« 立山杉の樹齢2000年! | トップページ | プロバイダー  変更します »

2010/05/15

慶応病院へ受診に行った日のこと

[先週の或る日の日記から。いつも以上に舌足らずな表現となっているのは、某SNSサイトの日記欄にメモ書きしたから。誰かが顔の形の異変に最近、気が付いた、といった内容の日記を書いていたので、その日記へのコメントした、そのコメントに端を発した日記なのである。本ブログへのアップに際し、改行その外を若干、変更している。]

2010_0514071003tonai0031

← 野暮用があって知人宅へ。久しぶりに3匹の猫ちゃんたちに相見(あいま)えることができた。ゴメンね、休息中のところを覘いちゃって!

慶応病院へ受診に行った日のこと

 以前、下顎がやけに膨らんだことがあって、怖々病院へ行ったことがある。
 もう、二十年以上も昔のこと。
 痛みはないんだけど、自分では気にしないようにしていていも、会社の同僚に顎の異常を指摘されたりして。

 実は朝、髭を剃ろうと鏡を見たときから、何か変だなと思っていた。
 ただ、自分ではその事実を認めたくなかった。
 怖くて。

 同僚(実際に異変を口に出して指摘してくれたのは上司だった)に異変を気付かれるようでは、誤魔化しようがない。

 同僚の視線に背中を押されるようにして、何が原因か分からないまま、最悪の事態も覚悟して病院へ。

 明らかに顔(下顎の辺り)が浮腫んでいるのに、痛みがないことがかえって不気味。
 やはり、怖い。
 向かったのは、慶応大学病院。バイクで自宅から十数分のところにあったし、軽い病気とは思えない気がしていた(← 素人判断って奴。)
 近くに病院はあったのだが、当人は深刻な病状を覚悟して、悲壮な覚悟で大学病院へ向かったのだ。町の病院では済まないだろう、きっと精密検査も必要だろう…なんて。

2010_0514071003tonai0033

→ 庭先の「突抜忍冬 (つきぬきにんどう)」も、久々の晴れ間に一気に開花

 どの科を受診すればいいか分からず、とりあえず耳鼻咽喉科へ。

 そしたら歯科に回され、待つことしばし、すぐに順番が回ってきた。
 来たのは女医さん。
 あれこれ調べて、曰く、「歯の根っ子が腐って膿んでいる」、だって。

 結局、あっさり歯を一本、抜かれちゃいました(断りもなく)!

 下顎の異変は直ったけど、あんまり素っ気無く歯を抜かれたことに、拍子抜け。
 普通、一言、断るんじゃないの?

 とにかく、最悪の事態(下顎ガン)でなかったことに安堵した。
 快晴の青い空が眩しかったのを覚えてる。

                                  (2010年05月08日

2010_0514071003tonai0035

← 「突抜忍冬 (つきぬきにんどう)」の傍には、「スズラン」たち。さらにその隣りにはドクダミが繁茂し始めている。

[以下は、日記に戴いたコメントへのレス。]

1) 町の歯医者さんだと、いきなる抜歯なんて、ありえないでしょうけど、大学病院のお医者さんって、商売っ気がないというか、必要ないから、説明もしないみたい。
 昔のことだと思うけど。
 特に若いお医者さんは、患者さんの立場に立つって至難みたい。
 学校じゃ、相手の気持ちを忖度することなんて、習わないんだろうなー。
 経験しないと患者の不安な気持ちなんて分からない。
 頭の良し悪しじゃないし。


2) 実を言うと、この(もしかして顎のガンかしら)騒ぎのあった頃、小生はフロイトの本を読み続けていた。
 フロイトの晩年は、「喫煙が原因とみられる白板症(ロイコプラキア)を発症、以後死に至るまで口蓋と顎の癌手術を33回も受ける」といったことで、16年間もの闘病生活を余儀なくされた(それでも、立派な仕事を続けたのが凄い)。

 なので、下顎の異常な膨らみを鏡で見たとき、痛みがないだけに歯の異常とは思えず、フロイトのことが脳裏に浮かんでしまって、口蓋や顎の手術をつい、連想してしまったわけです。

 病院へ行く前の日は、不安で眠れなかった。

 そんな自分に対し、病院の歯科の女医さんの冷酷なまでの冷静さ。
(慶応の医学部は東大の医学部より入学が難しい。同窓生の一人が、東大の医学部に合格したけど、念願の慶応大の医学部の受験には失敗し、ショックで卒業式に出てこなかったっけ。)
 私は研究者なの、治療なんて片手間よって姿勢(そのように感じた)に、治療の呆気なさに留まらない、冷たい壁に面しているような気がしたものでした。

2010_0514071003tonai0037

→ 昨日の午後だったろうか、玄関の戸を開け、雨の降る庭をぼんやり眺めていたら、何やら青っぽいものが。見ると、青色の小花。「つゆくさ」だ。今年も咲いてくれたんだ。寒いし、まだ開花には季節的に早かろうに、咲いてくれてありがとう!

[「私は研究者なの、治療なんて片手間よって姿勢(そのように感じた) 」ってのには、小生の偏見があるかもしれない。小生は、小学四年の頃、手術その他のため、京大の附属病院に一ヶ月ほど入院したことがある。手術前の或る日の教授回診の際、インターン生に(あちこちの大学病院を盥回しされたことを)笑われた苦い経験を引きずっているのだ。さすがに教授は学生らを窘(たしな)めてくれたけれど。]

                               (10/05/14 作・編)

|

« 立山杉の樹齢2000年! | トップページ | プロバイダー  変更します »

写真日記」カテゴリの記事

富山散歩」カテゴリの記事

思い出話」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

駄洒落・戯文・駄文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/48357996

この記事へのトラックバック一覧です: 慶応病院へ受診に行った日のこと:

« 立山杉の樹齢2000年! | トップページ | プロバイダー  変更します »