« 2009年12月6日 - 2009年12月12日 | トップページ | 2009年12月20日 - 2009年12月26日 »

2009/12/19

雪掻きの一日

 今日は、雪掻きの一日になった。
 朝、父母がデイサービスにお世話になる、その迎えの車や人たちのため、庭の雪掻き。
 汗ビッショリ。

 午後、夕食などの材料を買うため、車で外出。
 午前中は、そこそこの雪だったのが、午後にはさらに激しい雪に。
 車も雪に埋もれている。
 車の上の雪も含めて雪掻き。 
 吹雪くような降雪と積雪の中、買物を終え、やれやれと思う間もなく、父母らの帰宅の時間が近づいている。

2009_1218071003tonai0011

← 午後3時過ぎ、雪掻きを終えての光景。

 午後の3時から一時間弱、雪掻き。
 それまでの雪掻きなど、雪の中にあっさり埋もれて見えない。
 また、汗ビッショリ。
 母を出迎え、父を迎え、二人にコーヒーを出してもてなす。

 夕方、食事の世話や片付けが済んでから、テレビで束の間の休憩と行きたかったが、夜にはヘルパーさんが来てくれるので、車が止められるよう、庭の雪掻き。
 そう、3時から4時までの雪掻きの甲斐もなく、既に庭の車止めスペースは雪に埋もれているのだ。
 またまた意地になって雪掻き。
 汗ビッショリ。
 今季初の本気の雪掻きで、鈍った体はもうヘトヘト。
 これでも、木々や屋根に降り積もった雪の雪下ろし作業は省いている。
 松も杉も何もかもが雪にうなだれている。
 無論、小生が一番、うなだれている。
 情けないけど、疲れきって何もできないし書けない。

 昨日も紹介したけど、ふと、昔、帰省して雪の正月を迎え、雪掻きしつつあれこれ思ったことを綴った小文を思い出したので、それを再掲しておく。
 ちょっとした感懐、感傷。

                          (以上、09/12/18 作)

続きを読む "雪掻きの一日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/18

浜辺に打ち上げられた<わたし>

 今日は、小生の一番好きな画家パウル・クレーの誕生日(1879年-1940年)だという。
 彼についてはブログを含め、何度か触れたので、ここでは略す。
 旧稿を久しぶりに読み返して、改めてパウル・クレーの世界の豊かさを感じさせてもらった:
クレーさん創造の神の贈り物
綱渡り師とオースターとクレーと(前篇)

2009_1217071003tonai0016

→ 富山の市街地でも例年よりは遅めだが、初冠雪となった。真夜中、真っ白な世界へ。積雪が数センチなので、真っ黒な足あとが点々と。雪が降り頻っていて、そんな中での配達の仕事は大変だった。子供の頃、雪の降るのが、積もるのがやたらと嬉しかったのが、信じられない思いである。そう、「雪は美しい。遠くで眺めている限りは」! 日中は、目まぐるしく移り変わる天気。それでも束の間の晴れ間も。小鳥は我が家の風呂場の煙突に止まって何思う?

続きを読む "浜辺に打ち上げられた<わたし>"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/17

「クリスマス小風景」をアップ

 目の前をどちらかといえば地味な若い女性が横断歩道を足早に渡っていったのだった。その人を一瞬見て、ふと悲しいような、いじらしいような光景が想像されてしまったのである。
 このやや感傷的な、あやうく妄想に陥りそうな小文を書いたのは、八年前の12月23日。
 その二年後、ホームページに収録している

06121326_2

← 東京在住時代、近所で見かけた光景。サンタさんも大変だね。

 今年もはや師走半ば。来週にはクリスマスを迎えようとしている。クリスチャンでもない多くの日本人なのだが、もうすっかり馴染みとなったクリスマス。
 イルミネーションの目立ち始めた師走の町角。
 賑やかでいいけれど、ただ、光があれば翳もある…とは思うのである。

 今回、ブログにアップしたエッセイは、東京在住時代、ある場所で信号待ちをしていた時に見かけた光景を元に書いたもの:
クリスマス小風景

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/16

中国大使館のある麻布界隈を走り回ったっけ

 皇居や中国大使館界隈などが厳戒態勢だという。

 まあ、その理由は、天皇陛下と中国の習近平国家副主席との会見が行われたが、その設定に当たっての民主党政権の対応に、「皇室の政治利用」ではないかと、一部のものが騒いでいるからのようだ:
皇居周辺、中国大使館など都心厳戒 - 速報:@niftyニュース

060419

→ 東京の…、日本の…シンボル、「東京タワー」 「東京タワー…沸騰都市東京のシンボル(前篇)」参照。

 まあ、ここでは、政治利用に当たるのかどうかといった論議には立ち入らない。

 ただ、上掲の記事に載る「日中両国の国旗がはためく中、警備が強化された外務省前」といった写真を見て、東京在住時代、しばしばそんな光景に際会したことなどが思い出されたのである。

続きを読む "中国大使館のある麻布界隈を走り回ったっけ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/12/15

数学と彫刻とを自在に越境する芸術家

 三次元空間までなら、初歩的なものなら、小生でも脳裏に思い浮かべられるし、拙いながらも描くことだってできなくもない。
 しかし、四次元などもっと高等な次元となると、手も足も出ない。
 ところが、世の中には、数学の最高の概念を理解できるだけじゃなく、それを形に表現できる才能の持主がいる!

Pb100066

← Helaman Ferguson「Figureight Knot Complement」 (画像は、「helaman ferguson sculpture」より。以下、同様)

 問いが立てられてから解決まで四百年を要した、ケプラー予想が1998年、ミシガン大学の数学者トマス・ヘールズによって、コンピューターを大々的に利用する方法でだが、証明が成し遂げられた。

 そのトマス・ヘールズの偉業を助けた数学者にサミュエル・リーハイ・ファーガソンなる人物が居る。
 その人物も優れた方なのだが、ここでは、彼の父親であるヒラマン・P・ファーガソンを紹介する
 彼こそが、本稿での主人公である


ヒラマン・P・ファーガソン 数学を彫刻するへ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/14

老いた白猫を思いつつ、読書など

 読書する時間がなくて辛い。
 音楽もだが、日に3回か4回ある仮眠の際に、睡眠導入剤代わりに見聞きしている。
 慌しい中を縫って、やっと仮眠が取れると、安堵しつつベッドへ。
 やっと音楽だ、やっと本だ…。

2009_1211071003tonai0011

← 冬の北陸には貴重な青空。今週には雪の便りも。


 が、同じCDの冒頭付近を聞く暇もなく寝入ってしまっていて、ふと目覚めると終了のサインがCDプレーヤーなどの液晶画面に空しく表示されている。
 本も、十頁も読み進めないうちに、頭がトロンとしてきて、読解するのが面倒になり、いつしか、老眼鏡を掛けたまま、毛布を被って寝入ってしまっている。

続きを読む "老いた白猫を思いつつ、読書など"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/13

ススキの穂のような

 今日は、声優(ナレーター)で、ラジオの深夜番組「JET STREAM(ジェットストリーム)」でのナレーションで有名な城達也さんの誕生日(1931年生まれ、1995年2月25日歿)だという。

2009_1211071003tonai0014

→ 富山ライトレール会社の愛称「ポートラム」と接近遭遇。人気の路線で、延伸計画も決まっている。

 城達也さんについては、特にブログで採り上げたことがないけど、ただ、フライトアテンダントである彼の名調子で有名なナレーションだけは、さすがに、(コメント欄にてだが)転記させてもらったことがある。
 学生時代など、夜更かしが当たり前で、随分とお世話になったものだ。

 たまには違う朗読も、と思ったりもするが、でも、下手に内容を変えたら、ファンが逃げていくのかもしれない。
 今も、朗読する方は変わりつつも、変わらない内容でナレーションは沈黙の海に流れている。

2009_1211071003tonai0012

← 相談事があって、知り合いの店へ。中に入ろうとしたら、近くの空き地にススキが。地味な植物だけど、妙に気になる存在。ススキの穂のような我が人生? ススキについては、拙稿に「すすきの穂にホッ」などがある。

 JALさんがスポンサー。まあ、JALさんのことは小生如きが触れるのは野暮だろう。
 海外旅行が夢だった時代の、ロマチックな音楽と語り。

 せっかくなので、朗読文を紹介させてもらう:

遠い地平線が消えて、深々とした夜の闇に心を休めるとき、
遥か雲海の上を音も無く流れ去る気流は、
たゆみない宇宙の営みを告げています。
満天の星をいただく果てしない光の海を
豊かに流れゆく風に心を開けば、
きらめく星座の物語も聞こえてくる、
夜のしじまの何と饒舌なことでしょうか。
光と影の境に消えていった遥かな地平線も瞼に浮かんで参ります…
夜間飛行の、ジェット機の翼に点滅するランプも
遠ざかるにつれて次第に星の瞬きと
区別がつかなくなって参りました。
お送りしておりますこの音楽が、
美しく貴方の夢に溶け込んでゆきますように…

 数年前、「夜間飛行を堪能する」なる記事を書いた際、かの有名な小説(家)のことは勿論だが、同時に城達也さんのナレーションを思い浮かべつつだったものである。

 城達也さんのナレーションや我がタクシードライバー時代のことがちょっと懐かしくなったりしたので、読み返す意味合いもあって、一部抜粋しておきたい。
                          (以上、09/12/12 記)

続きを読む "ススキの穂のような"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月6日 - 2009年12月12日 | トップページ | 2009年12月20日 - 2009年12月26日 »