« 「とめはねっ !」の代わり(?)の石川九楊著『書』 | トップページ | 断言の世界 »

2010/01/31

「やいっち純情句集」より

 今日は趣向を変えて、小生が数年前から嗜んでいる(?)句作なる営為から、初期の作品を幾つか紹介する。
 種々雑多な句の数々をアトランダムに。
 ツイッターで紹介したが反響は全くなかった!

06123025

← 数年前、偶然、小生が目撃した真夜中に活躍するサンタさんの光景。配達するのって大変だよね。

 句と言いながらも、俳句でもなく川柳とも呼べず、標語のようでもあり警句にはピシッと来る感が足りない、サラ川と言い張るには経験不足の感が否めない、そんな宙ぶらりんな世界。
 まさに小生の中途半端な性分丸出しの句境(苦境?)を現すかのようでもある。

 ま、詠み手へのサービス精神より、作るのが楽しいってことだ。

 念のために断っておくが、文末の註を読んでおいたほうがいいかもしれない(読んでも意味はあまりないが)。

 

秋の雨ながめせしまに小町来ず
粉雪を払ったつもりがフケだった
月影に兵庫と続け年がばれ
夜半(やは)の秋留守電の声繰り返す
長き夜膝を塒(ねぐら)の猫重し
秋深し酔いどれの朝迎えけり
年取ると涙もろいの空よりも

 
荒川を芥川と読む小説好き
親父ギャグ雪道よりも滑ります
すべてあるなんでも叶う夢以外は
吊るし柿落ちる夕陽を跳ね返す
降る雪や目元で溶けて涙かな
雲の峰月影覆って遠い朝

 
味噌汁を啜る音聞き冬に入る
マイウエイ歌ってる傍からリストラに
軒端にて猫の姿の影法師
人がいい?人の分まで太ってる
赤字でも白黒テレビなら黒字かな
池の面(おも)小春日和を映してる
トイレにて売り上げ数え涙する
冬の蚊に我が身思ふ夜の床

 
切ないの…三度も求めて何言うか!
団らんの賑わい消えてテレビ見る
握りっ屁最後っ屁より可愛いね
雪降りや今のうちだとゴミを捨て
満月を川面に浮かべて酒杯かな
デジカメをデバガメと読む我如何
揉み事は胸の上だけよと妻が言う
パソコンの画面の向こうの嗤(わら)い顔

06123024

→ 煙突、探してるのかな。頑張って! あれ? あの…、サンタさん。荷物、担いでないよ。忘れてきたのかな? …まさか、空き巣じゃないよね?
 

賽の目を妻の目と書くヤモメかな
鼻水を集めて漉してにがりかな
ヘルシーと昨日も今日も豆腐かな
コンニャクに穴を掘ってるヤモメあり
家事と夫婦喧嘩は家の華
移りゆく時を流せと雨の降る
走馬灯眺めすぎて目が回り
猫じゃらし擽りすぎて洟(はな)垂れて
花炭や熾き火秘めたる夜の君

(注)「やいっち純情句集」なるものは存在しません!
  文中に掲げる写真は、将来、出版されることがあったなら、表紙か扉に採用する予定のもの。

                                   (10/01/30 編集)

|

« 「とめはねっ !」の代わり(?)の石川九楊著『書』 | トップページ | 断言の世界 »

俳句・川柳」カテゴリの記事

恋愛・心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旧稿を温めます」カテゴリの記事

駄洒落・戯文・駄文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/47432753

この記事へのトラックバック一覧です: 「やいっち純情句集」より:

« 「とめはねっ !」の代わり(?)の石川九楊著『書』 | トップページ | 断言の世界 »