« 久しぶりの巨大書店に眩暈する | トップページ | せめて草むしりだけは »

2010/10/15

金木犀から沈丁花へ!

 ツイッターのツイート(投稿・呟き)をぼんやり眺めていたら、金木犀の話題に目が留まった。
 金木犀の見ごろの時期は終わった、金木犀は儚い命ゆえに、あんなに強く香るんでしょうか、といったような話。
 ふと、東京在住時代、金木犀をよく目にしたのを思い出した。
 それも、公園の脇…というより、はっきり言うと、公衆便所の脇でよく見かけるのだった。
 匂い消しに使われていたのだろうか。

2010_1013071003tonai0047

← 地元の神社。今年、創建八百年とか。父は世話役として大晦日には泊り込みに行ったっけ。過日、改築が(ほぼ)なった建物の中を宮司さんに案内してもらった。

 誰かとの雑談の中で、沈丁花もよく匂い消しじゃないけど、公衆便所などの脇にさりげなく植えられていることがある、という話を聞いた記憶がある。
 小生自身は、東京在住時代、公衆便所の近くで沈丁花を見た記憶はない。
 あるいは、見たことがあるのに、それと気づかなかっただけなのか。

 

 金木犀については、どうか確かめていないが、沈丁花については、本ブログでも何度か取り上げている。
今年も沈丁花が咲きました

 そのほか、「沈丁花の思い出…」でも、石川さゆりさんの歌「沈丁花」に絡めてエッセイを綴っている。

 沈丁花をめぐっては、創作も二度。
 しかも、タイトルも全く同じ「沈丁花」なのである。

 今日は、「沈丁花」のほうを再掲した。

|

« 久しぶりの巨大書店に眩暈する | トップページ | せめて草むしりだけは »

写真日記」カテゴリの記事

富山散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旧稿を温めます」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/49751396

この記事へのトラックバック一覧です: 金木犀から沈丁花へ!:

« 久しぶりの巨大書店に眩暈する | トップページ | せめて草むしりだけは »