« 物干し竿を新しく… | トップページ | 霞み立つ空を化粧に朧月 »

2010/04/30

韓国ドラマのアテレコから感じたこと

 今回のツイッター発言(投稿)集の中で、アジア系(中国や主に韓国)のアテレコでのテレビ(映画)ドラマについてのツイート(発言)が目立つ(太字にて表記した関連発言を参照)。

2010_0429071003tonai0019

→ 千秋楽を迎えた歌舞伎座。60年の歴史。古くを辿ると120年の歴史だとか。歌舞伎関連拙稿に、「歌舞妓人探しあぐねて木阿弥さ」や「歌舞伎の日阿国の踊りベリーに見ん」などがある。

 十年近く前から突如といってほど、韓国ドラマブームが始まった。ヨンさまフィーバーは今も多くの方の記憶に新しいのでは。
 恐らくは、背景として、日韓の宥和政策があるのだろう。日韓共催のワールドカップも結果的にはその一環となったのかもしれない。

 韓国で制作されたドラマが次々と日本で封切られヒットした。
 韓国の俳優がドンドンと日本においてもスターとなっていった。

 小生はというと、ほとんどというか、全くに近いほど韓国ドラマは見なかった。
 当然ながら、声優を使ってのアテレコである。決して字幕ドラマではなかった。

 自分が何故、韓国からのドラマを見なかったのか、ほとんど毛嫌いに近い反応をしたのか、分からない。
 また、その理由を探ろうともしなかった。
 探る気持ちにさえ、なれなかった。
(韓国(や中国)のドラマを10分どころか5分もまともに見たことがないので(番組の冒頭付近でアレルギー反応が生じて、すぐにスイッチをオフにするかチャンネルを切り替えてしまう)、(声優を使っての)アテレコのドラマをちゃんと見ての客観的な評価は自分には下す立場にないとも思っていたし。)

2010_0429071003tonai0021

← 東銀座にある三原橋の交差点で信号待ちの機会に恵まれると(?)、早速、デジカメを取り出し、歌舞伎座を撮るという習慣(癖?)があった。東京在住時代のささやかな思い出である。

 今回、たまたまある方のツイッターでのツイート(発言・投稿)で、「アジア系ドラマのアテレコが不自然に感じてしまうのはなぜ」なのかってのがあった。
 せっかくなので、ちょっと反応(レス・自己レスも含めて)してみた。

 ツイッターでの断片的な発言で、丁寧に分析したわけではないが、それでも、自己分析を重ねていくうちに、案外と…というより案の定、単純な理由に留まるものではないことに気付かされた。
 いつか、韓国を初めとする(字幕じゃなく、アテレコでの)アジア系のドラマを幾つかちゃんと観るような機会を持ったなら、改めて(自己)分析(…反省)を試みるかもしれない。
 

以下、ツイッター発言(投稿)集。下のほうは昨日の午後、上のほうは今日の午後。]

入院中の母を見舞う。よく来てくれていた近親者が風邪であまり来ず、誰も来ないので「あいそむない」と言う。家では父が元気なし。行ったり来たりの小生も意気消沈じゃ困るのだが。空元気も出ない。


昨日、スーパーで買物。家人のため、お寿司も。店員「お箸、要りませんか?」我輩「いいです。手で食べますから」なんて冗談で。店員「そうですか。はい」と、笑いを堪えてる。我輩、マジな顔で手で食べる仕草し、「エコの時代だから」と。店員さん、我輩をチラッと見て、怪訝な表情。真に受けたかも。


偶然、江川紹子さんのツイートへのリツイートを発見。思わず、江川さんをフォローしちゃった。相変わらず、頑張ってるのですね。


タバコ、値上げへ。400円台。来年以降も上がるんだろうなー。政権が自民党に戻れば、白紙に戻るかも? 愛煙家は自民党の応援を。小生は応援しないけど。


自分の中に、アジア系、特に中国や韓国(朝鮮)(のドラマ)への根深い偏見(狭隘なナショナリズム的感情・反発)があることは否めない気がする。


昨秋だったか、夕方、台所に蠢く小さく黒い影。すわ、五期ぶりか。が、よく見たら形が違う。コオロギ? お前、間違って進入したら、潰されちゃうぞ!

2010_0429071003tonai0023

→ 近所の飼い猫だろうか、縄張りを見回る白猫殿。かなりの年輩か。窓越しの撮影なので、綺麗に撮れなくて、ゴメンね。

鯉のぼり、我が家では流さないけど、立てている家(の鯉のぼり)を見て、楽しんでいるのは間違いない。お花を樹木を自宅の人が楽しむだけじゃなく、通りがかる方にも楽しんでもらいたい、そんな気持ちとどこか通ずるような。


日本(日米間)の基地問題の揺れに乗じてか、中国海軍が日本の近海を窺っている(北朝鮮は日本の混乱を嘲笑っている?)。米軍基地は、日本のためもあるけど(日本を抑止する意味も含めて)、世界戦略もあるのでは。日本の国民に数兆円も使って防衛する意思や覚悟はあるだろうか?


自分の場合のアジアのドラマへの違和感の源は何処にあるのか。やや遠いながらも、日本の現代のドラマへの違和感に通じるところがなきにしもあらず。若いイケメンの多くは未知のタレントの劇自体に、世代の違いを、自分には無縁な世界を見ているような。


アジア系の人は、当然ながら日本人と顔立ち(や文化・風習など)が似ている。なのに当たり前ながら言語が違い、アテレコ(字幕)に頼るしかない。どうも、自分の中に、顔立ちから日本語を期待し、でも、違う言語で喋ることへの違和感があるようだ。

2010_0429071003tonai0026

← 今日29日は、快晴に恵まれた。カエデ(モミヂ)も折からの風をこれ幸いと、気持ち良さそうに揺れていた。

小生は、視聴者そしてアテレコする方、双方の馴れや経験(の蓄積)が大きいと。英米系は、何十年の蓄積があるし、違和感を感じさせないアテレコ(の技術)が出来上がっている。


歌舞伎座…。近くを通りかかったら、目の前に知った方が。杉村春子さん! 車から降りて歌舞伎座へと。あの交差点に通りかかるたび、歌舞伎座を見るし、信号待ちとなった際には、思わず撮影したものだった。銀座の風景もドンドン変わる。

                             (10/04/29 作・編)

|

« 物干し竿を新しく… | トップページ | 霞み立つ空を化粧に朧月 »

ツイッター」カテゴリの記事

写真日記」カテゴリの記事

富山散歩」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

近代・現代史」カテゴリの記事

コメント

私も韓流ドラマは全く見ません。(見る気もしません)
嫁がコレにハマっていて、家に帰れば韓流ドラマばかり
見ています。

一旦見出したら、見ずにはおれないようですね。

昨年買った薄型TVのチャンネル主導権は、当然の如く嫁
が握っていますので、単身赴任でたまに自宅に帰っても、
私は2Fの自室に閉じこもり、アナログTVで野球観戦です。

81になる母親が市民病院に入院して1年近くなります。
すでに痴呆が進んでいて、忘れられないうちに明日から
のGWに帰省します。

名神高速が混まない時間帯に出るつもりですが、どうなる
ことやら・・・。

投稿: 元気親父 | 2010/04/30 12:53

元気親父さん

韓流ドラマ、女性には特に人気があるようですね。
小生には不思議でなりませんが、ま、別に何をとやかく言うつもりはありません。
日記での呟きも、あくまで自分の感覚をメモしているだけ。

テレビ、昔は、家の主にあったものですが、今は時代が違うようですね。
テレビの台数も昔とは違うし。
一家で大切なテレビを囲んでみんなで観るなんて、もうありえない現象なのでしょう。

恐らくは混むだろう高速を使っての帰省、十分、気をつけてください。
大切な時が待っているのでしょうし。

投稿: やいっち | 2010/05/01 21:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/48217119

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマのアテレコから感じたこと:

« 物干し竿を新しく… | トップページ | 霞み立つ空を化粧に朧月 »