« 2009年8月23日 - 2009年8月29日 | トップページ | 2009年9月6日 - 2009年9月12日 »

2009/09/05

茶の間から物干し竿を眺める

2009_0904071003tonai0026

→ 我が富山では、午後の四時近くから豪雨、そして雷雨へ。ちょうどデイサービスからの父母の帰宅と重なり、職員の女性ら共々、傘を差し、慌しく動き回った。画面に映る物干し竿。もう何年、使っていることやら。竹竿に撒いてあったビニールのカバーは破れ落ち、竹も罅割れ、腐り始めている。買い換えたいが、先立つものがない。まあ、この竹竿に愛着があるってのも、頑固に使い続ける理由かもしれない…。 ん? 単にけちなだけ? …母の入院が決まった。お医者さんには最後の入院となることも覚悟したほうが、などと言われた。今は自宅で静養している母が、茶の間からこの風景を眺めるのも、あと数日なのか。治療がうまくいって、元気で戻ってくることを期待するのみ。

夕立や物干し竿も濡れている

 ニフティのブログ(ココログ)でのブログを始めて(2004/09/09)、もうすぐ5年になる。
 試験段階のブログ開始は、「2004/08/31」だったはずだから、既に5年。
 よくぞ続いたってのが感想だ。


続きを読む "茶の間から物干し竿を眺める"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/09/04

年初早々の痛烈な批判コメント

 既にテレビをはじめマスコミでも大きく採り上げられているように、3件目の裁判員裁判で、初めて性犯罪を対象に行なわれている:
ニュース So-net 3件目の裁判員裁判、初めて性犯罪を対象に

2009_0903071003tonai0008

← 今日(3日)のゴーヤ、ヘチマ、朝顔たちの競演・共演・協演・饗宴!

「裁判では、女性2人に対する強盗強姦 ( ごうかん ) 事件などが審理される」わけで、性犯罪というのは、この上なく深くプライバシーの領域に関わっている。
 そういった微妙な機微に渡る問題を裁判員裁判で行なう是非も論議されているようである。

 こんな制度があると、親告罪であるレイプ犯罪などは、ただでさえ訴えること自体を躊躇う傾向を助長するのでは、という論議もある。

 小生は、あまりに人間的な事柄に踏み込む記事(日記)はあまり書いてこなかった。
 まして、レイプの問題となると、小生には、迂闊に手を出せる事柄ではない。

続きを読む "年初早々の痛烈な批判コメント"

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2009/09/03

緑陰で時を忘れて読書…したい

2009_0902071003tonai0016

→ 久しぶりに市街地へ。せっかくなのでスーパーへ向かう途上、富山城脇を通ってみた。晴天にお城が映える。富山城は、お城の公園も含め、工事中。完了が待たれる。

09浅草サンバカーニバル画像情報」がかなり充実してきた。
 でも、まだまだ情報を求めています。

続きを読む "緑陰で時を忘れて読書…したい"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/09/02

自民党の瓦解……東西冷戦構造の崩壊から20年

 先の総選挙で自由民主党が(歴史的な?)大敗を喫し、民主党が大勝した。
 自民党の一部の幹部は民主党に負けたのではなく、「政権交代」という正体不明の風に負けた、あるいは自滅したのだと強弁している。
 その主張の当否はともかく、民主党が衆議院において圧倒的多数を確保したという厳然たる事実は微動だにしない。

2009_0901071003tonai0010

← 以前、名前を教えてもらったはずなのだが…。

「風」の有無はともかく、小生は、自民党は負けるべくして負けたのであり、むしろ、壊滅的打撃を被るのが遅きに失していると理解している。

 自民党は、1955年に自由党と日本民主党の保守政党が合同して結成された政党である。
 戦前からの経緯(いきさつ)があるのも事実だが、やはり、「社会主義勢力の台頭を危惧する保守政治家」らの画策の結果、生まれたわけで、共産主義や社会主義の脅威をリアルに感じ取っていたからだろう。

続きを読む "自民党の瓦解……東西冷戦構造の崩壊から20年"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/09/01

庭隅の草と花とを愛でる日々

2009_0830071003tonai0014

→ 春先、畑に生い茂った雑草。その凄まじさに圧倒されつつも、草刈(草むしり)の日々を送った。そんなある日、ちょっと油断していた間に、畑の隅に色さえ、紫系なら紫蘇(しそ)と思えるような形の植物が数十センチくらいの高さにまで育ってしまっていた。同じような植物が、長さ十メートル近くに渡って列(群れ?)を成している。もう、自棄だと、とうとう今夏の終わりまで放置。その中の一本を引っこ抜き、表通り側のツル性植物(緑のカーテン)を植えた花壇の一角に試しに植えてみた。今や背丈は2メートルを越えた。正体、いまだ不明。実も生りそうにないし、やっぱり雑草なのか。

 このところ、ジェイン・オースティンの『高慢と偏見(上・下)』(ちくま文庫)を読んでいる。
 サマセット・モームは、世界の十大文学作品の一つにあげていて、前々から読みたいと思いつつも読めないでいた小説。

 実は、題名に敬遠の理由がある。

続きを読む "庭隅の草と花とを愛でる日々"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/31

ダンサー画像のないサンバ画像集!

私的第29回浅草サンバカーニバル(後篇)」をアップしました。
 前篇と併せて一読願えればと思います。

2009_0830071003tonai0019

← 今日の「クレオメ(西洋風蝶草)」。木立も揺れるような風があり、草花もややぶれた画像になってしまった。髭(ひげ)のような細い線の先に緑色の鞘(さや)のようなものが出来ている。

 画像、豊富。
 但し、山車(アレゴリア)の写真だけです!
 今年はダンサー陣の撮影は一度もなし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/30

やっぱり、浅草へ!

私的第29回浅草サンバカーニバル(前篇)」をアップしました。

 …やっぱり、今年も行ってきました、浅草へ。

 サンバカーニバルは、コンテストでもある。
 昨年は3位。今年は2位でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月23日 - 2009年8月29日 | トップページ | 2009年9月6日 - 2009年9月12日 »