁は、マグニチュードについて、3月13日になって、8・8から9・0に変更した。「マグニチュードが0.2大きくなると地震のエネルギーは2倍になる。今回の地震のエネルギーは、関東大震災の約45倍、阪神大震災の約1450倍になる」という。]


Itofig1

→ 「立山大鳶山抜図」 (画像は、「日本地震学会:なゐふる:vol.29 (5-8) 絵図から情報を汲む 第4回 飛越地震と大鳶崩れ」より)

 小生は、待機のため営業所の休憩室にいたときに、地震の発生を知った。
 ソファに腰掛け、同僚らと共にテレビを見たり、歓談したりしていた。
 そのうち、敏感な方が、あれ、揺れてる、地震? と呟き始めた。

 最初は小生は感じなかったが、しばらくして、小生も揺れを感じた。震度にして3ほどか。
 もし、震源が富山近辺じゃなく、東北の太平洋側だったら、とんでもなく大きな地震かも、という思いが脳裏を過ぎったが、まさか、と思っていた。

 しかし、テレビで情報がドンドン流されてくる。
 最初は東京のテレビ局の地震直後の光景。
 東京でも震度5を記録したという。実際、東京でも人的被害が出た

 しかし、本当に悲惨な事態に遭遇していたのは、東北地方。
 宮城県の栗原で震度7という!

東京電力福島第一原子力発電所(福島県大熊町、双葉町)1~3号機で、地震によって運転が自動停止した後、緊急時に水を注入して、炉心を冷やす「緊急炉心冷却装置(ECCS)」を稼働させる非常用電源(ディーゼル発電機)が故障するトラブルが発生した」とのことで、放射能漏れは確認されていないものの、「政府は、同日午後7時50分、事態に万全の態勢で臨みたいとして、原子力災害対策特別措置法に基づき、原子力緊急事態を宣言」する事態に至った。

 この宣言は、平成十一年にこの法律ができてから初めてのこと。
(その後、「福島第1原発2km内に避難要請」(その後、指示に切り替わった)も出た。)

 思い返せば、阪神淡路大震災の際も、阪神地方が震源なのに、当時、東京在住だった小生は、東京で地震の揺れを感じたものだ
 東京か、関東の何処かが震源かなと、早朝にも関わらずテレビをオンにしたら、なんと、震源地は関西、神戸のほうだというではないか
 
 今回は、小生は富山市において、東北、それも太平洋側(宮城県の沖合い)が震源地の地震(と相関する)揺れを感じたことになる。
 その規模の凄まじさが想像されようというもの。

 地震発生の一報に続いて、というか、相前後して津波情報が。
 それも、大津波警報が太平洋側一帯に出されている。
 津波警報や津波注意報も、幅広く。
 やがて、富山にさえ、津波注意報が出され、新潟などで20センチほどの津波が観測されたのである。

 地震の被害も甚大だが、津波の被害は、徐々に判明してきた。
 一つの部落が根こそぎ、津波に浚われてしまったり、空港が津波に呑み込まれたり、宮古市の漁港などは一度は、津波のそこに一帯が沈んでしまったりした。

 テレビの報道で流される津波被害の映像で、家々などの家屋や漁船や車、コンテナーなどが流される…と思っていたら、テレビ画像に人が流される光景さえ、垣間見られた。
 現在進行形の悲惨な状況が今、テレビで流されているのだ。 

 この度の地震で驚くべきことは震源域の広さなど、多々ありそうだが、その一つは、余震が最初の地震より大きかったこと。
(今の段階では断定はされていないが)「三陸沖でマグニチュード(M)8.8を記録した大地震について、気象庁は、今月9日に宮城県北部で震度5弱の揺れを観測した地震(M7.3)の本震の可能性もあるとの見方を示し」ているのだ。


地震関連拙稿:
リスボン地震…仮の宿も終の棲家と見定めて
1995年の二つの事件
飛越地震から150年
『鯰 イメージとその素顔』は…楽しからずや
「地震」は「なゐ」という

|

« 2007年つながり、という話 | トップページ | 福島原発の事故を日本のエネルギー政策の転換の契機に »

タクシーエッセイ」カテゴリの記事

富山散歩」カテゴリの記事

思い出話」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

当然富山でも感じられたことでしょう。ドイツでも朝ベットで感じました。

投稿: pfaelzerwein | 2011/03/12 00:56

pfaelzerwein さん

いくらpfaelzerwein さんの言でも、疑うわけじゃないですが、俄かには信じられない!

失礼を省みず…、本当ですかって、聞き返したくなります。

今、pfaelzerwein さんの日記を読ませていただきました:
http://blog.goo.ne.jp/pfaelzerwein/e/280cc06487863af18e2c59c8651d2c75

今度の東北太平洋沖地震の巨大さが偲ばれる逸話です。

投稿: やいっち | 2011/03/12 14:54

東京では食べ物売ってないんです。
交通が麻痺してますから、他所から入ってこない。
しかし大津波警報も解除されたし、僕たちはもう復興を考えなくてはならない。
阪神淡路大震災の教訓もあります。
政府は与野党一体になって被災した方たちを一番に考えてほしい。

投稿: oki | 2011/03/12 22:04

okiさん

東京も大変のようですね。
交通が滞っているから、物流も滞る。
明日からは、計画(輪番)停電で不便を強いられるとも。
復興を考える…でも、その前に、行方不明者や孤立している人たちの捜索や救助ですね。

とにかく、与野党を超えて危機を乗り越えないと。

投稿: やいっち | 2011/03/13 21:20

トラックバックありがとうございます!
そうそう、食料が売り切れそうです。
コンビニには結構ありますが、スーパーがダメですね。
肉類はすっからかんです。
パンや米なんかも足りないようで…。
今日は食べ物があるんだろうかと心配になります。
でも、被災地の状況を考えると、生きているだけでもよしとしないと。
好き嫌いを言わずに、あるものを食べます!

投稿: 砂希 | 2011/03/14 08:47

砂希さん

直接の被害地でなくても、食料そのほかのパニックが生じつつありますね。
計画停電とかで、懐中電灯やら水、トイレットペーパー、粉ミルク、携帯用ガスボンベなどなど。

東電の不手際で、震災の被害が増幅されているような気がします。

とにかく、サバイバルですね。

投稿: やいっち | 2011/03/14 21:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/51093690

この記事へのトラックバック一覧です: 国内史上最大級M8.8の地震が発生した!:

« 2007年つながり、という話 | トップページ | 福島原発の事故を日本のエネルギー政策の転換の契機に »