« ツィンタレラ・ディ・ルナ♪ | トップページ | 雪の降る町で »

2010/02/17

今日は「天使の囁きの日」

2月17日 今日は何の日~毎日が記念日~」を覗いたら、冒頭に、「天使の囁きの日」とある。
(念のために冒頭に注記しておくが、スリー・ディグリーズが歌ってヒットさせた「天使のささやき」とは、ここでは無関係である。似て非なる言葉に、「天使の分け前」がある。これは以前、我がブログでも扱ったことがあった。)

2010_0210071003tonai0013

天使の囁きの日」は、「北海道幌加内町の「天使の囁きを聴く会」が1994(平成6)年に制定」したもので、「天使の囁きとは、空気中の水蒸気が凍ってできるダイヤモンドダストのこと」だとか。

 今日(2月17日)を「天使の囁きの日」に決めた経緯(いきさつ)は、以下の通り:

 1978(昭和53)年、幌加内町母子里の北大演習林で氷点下41.2℃という最低気温が記録された。
 しかし、気象庁の公式記録の対象から外れていたため、1902(明治35)年1月25日に旭川市で記録された氷点下41.0℃が公式の日本最低気温となっている。
 これをプラスイメージに変えようと、町内の若者グループが中心となり、この日ダイヤモンドダストの観察等厳冬の一夜を体験する「天使の囁きを聴く集い」を1987(昭和62)年から開催している。

 確かに、「気温 - Wikipedia」によると、国内最低気温については、1902年1月25日に北海道・旭川市で記録された「-41.0℃」が公式記録となっているようだ。
 また、1978年2月17日に北海道幌加内町母子里(北海道大学雨竜演習林内)で記録された「-41.2℃ 」などは参考記録(非公式だが戦後の最低気温)となっている。
 しかも(!)、「母子里では、順位表に挙げられている-41.2℃の同日に-44.8℃(非公式)を、また1977年から1982年まで6年連続で-40.0℃以下(非公式)を観測している」というのだ。
 なるほど、何らかのイベントを催す資格は十二分にあるわけだ。
 
天使の囁きを聴く集い」は、今年も催されたようである。
 ただ、「24回目の今回は12人が参加され、大いに盛り上がりました」とあるようなのがちょっと気に掛かる。

「天使の囁きとは、空気中の水蒸気が凍ってできるダイヤモンドダストのこと」だというからには、まずは、「ダイヤモンドダスト」について、大よそのことを知っておきたい。
「ダイヤモンドダスト」とは、「細氷 - Wikipedia」によると、「細氷(さいひょう)の異名で、「大気中の水蒸気が昇華してできた、ごく小さな氷晶(氷の結晶)が降ること(降るもの)」を言うらしい。
 まあ、テレビや写真などで馴染みの自然現象ではある:
 

よく晴れた朝など、気温が氷点下10℃以下の状態のときに発生する。視程は1km以上である。日光で輝いて見えることから、ダイヤモンドダストと呼ばれる。人工的に作ることもできる。

 小生は、富山在住の者で、冬は雪国・富山をそれなりに実感・実体験している。
 しかし、「気温が氷点下10℃以下」というのは、(多分)経験したことがない。
 気温が氷点下4℃を下回ると、外の水道管が破裂する恐れがあるから、前の晩に水道の水はチョロチョロ程度にでも、流しっ放しにしておかないといけない、なんて父にアドバイスされたことがある。
 帰郷して間もなく二年になるが、台所の外の洗い場などにある水道管が破裂するという憂き目には、幸い遭っていない。
(ただ、学生時代は仙台に居住していて、特に最後の数年は、仙台でも郊外の、やや丘のほうのアパートで暮していたので、真冬に水道管が凍結するとか、破裂したなんてことは何度か経験したことがある。そんな仙台の丘をノーマルタイヤのバイクで通学していて、何度、転倒したことか。坂道を登れなくて、ズルズル…じゃなく、ツルツル滑り落ちて行ったこともあったっけ。)

 いずれにしても、「ダイヤモンドダスト」現象を目の当たりにしたことはない。
 残念というべきか、幸いというべきなのか、微妙なところである(但し、「ダイヤモンドダストは一般的に極めて低温でないと発生しないとされているが、2005年2月9日のつくば市の朝のような-2℃という温度でも短時間ではあるが局所的に発生が観察されている」という)。
 まして、氷点下数十度なんて、異次元の世界だ。

 ところで、ちょっと疑問なのは、「天使の囁きとは、空気中の水蒸気が凍ってできるダイヤモンドダストのこと」とあるが、これは一般的にそう呼称されているのか、それとも、イベントを催すための便宜上の命名なのか、分からない。


参考:
「ダイヤモンドダスト」などの綺麗な画像は、イベントの模様も含め、「天使の囁きを聴く集い」で観ることができる。
YouTube - ダイヤモンド・ダスト」を観るもよし。
 ダイヤモンドダストなど、より詳しくは、「霜とダイヤモンドダスト (雪の結晶観察ノート)」へ。

                               (10/02/16 作)

|

« ツィンタレラ・ディ・ルナ♪ | トップページ | 雪の降る町で »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

社会一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/47584684

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は「天使の囁きの日」:

« ツィンタレラ・ディ・ルナ♪ | トップページ | 雪の降る町で »