« 村上春樹訳チャンドラー『ロング・グッドバイ』を読む | トップページ | パノプティコンってわけじゃなく »

2010/04/13

浮かび上がらせてやりたい

 今日は昨夜来の冷たい雨が終日、続いた。
 今、夕餉のときを終えたけれど、雨はまだまだ降り続きそう。

2010_0412071003tonai0026

→ 山茶花だろうか、花びらは役目を終えて、ただ無惨に散り果てるのみ。舞い散った花びらを一体、誰が看取るだろう。

 雨が庇を、木立の葉っぱを叩く音。
 時折通り過ぎる車が水を撥ねていく。
 踏み潰された水は、一瞬、グシャッとかバシャッとか音を立てる。
 悲鳴のようにも、喚きのようにも聞こえる。
 心弾む日には、子供たちの歓声にだって聞こえるけれど、今日はそうはいかないようだ。

2010_0410071003tonai0030

← 一人きりの茶の間。言葉を交し合う相手は、窓外に放置された甕に止まるハトだけ。…でも、今日は雨。誰も来やしない。

 雨の音が夜の町を孤独の海に沈めていく。
 家々を雨音のカーテンが区分けしていく。
 窓の明かりも降り行く雨に揺らいでしまって、夜陰に紛れ溶け去っていきそうだ。
 もう、こちらには届かない。部屋の灯りだって雨のカーテンに遮られ、草臥れ果ててしまう。
 きっと、雨に煙る時空の彼方には、人の息吹が、溜息が、喘ぎが、吐息があるはず。
 決して魂の残骸なんかじゃなく、心からの手紙のような息が。
 届かない?
 受け止めきれない?

2010_0410071003tonai0032

→ 一昨日の日曜日、野暮用があって、神通川を渡った。川沿いの桜並木を眺めにドライブする車で渋滞していた。

 おやっ、人?
 傘を叩く雨音…。
 人の気持ちを穿つ雨。
 家路を急ぐ人。
 通り過ぎていく、通り過ぎていくだけ。
 誰も足を止めない。
 止める理由もないし。

2010_0410071003tonai0023

← 一昨日の未明、仕事の途中、一人ぼっちで夜桜見物。眺めるのは、あとは、街灯だけ。

 熱いはずの心は、出口を見出せず、交し合う相手も見出せず、胸の中で乱反射し、あちこちの肉壁に傷をつけ、穴を空け、血潮に溶け込み、体の末端で渋滞し、鬱血し、凝固し、瘡蓋に成り果てる。
 一枚、また一枚と剥がしていく。
 その下には鮮血が流れていると期待して。
 血潮が溢れ出すと祈るような気持ちで剥ぎ取っている。
 なのに、瘡蓋の下は壊疽した心がケタケタ嗤っているだけ。

2010_0410071003tonai0027

→ 仕事を終え、明けていく東の空を横目に、家路を急ぐ。誰が待つわけじゃない、ただ帰るために急ぐのだ。

 沈んでいく心。
 雨水より重たい心。
 潜って浮かび上がらせてやりたい。

 今の願いは、ただ、それだけだ。

                             (10/04/12 作)

|

« 村上春樹訳チャンドラー『ロング・グッドバイ』を読む | トップページ | パノプティコンってわけじゃなく »

写真日記」カテゴリの記事

富山散歩」カテゴリの記事

恋愛・心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

駄洒落・戯文・駄文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/48068147

この記事へのトラックバック一覧です: 浮かび上がらせてやりたい:

« 村上春樹訳チャンドラー『ロング・グッドバイ』を読む | トップページ | パノプティコンってわけじゃなく »