« 2008年12月28日 - 2009年1月3日 | トップページ | 2009年1月11日 - 2009年1月17日 »

2009/01/10

過去記事一覧

壺中庵記事一覧(目次)」!
(但し、08年以降分)

 11月1日の午後九時台に、この「壺中山紫庵」が100万アクセスを記録しました。

 地味なサイトなのだけれど、多くの方々の御陰で、気が付けばここまで来ました。
 これからも、皆さんの応援が命です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

呉羽山の山頂へ傷心のドライブ ? ! (後篇)

[呉羽山(くれはやま)へ向かった日は、晴れていたので立山連峰や富山湾を遠望するに絶好かなと思っていたのだが、翌日はもっと晴れ渡っていて、山々の峰(嶺)や山並みがビックリするほど輪郭も鮮やかだった。用事があって行けなかったけど、惜しかった。…となると、またいつか行きたくなっちゃうね! (09/01/10 追記)]

2009_0106071003tonai0076

呉羽丘陵は、全長約22kmにわたる「呉羽山断層」の西側が持ち上がってできた丘陵である。そのため、丘陵の西側はゆるやかな斜面になっているのに対し、東側は急斜面となっている。呉羽山断層は活断層であり、将来はマグニチュード7を超える地震の発生が指摘されている」という。
 小生の居住する地域も、その呉羽山断層の近くではなかったか。
 いずれにしても、往時の川の氾濫で成った沖積地であって、地盤は弱いようである。
 眼下に流れる神通川もかつては暴れ川だったのである。

続きを読む "呉羽山の山頂へ傷心のドライブ ? ! (後篇)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/09

呉羽山の山頂へ傷心のドライブ ? ! (前篇)

 過日、呉羽山にある城山公園辺りをドライブしてきた。
 まあ、年初から全くの無職になったということで、名目は傷心ツアーである。
 万が一、運よくアルバイトだろうと何だろうと仕事ができたら、週日にドライブってわけにはいかないだろうし、今のうちと思って、天気も快晴とまではいかないが晴れていたので、思い切ってドライブと小生に似合わぬ行動に出たわけである。

2009_0106071003tonai0039

→ いざ、呉羽山の山頂へ!

富山市街の西に位置している標高76.8mの呉羽山」の、「頂上付近を中心に広場や遊歩道、展望台などが整備がされており、展望台からは市内や富山平野を一望でき、立山連峰の勇姿を眺望することが可能。夕景、夜景のスポットとしても知られている」という、「呉羽山公園」へ行きたかったが、思いつきで出発したので、場所が分からず、なんとなくドライブウエーっぽいルートを辿ってみたのである。

続きを読む "呉羽山の山頂へ傷心のドライブ ? ! (前篇)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/08

「アンヌ・バシュリエ(Anne Bachelier) アリスワールド?」アップ

Bachelierartdeladivination

アンヌ・バシュリエ(Anne Bachelier) アリスワールド?」をアップしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/07

年初から無職となりました!

 年初から無職になってしまった。
 もともと何処の会社の正社員というわけではなかったのだが、それでも、アルバイト先はあった。
 そのバイト先を年初になって失ったのである。

2009_0106071003tonai0016

→ 七日朝、近所の畑にて。

 別に首になったわけではない。
 仕事や会社の社長との折り合いというか相性が悪く、自分から辞めることを申し出たのである。

 帰郷して間もない三月初めから昨年末まで約十ヶ月間、働かせてもらったのだ。夜の仕事で、その日は、夕方から仕事に向かうと思うだけで憂鬱でたまらなかった。
 仕事がプレッシャーになっていた。

続きを読む "年初から無職となりました!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/01/06

懐かしき(?)ゼンマ明けの朝

 局部麻酔での手術や治療は、わりと多くの方が経験があるのではなかろうか。
 歯の治療でも局部麻酔をされるのだから、わりと多くの方というより、相当多くの方かもしれない(麻酔をされての治療経験の有無の統計なんて、あるんだろうか)。

 でも、全身麻酔での手術となると、そう多くはないのでは。

2009_0105071003tonai0040

← 五日の夜、「世界まる見え!テレビ特捜部」を団欒のテレビで見ていたら、「歌え!踊れ!熱狂70万人、リオのカーニバル」ということで、「サンバチームの奇跡のパフォーマンスをご紹介」していた。いつもながら、圧倒される狂熱ぶりとスケール! これはテレビの画像を撮影したもの。機会があったら、他の画像も紹介したいが、さて。

(註)、医者用語なのか、ただの通称なのか、分からないが、40歳の時の全身麻酔による手術の際(そのどんな場面で聞いたのか忘れた)、「全身麻酔」を「ぜんま」と呼ぶことも知ったっけ(以下、時々、全身麻酔と表記せず、「ゼンマ」と略記する場合があることを断っておく。ついでながら、「局部麻酔」の略称は「きょくま」である)。

 小生はゼンマでの手術を何度か経験している。

続きを読む "懐かしき(?)ゼンマ明けの朝"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/05

灯油(?)ストーブが頼みです

 小生は東京で一人暮らししている間は、灯油のストーブは使わなかった。
 それには個人的な事情があるし、前段の話もある。
 仙台で学生生活を送っていた頃は、灯油のストーブだった。
 無論、仙台ではそれだけでは足りず、炬燵も併用していた。

2009_0103071003tonai0010

→ 二日は、精米や買い出しなどなど、三日は年始。雪の正月じゃないと富山らしくない。雪がないことはありがたいけど、寂しくもある…し、この先、ちょっと不安。

 上京して、最初の三年はあるバイト生活だったが、最初のうちはガスストーブだった。
 これが拙かった。失敗だった。小生には合わなかった。

 上京して二年目、幸運にもバストイレ付きのアパートを安く借りることが出来た。
 それが間違いのもとで、アパート(の風呂場)の隣に警察犬の訓練所があり、匂いがきつい。
 風呂場にはガス給湯設備がある。
 なので、いつもは訓練所に面する窓を閉めて、部屋に通じるドアを少し開けて、入浴する。
 が、或る時、ついドアを開け忘れ、風呂場が密室状態になった。

続きを読む "灯油(?)ストーブが頼みです"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/04

「フュースリの「夢魔」…人間の魔」アップ

フュースリの「夢魔」…人間の魔」を「壺中水明庵」にアップしました。
 年の初めから「夢魔」は縁起でもない?
 まあ、厄落としということです ? !
 夢を見ましょう!

Sdsc012491

← 今日四日は(午前だけ?)晴れ。富山の海辺の光景はこんな風だろうか(この写真は、数年前に撮影)

 昨日、「雪の轍(わだち)」を「壺中方丈庵」にアップしたので、これで、「壺中山紫庵(こちゅうさんしあん)」を含めニフティのブログ(ココログ)で運営している三つのブログそれぞれについて、年初の更新を終えたことになる。
 ちょっとホッとしている。

続きを読む "「フュースリの「夢魔」…人間の魔」アップ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月28日 - 2009年1月3日 | トップページ | 2009年1月11日 - 2009年1月17日 »