« 狐の嫁入り | トップページ | 何のために走るのか »

2010/10/18

私が<それ>になる夜

 宇宙の永遠の沈黙。
 それはつまりは、神の慈愛に満ちた無関心の裏返しなのである。
 神の目からは、これもそれも彼も、この身体を構成する数十兆の細胞群も、あるいはバッサリと断ち切られた髪も爪も、吹き飛ばされたフケや搾り出された脂も、排泄され流された汚泥の中の死にきれない大腸菌たちも、卵子に辿り着けなかった精子も、精子を待ちきれずに無為に流された卵子も、すべてが熱い、あるいは冷たい眼差しの先に雑然とあるに違いない。

<それ>である彼は、塵や埃と同然の存在。
 それは卑下すべきことなのか。
 そうではないのだろう。

|

« 狐の嫁入り | トップページ | 何のために走るのか »

創作(オレもの)」カテゴリの記事

旧稿を温めます」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/49780754

この記事へのトラックバック一覧です: 私が<それ>になる夜:

« 狐の嫁入り | トップページ | 何のために走るのか »