« 2010年2月21日 - 2010年2月27日 | トップページ | 2010年3月7日 - 2010年3月13日 »

2010/03/06

オオカミが縁で『翁草』と再会せし

 ブレット・L.ウォ-カ-著の『絶滅した日本のオオカミ』(浜健二訳 北海道大学出版会)を読んでいたら、懐かしい著書(著者)名を目にした。
 それは『翁草(おきなぐさ)』である。

2010_0305071003tonai0008

→ 根雪もすっかり溶けて、庭の草花もホッとしているようだった。驚いたのは、幾つもの草花が開花し始めていたこと。植物は、やはり健気というかしたたかに生き抜いていくのだと改めて痛感させられた(以下、掲げる写真は本文とは全く関係ない)

 といっても、(所収となっている本を含め)実物を手にしたわけでも、読んだことがあるわけではない。
 若い頃を中心に何冊となく読んできた立川昭二の、ある本の中でこの『翁草』のことに言及されていたので、ちょっと触れてみたことがあるだけである。
 ちなみに、転記文中にもあるが、「森鴎外はこの翁草から「高瀬舟」や「興津弥五衛門の遺書」などの題材を得た」というし、『鬼平犯科帳』とも関係があるやもしれないようである(「『鬼平犯科帳』Who's Who 075その他の与力・同心」参照)。

 以下、別窓で旧稿を示すが、せっかくなので、上掲書の中での『翁草』にまつわる件(くだり)を転記しておこう。
 話は、従来は、人間(村人ら)の作物を荒らす害獣(イノシシなど)を退治してくれる、益獣(であり大神)であった日本のオオカミが、十七世紀前後から徐々に狂犬病に罹るようになり、それまでは人間を恐れ襲うことなど滅多になかったのが、相手構わず襲うようになり、ついには人間によって駆逐される要因の大きな一つになった、という流れでの言及である:

 体内に入ると、狂犬病ウイルスは広がりオオカミの神経機能を損傷し、強い精神錯乱と暴力的傾向に導く。その結果、オオカミの攻撃が一八世紀中増えた。神沢貞幹(かんざわとこう)はその著『翁草』(一八五一年)で、オオカミの攻撃を「犬毒」の蔓延と結び付けた。出版は死後になったが、その著作は彼の若いときから約一七九五年頃までの数多くの思索を収めている。一七三二年、神沢はイヌの世界における狂犬病を畿内(京都近郊)、南海(四国)、山陰、西海道(九州)とたどって調べた。これらの地域は西日本の大部分で、イヌが狂って人を咬み殺した場所である。彼の説明によると、人が一度「狂った犬」によってもたらされたこの「毒」(毒気、言葉の意味は「有毒ガス」または「毒性」)に接すると、すぐに死ぬか、短期間のうちに死ぬことになる。この「犬患い」と呼ばれる病気は、東に進んで一七三六年の春には南海と畿内に、一七三七年の夏には徳川時代の主要路である東海道に達した。イヌのみが犠牲になったのではなく、オオカミ、キツネ、タヌキも多数死んだ。人、ウマ、ウシも咬まれると後に高熱が出て、ときには鋭い痛みが死ぬまで三〇~五〇日あるいは一年も続く。狂う前に食欲がなくなり、そしてイヌと同じく最後には死ぬと彼は付け加えた。 (p.123-4)

(旧稿では、「神沢貞幹」ではなく、「神沢杜口」となっている。立川昭二の本ではそのように表記されていたものと思うが、異同についてはちょっと謎である。)


続きを読む "オオカミが縁で『翁草』と再会せし"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/05

イルミネーションよりイリュミナシオン?

 冬の間、富山の町を彩っていたイルミネーションの試みも二月いっぱいで終わり、今月に入って機材の取り外し作業に入っていた。
 東京でもだが、富山でもイルミネーションで夜の町を彩るという発想。
 キラキラして綺麗、ではあるが、上滑りという感があって、どうも馴染めない。

2010_0301071003tonai0008

← 二月末、富山城前の広場にあった電飾。綺麗だねー。

 街が賑わうことが一番なのだろうが、そうもいかないから、代わりにせめて電飾で賑やかしている、そんな風に思えたりする。
 素直に楽しめないのは、小生の感性が貧弱なのだろう。
 こんな感じ方は、不景気のどん底にある富山だから覚えるのかと思ったら、東京在住時代も似たようなものだったことを証しするエッセイがあった。
 感じ方が一貫している?
 考えようによっては、小生の人間的な成長が止まっている、という見方もありえなくはない。


続きを読む "イルミネーションよりイリュミナシオン?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/03/04

天文学的な乗り合わせ ? !

 エリ・ヴィーゼル著の『夜 [新版]』 (村上光彦訳 みすず書房)を読了した。
 本書については、ある意味、絶句あるのみである。
同じ本でも歳月を経たら感想は違う」にて感想めいたことを書いているが、実際には周辺をうろついているに過ぎない。

2010_0303071003tonai0012

→ 我が家の庭先に咲いた梅の花。東風はまだ吹いてこないけれど、ウグイスらしい小鳥はこの梅の木の枝で見かけた。春よ、来い、我が庭に、我が頭にも…じゃない、心にも!

 さて、次に読み出したある本の冒頭付近で奇妙な一節に出合った。
 その本の冒頭付近に示されている文言。

 それは、以下のような文章:

続きを読む "天文学的な乗り合わせ ? !"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/03

青い洗面器

 ぬるぬるべたべたする。
 不快なはずなのに、なぜか気持ちいい。

2010_0302071003tonai0014

← 近所の畑の裸木に止まる小鳥。雪の心配もなくなって、少しホッとしている?


 体が死海に浮かんでいる。
 決して沈まない。
 潮の海に身を任せている。

 すべてはあなたのもの。
 わたしには何もできない。
 できなかったし。

続きを読む "青い洗面器"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/02

同じ本でも歳月を経たら感想は違う

 今また大部の本を読んでいる(ジュールズ・キャシュフォード【著】の『図説 月の文化史〈上・下〉―神話・伝説・イメージ』(別宮 貞徳【監訳】 片柳 佐智子【訳】 柊風舎)で、上下巻併せて850頁ほど)。

 この本に掛かりきりでは、やや鬱陶しいので、決して息抜きというわけではないが、図書館で合間に読む本として軽い本を物色していたら、エリ・ヴィーゼル著の『夜 [新版]』 (村上光彦訳 みすず書房)が新入荷本の平棚にあるのを見つけ、思わず手にとった。

2010_0301071003tonai0011

→ 今朝未明、仕事の最中、とある民家の軒先で月影を撮る。このさと一時間もしないうちに雨模様となった。だから束の間の晴れ間で、月光を浴びつつ、月影を追いつつの楽しい仕事のひと時だったのである。

 無論、決して軽い本などではない。小生が言う軽いは、手に持つ重みや大きさのことで、大部の本を寝床で手に持って読むのは大変なので、就寝の際には、手に負担の少ない本を常に備えておくことにしているのだ(職業病なのか、左腕が痛い。筋肉痛のようだ)。

続きを読む "同じ本でも歳月を経たら感想は違う"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/01

ピンチョンの『ヴァインランド』に空回り

 トマス・ピンチョンの『ヴァインランド』を読了。
 けったいな世界やった。我輩の胃袋には消化しきれない世界、そして表現。

2010_0227071003tonai0009

← 先週末の暖かさで庭の梅の木の蕾が一斉に開花。植えて50年以上だが、老木とは言えないはず。土壌が貧弱で、もっと咲くはずの花々がちょっと疎らかも。土壌改良してあげなくては、と思いつつ、帰郷して早2年。ちなみに、背後の家は向かいの家。我が家は築半世紀以上の木造平屋なのです。昨日のように強風が吹き荒れると、隙間風は勿論、戸や窓がガタピシして煩いこと。

 学生時代、力尽くでの読破を目指すも、途中で断念してしまった『重力の虹』とは違って、本作ではピンチョンは叙述の上では、我々の目線に踏みとどまっていてくれる。

続きを読む "ピンチョンの『ヴァインランド』に空回り"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/28

「瓜南直子twitter展覧会」へ!

Twitter(ツイッター)」にて見つけた強烈な個性を感じさせる画家・瓜南直子(かなん・なおこ)。

2010_0227071003tonai0010

← 雨上がりの今日のお昼、玄関の戸を開けたら、庭先に白っぽいものが。梅の木が開花! 思わず庭に出て撮影。開花したのも多いけど、芽吹きつつある花の可憐さに見惚れてしまった。今年も梅酒ができるかも。

 思わず、我がブログにて掲載したいとお願いしたところ、快諾していただけました。
 瓜南ワールドを堪能してください。


続きを読む "「瓜南直子twitter展覧会」へ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月21日 - 2010年2月27日 | トップページ | 2010年3月7日 - 2010年3月13日 »