« 2009年11月1日 - 2009年11月7日 | トップページ | 2009年11月15日 - 2009年11月21日 »

2009/11/14

ブリから「ひいわし」の話へ

 秋も深まってきて、少々気が早いが冬の到来もそう遠くはない。
 冬…雪掻き(雪下ろし)、といった連想はこの際、脳裏から消し去っておいて、富山の冬というとブリ! という話題に移ろうか。
 小生、なんたって、ブリの照り焼きが好きである。

2009_1113071003tonai0005

← 近所のある施設の壁面に飾ってあった絵。誰もいなかったので、こっそり鑑賞、ちゃっかり撮影。

 が、ブリの話もさることながら、ふと、過日、家人が話題にしていた、「ひいわし」のことが脳裏に浮かんだ(かなり、安直な連想だが)。
 それなりに食い気もある小生、「ひいわし」についての雑文も当然ながら(!)、認(したた)めている。

続きを読む "ブリから「ひいわし」の話へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/13

草むしりのあとは落葉掃除の日々

 いよいよ来週辺り、母が退院してくる。
 それは、母にとっても目出度いこと。

2009_1112071003tonai0019

→ ツバキ(?)が開花。栄養が足りないのか、花の数も少ないし、綺麗な花にはなってくれない…。

 ただ、今度のやや長い入院で、リハビリもやっていたけれど、寝たきり状態に近くなってしまった。

 自宅での療養(介護)生活。
 ヘルパーさんらの手を借りるとしても、小生の引き受けることも多そう。

 頑張るしかないね。


続きを読む "草むしりのあとは落葉掃除の日々"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/12

「卑弥呼の居館跡」発見 ? !

奈良・纒向遺跡 卑弥呼の大型居館か 3世紀前半の建物跡出土」(産経新聞)といったニュースが、新聞やテレビなど、マスコミを賑わせた。
 これまで中小の建物跡は見つかっていて、今回、「大型建物跡1棟」(2棟というサイトもある…)が新たに発見されたのである。
 下記するが、この大型建物跡1棟の齎す情報が貴重であり、意味深いという。

2009_1111071003tonai0008

← 我が家の紅葉も大分、色づいてきた。我輩も一緒に色気づいちゃおうか。

 やはり、邪馬台国の話題となると、世間の注目度も高いようで、一般のニュース(例の逃亡生活を続けていた、死体遺棄の容疑者の逮捕や事業仕分けが始まった、など)の間にも割り込んでくる。
 小生も、こういった話題には目がない。

続きを読む "「卑弥呼の居館跡」発見 ? !"

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2009/11/11

寝場所が確保できました!

 帰郷して一年と半年余り、ようやく我が塒(ねぐら)を確保した。

 …と言って、別に今までホームレスだったわけではない。

2009_1110071003tonai0007

→ 朝の八時頃、食事(の準備)前、庭に出て軽く体操。と、空に真っ白な筋が。そう、ジェット機の織り成す筋雲。その傍には半月にならんとする月影が。こんな穏やかな空を見上げていると、今夜にも雨になるなんて、信じられない。

 昨年の二月末に帰郷したが、我輩を迎える態勢は全くなし。
 さすが部屋はあるものの、前の居住者のため、三十数年前に内装を替えたままの部屋。

続きを読む "寝場所が確保できました!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/11/10

枯れ葉掃除の日々

 霜月ともなると朝の日課が始まる。
 落葉掃除である。

2008_1130071003tonai0009

← 昨年の初冬、富山市内某川縁にて。

 風が強く吹いたわけではなくても、枯葉が一枚、また一枚と散っては舞い落ちる。
 夜など、ヒラヒラ舞い落ちる落ち葉が街灯や月の光などをチラチラ反射させて、妙に幻想的な光景が垣間見られたりする。
 見ている分には風情もなきにしもあらずだが、掃除する身になると、ただただ厄介である。

 不精な小生だし、日々、お見舞いなど所用が重なって、自宅の庭の落葉は、掃き寄せるだけである。
 雑草と同じで、庭の隅っこに纏めておけば、土壌の肥やしにでもなってくれるかと、淡い期待を抱いてのことである。
 あるいは、掃くのさえ、省くこともある。

 しかし、表の通りに面する場所に散っているとなると、世間体もあるし、放っておくわけにはいかない。
 我が家の杉や梅の木や泰山木などなどの枯葉が路上に散らばっていると、誰がどう見ても、我が家の木々からの<お土産>である。
 普段、緑や花々で目を楽しませているから、落葉くらいいいだろう、ってわけにはいかない。
 まして、他人様の庭先や玄関に舞い込んでいるとなると、特に風の強かった日の翌朝などは、せっせせっせと落ち葉掃きである。
 他人の家と接する道路に沿って掃除していっても、一時間ではすまない。
 大よそ、掃き終えたという頃には、秋の日の朝であっても、汗だくとなる。

 いい運動とは言えるかもしれない。

 そんなこんなや、一昨日だったか車中でラジオから「枯れ葉よ~♪」なんてシャンソンが流れてきたこともあり、ふと、昔書いた落葉に絡む小文のことを思い出してしまった。
 せっかくなので(?)、ちょっと再掲してみる。

                           (以上 09/11/09 記)

続きを読む "枯れ葉掃除の日々"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/09

「月影に寄せて」の頃のこと

月影のワルツ?」で、「月影」という言葉について、「月影には、「月の光」という意味あるが、「月」自体を指すこともある」と説明している。
 どうも、あまりにサラッとした安直な説明だったなと気になっていた。
 以前なら、「広辞苑」などの辞書(事典)を繙(ひもと)くのが当たり前だったのに、今は、ネット検索という機能に頼りっ放しで、怠慢にもそのまま流してしまった。

07020618

→ 「水鳥の戯れしごと我もけふ」参照。

 例えば、数年前に書いた「月影に寄せて」(03/11/25)
では、冒頭に以下のように記している:

「広辞苑」で「月影」を調べると、以下のようである:

(1)月のひかり。「月影さやかな夜」
(2)月の形。月の姿。
(3)月の光に映し出された物の姿。
(4)薄墨で竹などの模様をすり出した紙。


 小生は、「月影のワルツ?」で、以下のように書いている:
 ただ、丑三つ時に足元の明るさ、地上世界の木々などのの影、もっと直下を見ると、角度によっては自分の影さえもはっきり地上に刻まれているかのような、そんな光と影の世界、思いがけない影絵の世界を垣間見て、月影とは、月が地上世界に影を齎すから、闇の世界にあってモノたちにシルエットを与えるから、そんな<魔力>を有しているから、だからこその「月影」なのだろうと直感してしまった。

 なんのことはない、「月影」には、「月の光に映し出された物の姿」という意味があると、ちゃんと「広辞苑」に書いてあるじゃないか!
 それをさも、尤もらしく語っていたなんて、情けないったらありゃしない!

07020616

← 「水鳥の戯れしごと我もけふ」参照。

 わずか数年の間に、辞書(事典)を引く労をさえ厭うような自分になっていたのか。
 まあ、弁解すれば、ほんの数年前とはいえ、ISDNで、ネット検索なんて、時間が掛かって、やっていられなかった。
 ADSLの時代でも、検索にはためらいがあった。
 それが、「光」の時代になって、辞書などに頼るより、ネット検索のほうが遥かに早いし、場合によっては今日的な情報が得られることもある。
 もう、ネット検索という武器は手放せない(無論、様々な弊害や難点のあることは承知しているが、今は問わないでおく)。

(…まあ、下に掲げる「月影に寄せて」を書いた頃は、恋していたから、真率さも際立つのかもしれない。こんな懐旧談じみたことを書くのも、昨日が敬愛する方の誕生日だったから、なのか。)

 さて、ほんの数年前の小生だと、「月影」をテーマ(話の端緒)にしても、どのような文章を綴るか、反省の意味も籠め、転記しておく(一部、略す)。

                           (以上、09/11/08 記)

続きを読む "「月影に寄せて」の頃のこと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/08

たばこ税増税は医療費の抑制につながる ? !

 民主党政権となり、たばこ税の増税がいよいよ本格検討の段階に入ったようだ。
 場合によっては、ひと箱600円という案も浮上している(独り歩きしている)。

2009_1106071003tonai0011

→ 某所に立ち寄ったら、そのロビーの壁面にこの絵などが飾られていた。事務手続きを待つ間、しばし鑑賞。

 ひと箱600円というと、今の倍の値段である:
政府税調、たばこ税増税本格検討…価格2倍も - 速報:@niftyニュース

 この増税の狙いは、想定を超える税収不足など財源不足もあって、現実味を増す赤字国債の過剰な増発を少しでも避けたいということもあるようだし、健康が目的だという建前も語られている。

 当然、賛否の分かれるところでもある。

続きを読む "たばこ税増税は医療費の抑制につながる ? !"

| | コメント (14) | トラックバック (1)

« 2009年11月1日 - 2009年11月7日 | トップページ | 2009年11月15日 - 2009年11月21日 »