« 茶の間を洋風に模様替え | トップページ | 雨の日の新聞配達 »

2010/06/26

デンマーク戦を見たくて頑張りました

 丑三つ時過ぎから朝未明までの、まさに真夜中のバイトをしている。
 いつもなら、営業所に二時半前到着し、荷物をバイクに積み込み、二時四十分過ぎにスタート。
 雨天じゃなく、また作業も順調なら5時前後頃に作業は終わる。
 でも、回収した荷物を営業所に持ち帰り、バイクを置いて、車に乗って帰ると、どうしたって五時十五分前後となる。
 
2010_0624071003tonai0018

→ 踏み切りを朝一番の列車が通過する。寝台車のある長距離列車である。

 しかし、今朝は、ワールドカップの試合がある。日本代表が決勝トーナメントに進出できるかどうかを決める、デンマークとの大事な試合。
 マスコミ(テレビ)の表現を使えば、運命の試合というわけである。
 試合は、三時半に始まる。延長はなく、PK戦もないから、試合は五時10分くらいに終わる。
 これでは試合はほとんど見ることは叶わない。

 そこで、今日は家を早く出て、営業所に二時二十分頃に到着。

 

 もっと早く出ても意味がない。何故なら荷物がまだ営業所に届いていない可能性がある(しばしば)!
 万が一、営業所への配達する荷物の延着があれば、全ては御破算となる。
 また、雨だと、荷物が営業所に予定通り着いていても、宇宙の配達の作業は、晴れの日より一割は余分な時間を要する。

 幸い、天気は晴れ。月影は見えなかったが、星が一杯、キラキラしてる。
 荷物も営業所に順調に届いていた。
 よって、営業所を二時半過ぎにスタート。バイクによる個別配達作業、開始というわけである。
 
 作業は順調に行なうことができた。
 慌てて、配達する順番を間違えたり、素通りして、あとで戻る、なんて醜態を晒さずに済むように、心は逸りながらも、慎重に丁寧に配達していった。
 星空の下、昨日ほどではないが、湿度もそれほど高くなく、涼しいくらいで、汗もほとんど滲んでこない。

 真夜中過ぎの仕事である。大概の家は真暗である。
 街灯が灯っていなければ、バイクのヘッドライトの照射する光以外に、夜道を照らす何ものもない。
 家々だって、寝静まっている。
 が、さすがに今朝は違った。
 
 普段、真暗で軒の灯りさえ灯っていない家でも、窓の明かりが見えたりするのだ。

 ああ、間違いなく、あの家では誰かがサッカーを観戦していると、断言できる!
 配達を始めて、一時間後、つまり、未明の三時半、試合開始となり、配達を始めて二時間後の四時半頃、試合はハーフタイムに突入する。

 当然ながら小生は、試合経過を全く知らない。
 それでも、自分も試合に参戦している気分である。
 懸命に作業をこなす。
 焦らず、しかし急いで着実に自分の役割を果たす。
 淡々と、黙々と。

2010_0624071003tonai0038

← 仕事の途中、風景をご馳走に一服。

 夜道にバイクのエンジンの音だけが鳴り響く。
 スーパーカブの音。
 実に良く走るバイクだ。
 直線が長いときは、アクセルを全開に出来るってのが嬉しい。
 二十歳からのオートバイ歴は、三十年を越えるが、乗り継いできたのはスポーツバイクなので、アクセルを全開にして街中を走るなんて経験は皆無である。
 高速道路だって、ほどほどにしかアクセルを開けない。

 カブのアクセルを全開にしたって、スピードは高が知れている。
 うまくいっても、メーターのリミットの60キロ。
 それも、50キロを越えてからの伸びは、ややまだるっこしい。
 でも、楽しい。

 さて、バイクでの配達作業が二時間丁度で終わった。
 これは記録的速さである。

 実を言うと、よせばいいのに、天気の良さで、未明の田園風景や空模様があまりに綺麗で、三度ほど、バイクを止めてデジカメで撮影してしまった。
 雨でもなく、間違いもなく作業をこなせ、積んでいる荷物も普段より軽めだったのが幸いしている(曜日によって荷物の厚みに大きく違いがある)。
 四時半過ぎ。正確には、四時三十五分に終了したのだった。
(風景の撮影をしなかったら、もう少し早かったというわけである!)

 急いで営業所に戻り、回収した荷物を降ろし、車で急いで帰宅。
 帰宅したら四時五十分過ぎだった。
 試合の後半も二十分を経過した頃。
 日本が勝っていることは、車のラジオで聴いて知っている。
 2vs0!
 信じられないような、それでいて、当然の結果のような複雑な思い。

 でも、テレビの画面で見ないと!

 着替えもトイレも後回し。
 とにかく、スイッチをオンに。
 2vs0という表示が確かに画面に。
 しかも、後半の20分過ぎ。
 恐らく勝つだろう。
 でも、悪夢が出来しないとは限らない。
 その不安は的中しそうになった。
 ファウルを取られ、PKとなり、キーパーの必死のセーブも空しく1点を取られた!
 2vs1だ!
 デンマークの押せ押せのゲーム展開となるのか…。
 あとは、文字通り、手に汗握る試合となった。
 
2010_0624071003tonai0050

→ 東の空に朝日が昇る。ちょっと右を撮ると、立山連峰の山並みがくっきりと。

 が、杞憂に終わった。
 なんと本田圭佑(CSKAモスクワ)のラストパスを受けた岡崎慎司(清水)がゴールを決め、勝利をほぼ手中に収めたのだった。

 3vs1だ!
 
 試合の時間帯としては、日本にとっては最悪に近い。
 それでも、日本の相当数の人々が観戦していたに違いない。
 人々の昂奮を呼び起すサッカーという祭り。
 さすがに世界一のスポーツだけはある。
 誤魔化しの入る余地がないのだ。

                                 (10/06/25 作)

|

« 茶の間を洋風に模様替え | トップページ | 雨の日の新聞配達 »

オートバイエッセイ・レポート」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

写真日記」カテゴリの記事

富山散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/48719379

この記事へのトラックバック一覧です: デンマーク戦を見たくて頑張りました:

« 茶の間を洋風に模様替え | トップページ | 雨の日の新聞配達 »