« 2009年7月19日 - 2009年7月25日 | トップページ | 2009年8月2日 - 2009年8月8日 »

2009/08/01

「新じやがいもころころ転び名は男爵」村山古郷の周辺

 今日は村山古郷(むらやま・こきょう)という俳人の命日(1909年6月19日 - 1986年8月1日)である。
 といっても、小生は彼に付いて、何も知らない。

51h56ycw11l

← 村山 古郷 (著) 『昭和俳壇史』(角川書店) (画像は、「Amazon.co.jp: 通販」より)

 これでも、季語随筆のサイトとして、このブログを立ち上げたもの。
 少しは俳句に関係する話題を採り上げたい。

村山古郷 - Wikipedia」によると、以下のようにあるだけ。あとは著書が掲げられるだけで、俳人なのに、句が一つも載せられていない:

京都府生まれ。本名・正三。國學院大学国文科卒。中学教師を務めていたが、1941年、日本郵船に入社。内田百閒に師事し、鴨立庵第二十世庵主。俳誌『嵯峨野』を主宰、俳人協会理事を務めた。1978年、『明治俳壇史』で芸術選奨文部大臣賞受賞。

(転記文中に、「鴨立庵」とある。西行が一時、住み、「心なき身にもあわれは知られけり鴨立澤の秋のタ暮れ」をこの庵で詠んだとも言われる、「鴨立庵」。「鴨立庵」で風情・外見を見てもらうとして、村山古郷は、その第二十世庵主だったわけだ。)

 ネットでは、彼に付いての情報はあまり見つからない。

続きを読む "「新じやがいもころころ転び名は男爵」村山古郷の周辺"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/31

時計草に心も溶け…そうです!

2009_0730071003tonai0016

→ 「時計草…灯台下暗しでした」で書いたが、思いがけず近所で見つけた時計草。今日、その家の方とお喋りする機会に恵まれた。御宅に時計草があるんですね、富山で(植物園以外では)初めて見ましたー、なんて言ったら、そんなことないですよー、結構、あるんですよー、だって。もう、根っ子が伸びて、世話が焼けるんですー、とも。多分、小生が物欲しそうな顔をしていたのだろう、ああ、ちょうど、一株、(根っ子の千切れたのが)ありますよー、といって、庭に駆け込まれ、その一株を持ってきてくれた。小生、大喜びで、それを早速、緑のカーテン花壇の隅っこ、ヒマワリの近くの空いているスペースに植えた。始末に負えないほどに育ってくれるだろうか。理由は書かないが、育ってくれたら、いい記念樹(草・花)になるのだが。

 大仏次郎/著『幻燈』(木村荘八/挿絵 村上光彦/編 未知谷)を読んだ。
「2009年6月」の刊行というから、出たばかりの本。

2009_0730071003tonai0015

← 出窓の曇りガラス戸を内側から撮ってみた。大きな葉っぱのヘチマの蔓が長~く伸びている。上部の大きな透き間が目立つ。網(ネット)を上の方に引っぱりあげないと、緑のカーテンにはならない。

 過日、岡本綺堂の『半七捕物帳』全六巻を読んで、なんとなく大仏次郎の『大菩薩峠』に親しんでみたくなり、図書館の書架で探したが見つからない…、ってことで、他の本を借りて帰ろうとしたら、新刊本のコーナーではなく、館の出入り口付近の特設コーナーにこの大仏次郎/著の『幻燈』があったのである。

続きを読む "大仏次郎著『幻燈』から木村荘八の挿絵へ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/30

今日は「谷崎忌」…『細雪』の頃

 今日は、小説家・谷崎潤一郎の命日(忌日)だという。
 1965(昭和40)年に亡くなった。
 その頃はさすがに読んではいない。
 高校時代、性愛の世界をひめやかに楽しみたいと、幾つかの作品を読んだっけ。

2009_0729071003tonai0026

→ 29日の夕焼け。夕食の片付けを済ませ、自転車を駆って急いで公園へ。日没には間に合わなかったけれど、まずまずの夕景に出会えた。月影も拝めた。

 学生時代になって、濫読時代を迎え、彼の代表作を(文庫本に入っているものを中心に)読んだ。
 彼の隠微(?)で独特な耽美の世界を少しは楽しめたのかどうか。

 やはり、ある程度、年輪を重ねると彼の世界は一層、愉しめるものらしい。

続きを読む "今日は「谷崎忌」…『細雪』の頃"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/29

定価の2%はあまりです

2009_0728071003tonai0006

← 過日、お昼過ぎ、雨の中、家の庭を散策していたら、小花を発見。白く可愛い皿の真ん中にイチゴジャムをチョコンと盛ったような花。葉っぱに雨の雫がコロコロと。葉っぱにはやはり雨は嬉しいんだろうね。

 ここだけの話だが、生活費に窮し、所蔵している本をブックオフに売りに行った。
 雨の合間を縫って、自転車を駆って。

 …が、定価の2%という買値だった。
 ショック。ほんの数年前までは単行本だと1割だったのに。参った!

続きを読む "定価の2%はあまりです"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/07/28

NHK特集「巨樹が眠る神秘の森」を観た

 宮里藍選手、米ツアー挑戦4年目、初優勝、おめでとう!

金とく 北陸スペシャル「巨樹が眠る神秘の森」」なる番組を観た。
 滅多に映画など観ない小生も観た映画『劔岳 点の記』が、入場者数百万を超える盛況ぶりで、その関連の番組なのかと思ったが、関係なかった。
 ま、小生の中では、富山つながりで観たのである。

2009_0726071003tonai0017

 番組内容は、下記:

立山黒部アルペンルートの玄関口に位置する美女平。標高1000m、冬は積雪4mを超える豪雪地帯に、立山杉の巨樹の森が広がっている。どっしりとした太い幹と弓なりに曲がる枝は、まさに豪雪が作り出した造形美。また、雪の重みで地面についた枝が地中に根をはり成長していくという独特の繁殖方法は、過酷な環境を生き抜く知恵だ。番組では、雪解けの5月から新緑の6月にかけて、巨樹の森が最も命を輝かせる姿をお伝えする。

続きを読む "NHK特集「巨樹が眠る神秘の森」を観た"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/27

時計草…灯台下暗しでした

ミチオ・カク、エミー・ネーターを語る」で、「(一九一八年に数学者のエミー・ネーターによって発見された)物理学の基本原理のひとつは、「系が対称性をもつなら、結果的にそれは保存則になる」というもの」について、書いている。

2009_0726071003tonai0019

→ 夕食後、我が緑のカーテンの進捗具合を観に行った。と、近所に、あれれと思う花が咲いている。もしかして…時計草 (トケイソウ)ではないか ? ! 東京在住時代、その存在を知ったが、実物を見たのは、帰郷して富山の植物園に行った時が初めて。それが、なーんだ、近所に立派に咲いているではないか! 一時は、「時計草明日は会えると信じてる」なんて、やや仰仰しい題名の季語随筆まで綴ったのだ。灯台下暗しって奴だった。

2009_0726071003tonai0017

← で、肝心の緑のカーテンは、今はこんな風。ゴーヤはほぼ育ちきって伸びきった状態なのか。それに対し、ヘチマが目立ってきた。出窓を覆うのは、ヘチマなのか。それとも、右下の朝顔が奮闘するか。

 では、そもそも、現代物理学において、対称性の持つ意味とは?

2009_0726071003tonai0009

→ 今年も咲いてくれたね。

 対称性については、ネットでも情報が十分に得られるものと思う。
 が、今、読んでいる最中の、『宇宙に法則はあるのか』(松浦 俊輔【訳】 青土社)から、著者であるケンブリッジ大学教授で、天文学者、数理物理学者のジョン・D・バロウの語る、対称性の意味を同書から抜粋してみる。

2009_0726071003tonai0015

← 畑の隅に、勝手に育つままの、名前の知れない、野菜か雑草かも分からない葉っぱの大きな植物の群生の中に、花が。グラジオラス?


というわけで、続きを読みますか?  "ジョン・D・バロウの説く「対称性」の意味"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/26

広重の『隅田堤 闇夜の桜』を江戸時代の版木で

 昨日(24日)の「NHKニュースウォッチ9」で、広重の浮世絵のことがミニ特集されていた。
 ある民家(大森家)で広重の版木が発見され、その版木に基づき、浮世絵を復元する試みだった。
 復元された作品は、広重の『隅田堤 闇夜の桜』(三枚続きの絵の左の図のもの)である。

2009_0725071003tonai0017

← 刷り上った広重の『隅田堤 闇夜の桜』 帯にも模様が描かれていた事実も、今回、発見されたという(以下、全ての画像は、テレビ画面をデジカメ撮影したものである)

 そもそも、版木などは、浮世絵を刷られた段階で廃棄されるという(廃棄の具体的な状況は説明されなかった。他の用途に使われるのか、消耗品だから単に捨てられるのか)。
 だから、版木が残っていること自体、珍しいことなのだという。

続きを読む "広重の『隅田堤 闇夜の桜』を江戸時代の版木で"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年7月19日 - 2009年7月25日 | トップページ | 2009年8月2日 - 2009年8月8日 »