« 2010年7月25日 - 2010年7月31日 | トップページ | 2010年8月8日 - 2010年8月14日 »

2010/08/07

久しぶりの外仕事

 今日も猛暑だったのだろうか。この数日に比べ、ややしのぎやすい暑さだったように感じた。
 といっても、一番気温が上がったろう時間帯は、小生、まさにその暑さと苦闘していて、気温がどうかなんて気にする余裕がなかった。

 実を言うと、今日は役所が休みで公的な手続きが進められない。
 なので、思い切って庭などの手入れ作業をやったのだ。

 庭木の剪定や草むしり作業に携わるのは、五月の連休以来である。
 その頃から家人の体調が思わしくなくなり、あれこれ気遣う機会が増えた。
 家の中で転ぶ回数が増えたり、その前に、ベッドで寝ている家人がトイレに向かうにも、起き上がるのさえ、難儀を覚えるようになっていた。

続きを読む "久しぶりの外仕事"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/08/06

夏バテ!

 今日も富山のみならず、全国的に猛暑。

 そんな中、今夏の通夜や葬儀疲れで、今日はダウン。
 午前中、若干の雑務をこなしただけで、午後は茶の間でずっと寝ていた。
 椅子から立ち上がろうと思うが、体がいうことをきかない。

続きを読む "夏バテ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/05

青い空、白い雲、そして黒服

 富山は37.6度。
 抜けるような青空。白い雲。典型的な夏の空。

 昨日は通夜、今日は葬儀。昨日は、別の家へ香典を持参。この一ヶ月で、近隣で4件も葬儀が。親戚を混ぜると5件。異常だ。

続きを読む "青い空、白い雲、そして黒服"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/04

先は長い

 昨日の日記に書いた事情もあって、今日は通夜へ。

続きを読む "先は長い"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/03

二度あることは三度ある

 今朝未明、母の妹のご主人が永眠されました。
 母は先月末に亡くなったので、母の妹さんにすれば、自分の姉に続き、旦那様までが立て続けに亡くなったということになります。

 昨日、お見舞いに行ったら、肺炎の症状が悪化し、呼吸が困難になっていて、酸素マスクをされていた。

続きを読む "二度あることは三度ある"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/02

何から手を付けたらいいものやら

 慌しいと言えばそうだし、違うと言えば違うような、掴みどころのない日々を送っている。
 父母の相次ぐ永眠で、その残務整理に追われているのは事実。
 父母の容態の急変などで、家事が5月の上旬の頃から思いっきり滞ってしまっている。

 五月の連休の頃までは、なんとか草むしりだってやっていたのだが、父の様子に異常が感じられるようになってからは、母が既に入院していて見舞いに行く必要があったこともあり、家事の一切が手付かずの状態に陥ってしまった。
 七月になって父母が手に手を取ってとでも言うのか、ほとんど同時に亡くなった今、家の内外の乱雑ぶりは目を覆うものがある。

 畑の雑草など、放置している間に、腰より高くなってしまった!


 

続きを読む "何から手を付けたらいいものやら"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/01

富山大空襲と母のこと

 母とのことは、まさに思い出話の形でしか話すことができなくなった。
 そんな愚痴を呟いているたった今、外から花火大会での花火の音が喧しい。
 大会の会場からは少々離れているのだが、音、そして響きは腹にも心にもズシンと来るものがある。

D21_2

← 山下清『富田林の花火』(画像は、「山下清「富田林の花火」 ギャラリー小山 自由が丘にある画廊 山下清の絵画,版画を通信販売(通販)」より)

 それは、花火の炸裂する凄さにも拠るが、富山市での花火大会の持つ、特有な意義の所以でもある
 そう、富山大空襲の悲惨を忘れないため、空襲で亡くなられた方々の冥福を祈るため、戦争の悲惨を繰り返さない、という意味と意志を篭めての花火大会なのである。
 今日は、花火大会の日にちなみ、富山大空襲に絡んでの母の思い出話を載せてみる。

花炭…富山大空襲」より抜粋である。


続きを読む "富山大空襲と母のこと"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2010年7月25日 - 2010年7月31日 | トップページ | 2010年8月8日 - 2010年8月14日 »