« 2010年7月18日 - 2010年7月24日 | トップページ | 2010年8月1日 - 2010年8月7日 »

2010/07/31

母とのこと

[以下は、ミクシィの日記での書き込みを転記したもの。舌足らずな表記なのは、走り書きだから。殴り書きの日記をそのままに公開します。]

言葉(発音)上の不都合もあって、母とはなかなか意志の疎通がうまくいきませんでした。
日常の会話自体がもどかしいばかり。
子供の頃、発音が極端に悪く、母だけじゃなく誰とも意志の疎通がうまくいかなかった。
よほど勘のいい人なら小生が言わんとすることを察することができる。
けれど、母はその意味では察するのに難があって、しばしば意味を取り違える。

赤の他人ならともかく、親子(母子)なのに、どうしてオレの言葉が通じない!
ガキだった小生は、母を(無論、自分を)歯痒く思い、会話が成り立たないたびに(つまり、しばしば)癇癪を起こし、怒って、口を利かなくなったものでした。

母はそんな小生(と)のガキの頃のトラブルがトラウマになってしまって、十歳の時に手術して少しは発音がよくなっても、小生を腫れ物に触れるような、事なかれ的な扱い方をするようになりました。

続きを読む "母とのこと"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/07/30

母の末期

 母の死は、とても静かなもの。まさに眠るが如く。他人にはそう言っている。別にウソじゃない。ただ、母が最後に小生を見つめる目は、とても悲しい、寂しいもので、涙を浮かべているようだった。
(葬式でも、母の死について語る機会がある際には、母の死は眠るような静かな死、苦しまずに亡くなったのが、せめてもの救いです、なんて言っている。でも、これはよそ様向きのコメント。母(と小生を巡るそ)の内実は、如何なるものだったのか、そこにはなかなか曰く言い難いものがある。)

 お前をそういう人間に生んだのは自分のせい…、そう母は自分を責めていたという。それだけに小生のことは見守ってきたけれど、もう辛抱しきれなくなった。不甲斐ない自分に呆れ果てのだろう。
(確かに背負うものを背負って生まれてきたし、今もその業を背負い続けている。)

続きを読む "母の末期"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/25

富山にも雨を!

 今日も、ツイッターでのネット参加。
 なかなか厳しい状況にあるので。
 家族が代わる代わる、お見舞いに行っている。
 中には、連日、半日以上、付き添っている人もいる。
 父に続いて…。
 四十九日の法要どころじゃないかもしれない。


続きを読む "富山にも雨を!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月18日 - 2010年7月24日 | トップページ | 2010年8月1日 - 2010年8月7日 »